腹痛

日々の出来事

こんにちは。
飯島です。

最近急に寒くなってきましたね。
僕は季節の変わり目がとても苦手です。
いつもこのタイミングでお腹を壊します。笑

先日も帰宅後ずっと腹痛に襲われて殆ど寝れないことがありました。
(もしかしたら帰宅後に飲んだ牛乳が原因かもしれませんが……)

小さい頃からお腹が弱くて、苦しめられてきました。
特に通勤中腹痛に見舞われると、一度電車を降りなければならず、
凄くもどかしい気分になります。

うどんを食べたり、お腹にカイロを貼ったりして対策はしているのですが、
治る気配がありません(小さい頃に比べればだいぶ良くなりましたが)。
腹痛改善にお勧めの療法があれば教えて頂けると幸いです。

ちなみに先日上長から「正露丸を飲めば大体の病気は治る」と
ご助言を頂いたので今度試してみようと思います。

温泉

日々の出来事

週末は久しぶりに温泉に行ってきました。

前から行ってみたかったのですが、いいところだが混んでていてなにも出来ないという意見が多かったので今までためらっていました。

ではなぜこのタイミングで行ってみたかと言いますと
料金表を見ていたら朝風呂で行くと割引を見つけたからです!!
(9時までに退館しないといけません…)

温泉旅館に行くと朝起きてそのまま温泉という贅沢が出来ますが、まさにその気分が味わえました。

空いていて全ての温泉に入れますし、風呂上がりものんびりできますので最高です。

難点は9時に退館して10時までの行き先に困るくらいですかね。

午後からは奥さんの買い物に付き合えたしとても良い休日でした。

いつもと変わった行動をしてみると意外な発見があり良いものだと改めて感じました。

高坂

自己紹介とボクシングの話

自己紹介

はじめまして。春日井です。
9月より汐留パートナーズグループの一員となりました。
宜しくお願いします。

4年程前から税理士事務所で働いていますが、28歳までは仕事をしながらプロボクサーをしていました。
ただ今年で私も37歳になるので、体力落ちたな~とか体がたるんで恥ずかしくて上半身裸はお見せできないな~と思います。

37歳になると日本ではボクシングの定年で引退となります。
ただし2016年からのルール改正で37歳以上でも日本ランキングに入っていれば現役を続ける事ができます。

私がいたドリームジムで、私が引退した28歳にプロデビューした高畑里望君は現在38歳なんですが日本スーパフェザー級ランキング2位!
まだまだ現役で頑張ってます!

そして明日は同級1位の選手と日本スーパフェザー級王座決定戦!勝てば日本チャンピオンです!
王座決定戦まで来たのも凄い事だと思いますが、ボクシングを10年以上続けてリングに上がり続けるのは本当に尊敬します。

頑張れ高畑君!!

心地よいカフェでの小さな幸せ、新しい友達、読書。

秋が来た!


私は近所にあるカフェに行くことがとても好きです。カフェは雰囲気を楽しんだり、リラックス
できる場所だけでなく、同じ趣味や、興味を共有できる人と出会える交差点でもある。

私は大学を卒業して、最初の会社に就職したばかりの時、いつも自分の部屋で、本を読み、テレビを見て過ごしていました。
そして、東京に来てから、都会で国際的な雰囲気がきっかけで、探検や新しい発見をする事ができ、
さらに、興味深い将来の夢をもった人々に出会う事ができました。その日から、私は部屋に籠る事はしないと決めました。

私は数か月前から、小さく、居心地の良い木々に囲まれた、近所のカフェに通っています。
カフェの中には、本、新聞、雑誌や、手作りな日本伝統の作品な沢山の物が置いてあります。
しかしこのカフェのもっとも素晴らしい所は、新しい友達に出会う事ができる事です。
週末に、私はここで出会った友達と、日本の時事や、世界を震撼させる国際ニュースについて話をします。
ここで出会った友達は、多種多様な言語、文化圏からきている人達です。

本・雑誌がいっぱい!カフェ+交流+本=小さな幸せ!

