汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

医療費控除のお話

未分類

医療費控除についてですが、毎年1月1日~12月31日の暦年における医療費を医療費控除の対象として確定申告において申告できます。結構いろいろなものが対象となりますので、事前にでもご確認してはいかがでしょうか。

TANAKA

続きを読む

ISOの種類

未分類

今日はISOの種類について書きたいと思います。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)のことで、国際標準(世界共通)の規格のことです。

よく知られているのが、
ISO9001(品質マネジメントシステム)
ISO14001(環境マネジメントシステム)
の2つです。

実は、先日それ以外のISOがあることに気づきました。

ISO13485(医療薬事製品製造販売マネジメントシステム)
医療用具は人命及び健康維持につながるため、品質管理及び品質保証にかかわる追加要求事項が必要であるとの観点からのものです。

ISO22000(食品安全マネジメントシステム)
これは消費者に安全な食品を届けるという観点からのものです。

ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)
これは情報の漏洩を防ぐという観点からのものです。

ちなみに、先日お伺いさせていただいたクライアントがISO13485を取得されておりました。
ちょっとした、私の備忘記録です(笑)

TANAKA

続きを読む

日商簿記検定概略

会計・税務

会計業界に関わる人たち、いや、最近はビジネスマン必須の資格といえる日商簿記検定。就職に有利な資格として必ずトップ争いをするくらいの人気資格ですし、まとめてみようと思います。

試験は年3回、2月、6月、11月にあります。(1級は6月、11月のみ)。受験時間は、3級9時、2級13時30分、1級9時からなので、近い級のダブル受験が可能になっています。

3級は個人商店、中小企業向けの簿記、2級は一般的な企業向けの簿記、1級は上場企業及び大企業向けの簿記の試験となっています。試験内容は、3級は商業簿記、2級は商業簿記・工業簿記、1級は、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算と級があがるにつれ、勉強の幅は広がっていきます。

近年では、この人気のため、難易度も高く、合格率は、2、3級では30%前後、1級は10%前後と難易度の高い試験となっています。1級はあまりに難易度が高いため、会計事務所や企業の経理募集では、簿記2級を最低ラインとしているところが多いようです。

そのため、簿記2級の価値というものは、本当に高いものになっていると思います。経理、管理系、会計事務所は、もちろん、経営にも必須なので、将来出世したいと思う人は必須の資格です。並びに企業の状態を知ることができるので、働くすべての人に必要なスキルだと思われます。

このブログをきっかけに簿記2級を受験して下さる方がいたら、ご一報ください。全力で応援いたします。スタッフたちも受けるので、ぜひ一緒に頑張りましょう。

TANAKA

続きを読む