汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

心地よいカフェでの小さな幸せ、新しい友達、読書。

秋が来た!


私は近所にあるカフェに行くことがとても好きです。カフェは雰囲気を楽しんだり、リラックス
できる場所だけでなく、同じ趣味や、興味を共有できる人と出会える交差点でもある。

私は大学を卒業して、最初の会社に就職したばかりの時、いつも自分の部屋で、本を読み、テレビを見て過ごしていました。
そして、東京に来てから、都会で国際的な雰囲気がきっかけで、探検や新しい発見をする事ができ、
さらに、興味深い将来の夢をもった人々に出会う事ができました。その日から、私は部屋に籠る事はしないと決めました。

私は数か月前から、小さく、居心地の良い木々に囲まれた、近所のカフェに通っています。
カフェの中には、本、新聞、雑誌や、手作りな日本伝統の作品な沢山の物が置いてあります。
しかしこのカフェのもっとも素晴らしい所は、新しい友達に出会う事ができる事です。
週末に、私はここで出会った友達と、日本の時事や、世界を震撼させる国際ニュースについて話をします。
ここで出会った友達は、多種多様な言語、文化圏からきている人達です。

本・雑誌がいっぱい!カフェ+交流+本=小さな幸せ!

私がここで会った日本人も、海外での生活を経験している主に30代の人たちです。
彼らの将来の夢の話や、目標は、すごく私にインスピレーションを与えてくれます。
私達はお互いに刺激しあい、各々の生活、仕事の話をしたり、色々な業界とつながりを築き、
世界を見る視野を広げています。

このカフェに通い始めてから、私は人はどこかで繋がっており、すべては
一杯の暖かいチャイラテや「こんにちは!」と共に始まると感じました。
そして、カフェに置かれている数百の本の中から一冊を選び、読み始めると私達を違う世界に
連れてってくれます。

私は、私が住んでいる社会の理解を深めてくれる本と、人生を豊にしてくれるような実話がお気に入りです。
私の父が、恐怖の壁を壊し、新しい事を学ぶことができるチャンスを与えてくれる本を読むようにと、
言っていた事を思い出しました。

この秋の私のささやかな楽しみは、本を片手にコーヒーを飲みながら人生を謳歌する事です。
私はこの人生は美しいと実感できると思っています。

ジソン

身体を温めるカルダモン

The Simple Joys of a Cozy Café, New Friends, and Books!

I am a big fan of cafés around my neighbourhood. Not only they are perfect spots to enjoy and relax, but also a new avenue to meet people who share the same hobbies and interests.
After graduation and having started to work in my first company, I used to only hang around inside my room, read books, and watch television. Ever since coming to Tokyo, the metropolitan and international nature within me has started to come about which helped me explore, discover, and meet interesting people with dreams about the future. From that day, I made sure I will never lock myself up in the room!

In the past few months, I have come across a petite and cozy tea shop near the woods not so far from where I lived. There were lots of things to see inside- from books, to newspapers and magazines, traditional Japanese handicrafts and more! But more than anything else, I met new faces who turned out to be my new friends. On weekends, we would usually meet around and discuss things about new trends in Japan and news that shake the world. It was a multinational and multilingual gathering of people from all over the world. The Japanese people I’ve met were mostly in their 30s mostly with experience from outside of Japan. Their dreams and aspirations were truly inspiring!
Learning from each other, we have come to share new things about our lives, our careers, create new connections from various fields, and most of all, expand our horizons to understand the world better.

From hereafter, I have come to understand that we are all interconnected as one people and everything starts from a single cup of warm chai latte or a simple hello!
Also inside the café are hundreds of books which we can choose and read bringing us to a different dimension. Personally, I like reading books that help me understand the society I live in, topics that makes me appreciate life better such as life stories. However, I remember my father saying to me to read books that least inspires as a way to break up the walls of fear which will serve as a new opportunity to understand things from various perspectives.
Holding a book on one hand while sipping my warm cup of coffee this autumn is my simple way of celebrating life!
What a beautiful moment to be alive, I thought!