私がここで会った日本人も、海外での生活を経験している主に30代の人たちです。
彼らの将来の夢の話や、目標は、すごく私にインスピレーションを与えてくれます。
私達はお互いに刺激しあい、各々の生活、仕事の話をしたり、色々な業界とつながりを築き、
世界を見る視野を広げています。

このカフェに通い始めてから、私は人はどこかで繋がっており、すべては
一杯の暖かいチャイラテや「こんにちは!」と共に始まると感じました。
そして、カフェに置かれている数百の本の中から一冊を選び、読み始めると私達を違う世界に
連れてってくれます。

私は、私が住んでいる社会の理解を深めてくれる本と、人生を豊にしてくれるような実話がお気に入りです。
私の父が、恐怖の壁を壊し、新しい事を学ぶことができるチャンスを与えてくれる本を読むようにと、
言っていた事を思い出しました。

この秋の私のささやかな楽しみは、本を片手にコーヒーを飲みながら人生を謳歌する事です。
私はこの人生は美しいと実感できると思っています。

ジソン

身体を温めるカルダモン

The Simple Joys of a Cozy Café, New Friends, and Books!

I am a big fan of cafés around my neighbourhood. Not only they are perfect spots to enjoy and relax, but also a new avenue to meet people who share the same hobbies and interests.
After graduation and having started to work in my first company, I used to only hang around inside my room, read books, and watch television. Ever since coming to Tokyo, the metropolitan and international nature within me has started to come about which helped me explore, discover, and meet interesting people with dreams about the future. From that day, I made sure I will never lock myself up in the room!

In the past few months, I have come across a petite and cozy tea shop near the woods not so far from where I lived. There were lots of things to see inside- from books, to newspapers and magazines, traditional Japanese handicrafts and more! But more than anything else, I met new faces who turned out to be my new friends. On weekends, we would usually meet around and discuss things about new trends in Japan and news that shake the world. It was a multinational and multilingual gathering of people from all over the world. The Japanese people I’ve met were mostly in their 30s mostly with experience from outside of Japan. Their dreams and aspirations were truly inspiring!
Learning from each other, we have come to share new things about our lives, our careers, create new connections from various fields, and most of all, expand our horizons to understand the world better.

From hereafter, I have come to understand that we are all interconnected as one people and everything starts from a single cup of warm chai latte or a simple hello!
Also inside the café are hundreds of books which we can choose and read bringing us to a different dimension. Personally, I like reading books that help me understand the society I live in, topics that makes me appreciate life better such as life stories. However, I remember my father saying to me to read books that least inspires as a way to break up the walls of fear which will serve as a new opportunity to understand things from various perspectives.
Holding a book on one hand while sipping my warm cup of coffee this autumn is my simple way of celebrating life!
What a beautiful moment to be alive, I thought!

新入社員歓迎会

未分類

こんにちは、宮坂と申します。
今回、はじめて本ブログを書かせていただきます。

9月より新しく汐留パートナーズの一員として迎えていただき、
先日22日には、新入社員歓迎会にてグループ全体でお祝いいただきました。

入社後は慣れない環境の中で緊張の毎日でしたが、
先週で入社から3週間経ち、ようやく緊張もほどけてきました。

さて、汐留パートナーズは、来年の2018年に10周年を迎えることとなります。
入社浅いものの、複数士業によるワンストップサービスの提供という点において、
この業界、他にない魅力をもっていると自負しております。

また、規模が大きくなるにつれ、顧問契約を結んでいる法人さまの、
従業員の方からご相談を頂く件数も増えて参りました。

私自身、所得税を勉強していたことから、
個人の相談に特に強い税理士になりたい、という気持ちがあります。

「BtoB」、「対企業」の仕事をメインと意識しがちな会計業務ですが、
その企業の中の従業員の方々のことを忘れずに、
「BtoB」からの「toC」を意識して、これからも業務に励みます。

「ワンストップといえば汐留」と言われることを目指すとともに、
私個人としても、「会社よりも更に」の気持ちで頑張りたいと思います。

宮坂

はじめまして。あわねです。

自己紹介

はじめまして。阿波根(あわね)です。
9月より汐留パートナーズグループの一員となりました。
よろしくお願いいたします。

先日、自宅の玄関先に蟷螂(カマキリ)が現れました。
うちの3歳になる息子が興味津々に見ているので、
採ってあげると、声を上げて泣き出しました。
ヤツはまだまだです。
うちの中に入れてあげると、妻が怒り出しました。
私もまだまだです。

