汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

Resolutions

日々の出来事

Its already February, but I wanted to mention a few things about January. Since the new year, I had the opportunity to hear the many resolutions of friends, students, clients and coworkers. Some of them had big aspirations like starting their own business, passing exams, career changes, learning a new language, going overseas and starting a family. Many others had health based goals like losing weight, cutting back on drinking, quitting smoking, learning a new sport, running marathons etc.

However big or small, it was inspiring to hear so many resolutions. One of my personal goals is to learn to write kanji instead of type it. I practice with an iphone app called “skritter”. I really recommend it for foreigners trying to learn Japanese. Work wise, I hope I can support foreigners who want to start a business in Japan- because for them, it’s their big dream and it takes dedication, planning, and tons of effort to make a business successful. It’s also new and interesting for me to see them through the whole process.

Anyways, on a completely irrelevant and unrelated note, I hope it snows enough in Tokyo to build a snowman.

Lisa

続きを読む

今年こそは!!

日々の出来事

どうもお久しぶりです。松橋です。

新年になりもうあと少しで一ヵ月たとうとしています。

税理士試験を毎年受けてもうかなりの歳月が流れてしまいました。
その間に結婚し、子供が産まれ、色々なことがありました。
さすがにもう税理士試験を合格するための勉強は今年で最後にします。
子供も昨年に無事産まれてくれたので、税理士先生として来年からは家族を
しっかり守っていくことが今年の目標です。

今年はやるぞーーーーーーーーーーーー!

matsuhashi

続きを読む

健康な一年に

日々の出来事

あけましておめでとうございます。長谷川です。
年が変わって早くも2週間が経とうとしておりますが、
皆さんは順調なスタートは切れたでしょうか。
目標を立ててしっかりスタート出来た方も、ダラダラしてしまって
そうでない方もいると思います。

私はといいますと、
昨年は・・・

・度重なる胃腸炎
・謎の頭痛が続く
・両目の角膜が剥がれて救急車
・健康診断で肝臓が「C」

と、不健康な一年となってしまいました。
そこで昨年の反省を生かして今年は健康に気を付けようと決めたのですが・・・
正月早々咳のし過ぎで肋骨にヒビが入ってしまいました。
咳自体はもう8年以上続いているのであまり気にしていなかったのですが、
ここにきてついにいろいろと影響が出てきてしまいました。

何をするにしてもやはり健康な体があってのものだと思いますので、
とりあえず今更ながら病院に行ってみようかと思います。

皆さんも体調管理はしっかりして健康な一年を過ごしてください。

HASEGAWA

続きを読む

明けましておめでとうございます。

日々の出来事

新年あけましておめでとうございます、赤松です。

 本年はベタですが、午年ということもあり、うちの事務所の馬好きとも被るかもしれませんが、競馬の話をしたいと思います。
 競馬の馬券売上って一時期は4兆円を超すほどの市場で、他の競艇や競輪と比べてもだいぶ親しまれています。その魅力の一つに、その時代の経済を象徴するような名馬が誕生することにより、ファンを魅了することが多々あります。
 例えば、かつては、オグリキャップ。時はバブル経済のピークであり、元々地方馬であったが活躍が評価され、中央競馬に進出し、活躍し這い上がっていく姿は、バブル期世代の方を魅了しました。
 次に、史上最強の馬と呼び声高いディープインパクト。デビュー以来無敗のままクラッシック三冠を達成し、世界最高峰のレースといわれる凱旋門賞にチャレンジしました。このころの日本経済は、中国やインドの台頭が著しく、アメリカに次ぐ経済大国という地位が危ぶまれていた頃で、凋落する日本がもう一度、海外での栄光を掴もうとする気持ちをディープインパクトに重ねていました。
 そして、昨年末に開催された有馬記念で引退したオルフェーヴル。東日本大震災の年の2011年のクラシックで、ディープインパクト以来6年ぶり、史上7頭目の三冠馬となりました。しかし、圧倒的な力をもちつつも、気性が激しく、ムラがあり、二桁着順や騎手を二度も振り落とすなどやんちゃさと不安定さがありました。でもその力強さと不安定さが、この馬の魅力で、東日本大震災以降の経済を象徴しているといわれていました。
このように経済と馬というのは、共感できる面白い関連性があります。今年はどんな年になるのか、どんな名馬が誕生するのか今から楽しみな年にしていきたいです。
本年も宜しくお願い致します。

Akamatsu

続きを読む