旅行写真

久しぶりのブログです(*^_^*)

夏は 満喫していますか🌻
8月下旬に 友人を訪ねてカナダに行ってきました🍁

どこに行っても、
キャンピングカー.トレーラー
まさにアウトドアの宝庫・カナダ。
そんな中美しい大自然で有名なカナディアンロッキーに
ドライブしました。

コロンビア大氷原、エメラルド湖、 ルイス湖、アサバスカ滝など
大自然のオンパレードで
スケールの大きさに驚き、
大自然の美しさに大感動の連続~!!!

写真UPします。

どうぞ楽しんでくださいませ。    ※HOU ※

 

 

日本一周

初めまして、三井です。
今年の2月に入社致しました。

私は税理士試験を始めてから、趣味という趣味もなく、
ただただ毎日仕事と勉強を繰り返す日々を送ってきてました。

昨年8月に前に働いていた会計事務所を退職致しまして、
空いた時間で何か出来ないかなと、ずっと思っていたのですが、
ちょうどやってみたい事があったのです。

日本一周、47都道府県制覇。

東京生まれ東京育ちで、他にまともに行ったことがある県なんて、
5~6ぐらいだった私は、日本って国がよく分からなかったのです。

予算の都合で、スーパーカブ110というバイクで各地を巡り、
その地のものを見て、食べて、現地の方々と触れ合ってきました。

寝床はマンガ喫茶や、健康ランドです。貧乏旅行なんで、なかなか過酷でした。

94日間、何度か死にかけましたが、なんとか元気に生きています。
お陰様で、とてつもなくいい経験が出来ました。

知識として知っているという事より、見て学ぶ方が面白いですし、
身になったのではないかな、と思っています。

道中、GoogleMapにて、気に入った場所などをお気に入り登録して回っていたのですが、
そしたらこうなりました。

星部分がお気に入りです。

通過した部分は多くなってるのと、
東北は先に行ったので、まだいまいち使いこなせてませんでした。

決して東北が嫌いな訳ではないですので、あしからず。

帰ってきてから、各出身地の方々と地元について話すのが、
前より随分と楽しくなりました。

皆さんも良かったら一人旅してみてください。

行かなきゃわからないものが、各地にあります。

こんにちは
上田です。

確定申告が終わり、ようやく落ち着いて過ごせそうです。

だんだんと暖かくなってきて、春の訪れを感じます。
私はインドアなのですが春は少しだけ外出したくなります。
家の近くに昭和記念公園があるのですが、
様々な花が咲き始めているみたいなので行ってみようと思います。

皆様、立川に行く機会がございましたら立ち寄ってみてください。

上田

強し

こんにちは。
出口です。

先日、生まれて初めて格闘技(プロレス)を生で観戦しました。

これまではまったくこういったものに興味は無かったのですが、
社内にとてもプロレスに詳しい方々がおり、
話を聞いているうちにとても興味を持ち観戦することにしてみました。

会場は後楽園ホールで仕事帰りにフラッと入っていったのですが、
そこは異次元の世界でした。
仕事帰りの人々、叫んでいる熱狂的な人々、コスプレをしている人々。
そんな人たちと意外と小さな会場内で、笑いあり涙ありの戦いをみることができ、
大変貴重な時間を過ごすことができました。
私にプロレスの楽しみを教えてくれた先輩方にはとても感謝しております。

一日一進。
これを機に今まで挑戦できていなかったことに挑戦して、
充実した人生を歩んでいこうと思います。

Deguchi

私たちを助けてくれて本当にありがとう!

