成長スピード

日々の出来事

こんにちは。
稲田です。

本日のブログは「稲田(甥)、成長する」「稲田家直下新幹線」の2本でお送り致します。

「稲田(甥)、成長する」

汐留パートナーズに入社して早1年となりますが、若い方々の成長の早さには日々驚かされています。

成長といえば、一昨年12月姉に男の子が生まれまして、毎日家族のグループLINEに甥の画像と動画が送られてくるのですが、日々の成長の早さに衝撃を受けます。
弊社若いメンバーに負けず劣らずの成長スピードです。
最近は少しずつ言葉を発するようになって、走り回って、暴れているそうです。

ちなみにですが、私は生まれてから歩き出すまでが早く、9カ月くらいで歩き出していました。
歩き出しが早いので、足が速い子供になるのではないかと両親は期待していたそうですが、幼稚園で運動神経のピークを迎え、小学生からは運動があまり得意でない残念な子供となってしまいました。

甥には私を反面教師にして、運動神経抜群な子供に成長してもらいたいなと思っています。
最近会いに行けていないので、近々会いに行こうと思います。

9月からは新しいメンバーも入社します。甥にも周りのメンバーにも負けず私も日々成長していけるように頑張っていきます。

「稲田家直下新幹線」

8月25日の北海道新聞に「新幹線、札幌の地上走行は1キロ 北6西10にトンネル出入口案」という見出しが掲載されておりました。
記事を読んでみると、私の実家周辺がそのトンネルの区域に該当しておりました。
自分の家の下を新幹線が通る、心が躍りました。

高ぶる気持ちの中、地元の友人に電話をかけました。
この興奮を共有できると思ったのですが、「工事が大変そう」「音がうるさそう」などと、地元の住民ならではの意見を頂きました。
私には当事者意識が欠けていたようです。

新幹線の札幌までの開通予定が13年後の2030年度末を予定だそうです。
13年後となると、私は42歳です。厄年です。
実家に帰る際などに利用したいなと思います。

inada