ところで、蟷螂は秋の季語なんだそうで、
東京は夏らしい夏ではありませんでしたが、
季節は秋に移り変わっているようです。
そう考えると夏が恋しいですね。

季節の変わり目ですが、風邪など引かないように頑張ります。
よろしくお願いいたします。

阿波根

なし

自己紹介

はじめまして俊野と申します。

さっそくですがもう秋ですね。秋といえば食べ物でしょうね。
焼栗、サツマイモ、マツタケ、鱧、ゴマ、お米、ブドウを思い浮かべると思いますが、断然千葉県の梨がおススメです。

千葉県の梨は噛んだ瞬間から瑞々しく、大きい割に大味でなく、とにかく甘いです!!!
至る所に梨園があり、お土産を買うのにピッタリだと思います。

千葉県に寄った際には是非ご賞味ください

旅行写真

久しぶりのブログです(*^_^*)

夏は 満喫していますか🌻
8月下旬に 友人を訪ねてカナダに行ってきました🍁

どこに行っても、
キャンピングカー.トレーラー
まさにアウトドアの宝庫・カナダ。
そんな中美しい大自然で有名なカナディアンロッキーに
ドライブしました。

コロンビア大氷原、エメラルド湖、 ルイス湖、アサバスカ滝など
大自然のオンパレードで
スケールの大きさに驚き、
大自然の美しさに大感動の連続~!!!

写真UPします。

どうぞ楽しんでくださいませ。    ※HOU ※

 

 

成長スピード

日々の出来事

こんにちは。
稲田です。

本日のブログは「稲田(甥)、成長する」「稲田家直下新幹線」の2本でお送り致します。

「稲田(甥)、成長する」

汐留パートナーズに入社して早1年となりますが、若い方々の成長の早さには日々驚かされています。

成長といえば、一昨年12月姉に男の子が生まれまして、毎日家族のグループLINEに甥の画像と動画が送られてくるのですが、日々の成長の早さに衝撃を受けます。
弊社若いメンバーに負けず劣らずの成長スピードです。
最近は少しずつ言葉を発するようになって、走り回って、暴れているそうです。

ちなみにですが、私は生まれてから歩き出すまでが早く、9カ月くらいで歩き出していました。
歩き出しが早いので、足が速い子供になるのではないかと両親は期待していたそうですが、幼稚園で運動神経のピークを迎え、小学生からは運動があまり得意でない残念な子供となってしまいました。

甥には私を反面教師にして、運動神経抜群な子供に成長してもらいたいなと思っています。
最近会いに行けていないので、近々会いに行こうと思います。

9月からは新しいメンバーも入社します。甥にも周りのメンバーにも負けず私も日々成長していけるように頑張っていきます。

「稲田家直下新幹線」

8月25日の北海道新聞に「新幹線、札幌の地上走行は1キロ 北6西10にトンネル出入口案」という見出しが掲載されておりました。
記事を読んでみると、私の実家周辺がそのトンネルの区域に該当しておりました。
自分の家の下を新幹線が通る、心が躍りました。

高ぶる気持ちの中、地元の友人に電話をかけました。
この興奮を共有できると思ったのですが、「工事が大変そう」「音がうるさそう」などと、地元の住民ならではの意見を頂きました。
私には当事者意識が欠けていたようです。

新幹線の札幌までの開通予定が13年後の2030年度末を予定だそうです。
13年後となると、私は42歳です。厄年です。
実家に帰る際などに利用したいなと思います。

inada

はじめまして。

自己紹介

はじめまして。
6月末に入社致しました、上村と申します。

4年ぶりの社会復帰です。
娘の送り迎えと苦手な家事で毎日大変ですが
スムースチワワ2匹(オス)に毎日癒してもらってます。

前職ではWEB制作をしていたので、業界未経験です。
わからないことばかりですが、よろしくお願いいたします。

上村