私たちが気づかない間に時は流れ、もう年の終わりが近づいてきました。
ひんやりとした心地よい秋風が、汐留の歩道に吹き下ろし始めています。

私が今の会社に入社したのも、落ち葉が始まるちょっと前のこの時期の事でした。
新しい学びと挑戦に満ちた一年を振り返ると、実に多くの事が思い出されます。
とりわけ、自分たちの会社を登記できた後に感謝の意を示してくださったお客様の事は、忘れることができません。

「私たちを助けてくれて本当にありがとう」この言葉を聞いて、私の顔は光に照らされ、どんなに難しくても彼らを助けるためにより良い提案を考えていこうと勇気づけられました。殆どが外国人である私のお客様の多くにとって、会社を持つことは夢を叶えることであり、私がベストを尽くして彼らの力になることが、彼らの夢を現実にすることにつながるのだと思いました。将来について考えたとき、今日ある私になれるまで私を助けてくれた社会に他にどんな貢献ができるかを考えることは、私のミッションだと思っています。
ちょっと別の話になりますが、私は私のミッションがここで終わりだとは考えていません。日本が世界の他の国々に向けて扉を開くにつれて、より現代的でグローバル化された社会が展開され、より多くの外国人がこの国で生活する可能性が生まれています。 私が自分の仕事の中で最も好きな事は、世界中からやってきた人々と接し、彼らの日本に来てからの実際の生活における物語、困難、喜び、そして希望に耳を傾ける、とても貴重な機会が得られることです。
会社の登記の業務と比べて、ビザを取り扱う業務は実はより複雑な仕事だと、私は信じています。v何故かというと、そのような複雑さは人々が立ち向かい、その殆どが感情的にも心理的にも悩まされている、日常生活で直面している個別の状況に横たわっているからです。そのような問題が引き起こされる原因は、失業、離婚、(日本での)オーバーステイ、犯罪など、枚挙に暇がありません。

(ジソンの撮影)秋の日は釣瓶落とし

秋の日は釣瓶落とし


これらの人達の話に耳を傾けることは、彼らの問題を引き受け、その状況をより深く理解することにつながります。各々の日本での目的を叶えるためにどうやって手助けするか考えても、一方では昨今より厳しくなってきている日本の移民法のために、私のできる努力には限界があることも認めなければなりません。
しかし、私がより良い人間になるために毎日自分を磨くことを追求し、出き得る限りの方法で仲間である人達を助けて行こうとする限り、私のゴールはここで終わることはありません。
私のお客様が幸せになり、満足することを見て感じていられる限り、私は思い切り笑顔で毎日を終わることができます!

Time flies unnoticed and we are getting closer by the end of the year. The cool and crisp autumn breeze started to blow down the sidewalks of Shiodome. It was also this time of the year when I joined the company, just before the leaves started to fall. I thought that there are so many things to look back after a year full of new lessons and challenges. Above all, I cannot forget my clients who expressed their gratitude after their company was registered.
Upon hearing the word “Thank you very much for helping us.”, a light shone on my face and encouraged me to think of even better solutions, no matter how complicated, to support them. For many of my clients (mostly foreign) , having a company is a dream come true and I thought that helping them to my very best would become a realization of their dreams. Thinking about the future, what else can I do to contribute in this society which helped me become what I am today is my mission. On a separate note, I feel that my mission does not end here.

=

懐かしいスペリアビルの窓際 (私のデスクに近く)


As Japan continues to open its doors to the rest of the world, the possibilities of a more modern and globalized society continues to unfold, and so the number of foreigners living in this country. What I like most about my job is this very rare opportunity of interacting with people from all over the world, hear their real-life stories, hardships, joys, and hopes after coming to Japan.

Unlike company registration duties, dealing with visa clients are way more complex, I believe. The complexity lies in each situation that these people are facing, most of which are emotionally and psychologically troubled, and the circumstances that they face in their everyday life in Japan. These problems may come from a loss of job, divorce, overstaying (in Japan), crimes, and the list continues. Listening to each of their stories is like stepping into their shoes and understand their situation deeper. I thought of helping each one of them to achieve their goals in living in Japan but I also admit that my efforts are limited due to immigration laws that have become stricter recently.
However, my goals do not end here as I pursue to hone myself to become a better person everyday, helping my fellow human being in any possible way I can. For as long as I can see and feel that my clients happy and satisfied, I can already end my day with a big smile!

=

帰宅の小雨の夜(ロマンチックな銀座!)

Jison (ジソン)

ラフな男

こんにちは。

GW明けのブログということで、通常であれば連休中の楽しかったことを綴るべきなのでしょう。
しかし、打ちっぱなすこと以外これといってどこにも行かなかった私からはゴルフの魅力について語らせて頂きたいと思います!

