結婚祝い

日々の出来事

初めまして。
この4月から国際部でお世話になっています奥山と申します。
どうぞよろしくお願いします。

先日、数年ぶりに山仲間の友人と食事をしました。
10年以上前、山ガールの言葉がまだなかった頃、
ストレス解消のため登山を始め、そこで出会った仲間です。

友人が仙台へ転勤になってからここ数年会えずにいましたが、
突然結婚の報告が入りビックリ!
そのお祝いに、ヒルトン東京のディナーブッフェに招待しました。
以前、自分が友人からプレゼントされて嬉しかったからです。

自分にとってバイキングやブッフェ=元を取るもの、ですが、この日は違いました。
友人:「こんな(良い)ところ(自分の)ダンナさんにも連れてきてもらったことない!」
私:「次回はダンナ様に連れてきてもらってね(笑)」
と答えつつも、内心やった!と思いました。
たった数時間でしたが、シャトルバスでの送迎、
ホテルという非日常の空間、食事は勿論のこと
相手に喜んでもらえた事が、元を取る事より嬉しかった!

聞いてみると、新居がある名古屋からわざわざ来てくれたのに日帰りするとの事。
え~!!!???久しぶりの東京だからゆっくりすればいいのに・・・
この日の為に時間を取って会いに来てくれた友人に感謝しました。

秋に、八ヶ岳の見えるホテルで身内だけの式をあげるとの事。
友人らしい選択でとても微笑ましい思いです。

結婚祝いは何歳になっても悩むものです。
皆様も、もしプレゼントに迷う事があったら、または大切な人をもてなしたい時、
普段より少し背伸びしたブッフェはいかがでしょうか。
よりリーズナブルなランチでもOKです。

奥山