夢の形、椅子の話

こんにちは。
山本です。

まだ寒い日が続きますが、目のかゆみと鼻のムズムズに花粉と春を感じます。
もうすぐ卒業式という方も多いのでしょうか。

卒業式と言われると、そのころよく遊んでいた友人や
不安と夢を抱いて新たなステップに踏み出した当時の気持ちを思い出します。

今回は、せっかくのブログの機会ですので、今どんな「夢」を抱いているのか考えてみました。

人それぞれ夢の形はあると思いますが私の夢は丸い形をしています。

この「ボールチェア」というフィンランドのデザイナーさんが作ったこの丸い椅子に魅力を感じておりまして
ささやかですがこの椅子を手に入れることが今の私の夢です。
ただ値段はあまりささやかではなく、なんと100万円くらいします。

20世紀の中旬ごろに作られた家具を「ミッドセンチュリー」を呼んだりするそうですが
この「ミッドセンチュリー」の家具は今ではデザインに関する権利が切れ、廉価でジェネリック品が
作られています。

私の欲しい「ボールチェア」もジェネリック品が作られておりまして、そちらは10~15万円で
購入できるようです。だいぶささやかになりました。
10万円と言われると高いような気がしますが、夢の値段としてはなかなかお手頃のような気がします。

いつかの日か決心をつけて買えましたら、本ブログにて座り心地をお伝えしたいと思います。

山本