①昼のビールがうまい!
ゴルフといえばこれ!
暑い日は特に最高です。
これが起爆剤となり、後半爆発的なスコアとなった方も少なくないはずです。

②自然とふれあえる!
プレイ中に足を休め、耳をすませてみましょう。
風の音や鳥のさえずりが聞こえてきます。
ただし、あまりに聞き入っていると後ろの組から不満の声が聞こえてくるかもしれません。

③プレイ後の風呂が気持ちいい!
これは説明は不要かと思います。
ゴルフ場は子供もいないので水の掛け合いに巻き込まれることもないはずです。

④プレイ後のビールがうまい!!
ゴルフといえばこれ!!
散々耕して疲弊した身体に染み渡る爽快感!
言わずもがなです。
ただし、車でいらっしゃった場合はご自宅まで今しばらくの辛抱です。

3週に渡ってお届けしてきましたゴルフ特集ですが、いかがだったでしょうか。
私たちのブログを読んで一人でも多くの方がゴルフをされることを願ってやみません。

Miyake

続きを読む

汐留ゴルフ部

皆様こんにちは。

汐留パートナーズグループではいくつか部活がございます。
そのうちの一つのゴルフ部の活動として先日ゴルフコンペが開催されました。
ゴルフ部は昨年発足した事もあり今回が2回目の活動となりました。
前回は今回と同様にコンペ行ったのですが、何と優勝者がこの私でした(大きなハンデをもらったおかげですが)。
そのため今回も実力はないのでハンデ頼りですが優勝を狙っておりましが、結果は17人参加して10位というハンデをいかせず実力通りの結果になってしまいました。
今回の順位はハンデ関係なしに大方実力順になっており、私も練習して実力の底上げが必要だと感じましたので、これから少しずつ練習をして行きたいと思います。

ただ順位関係なしに、自然に囲まれた場所でメンバーと楽しくプレー出来ましたのでゴルフはストレス解消になるなと感じました。
次回の開催は税理士試験後になるかと思いますが、勉強の息抜きがてら練習をして、再び1位返り咲けるよう精進して参りたいと思います!

kawabe

続きを読む

趣味

みなさまこんにちは。堀井です。

少し前から私の趣味はゴルフとなりました。
とは言えそんなにしょっちゅうプレーをするわけでもなく、
そもそも上手くもないですが、好きなので趣味だと言い張っております。

初めてコースに出た時に、スコアが220オーバーしてしまい引退も考えたのですが、
たまに真っすぐ遠くまでボールが飛んだ時の感覚が好きで、現役続行を決意しました。

ひとまず現在の目標としては、スコア150(OKなし)とドライバーで250ヤードです。
上手い人からするとポンコツのような目標ですが、少しずつ上手くなれるよう頑張ります。

がんばります!!

horii

続きを読む

2015年☆社員旅行

ハファ ディ☆

すずきです

先日、社員旅行でグアムに行って参りました^o^!!!!!

人生初の海外と、初の社員旅行とで、
ドキドキとワクワクで前日は眠れませんでした笑

グアム到着後、ホテルのプールサイドでBBQ☆

お肉もお魚もお野菜もとっても美味しくて、
ビールがとってもすすみました^^

特にお魚がぷりっぷりで、是非グアムへ行く人へは、
おすすめしたいです。

因みに、
男性の方々はもちろんプールに飛び込んでおりました笑

2日目は皆で海へ!!!!!!

それぞれマリンスポーツを満喫いたしました☆

お天気にもすごく恵まれ、
お蔭で日焼けしたカラダを痛がるスタッフも多々。。。

3日目はゴルフ組と
いるかウォッチング&プール組に分かれて行動!!!!!!

私はいるかウォッチング&プール組へ☆

雨で海が荒れていて船酔い致しました´Д`

が、親子イルカに会えました!!!!!

プールでもはしゃぎ疲れるほど、遊びました≧□≦

兎に角、おもいっきりグアムを満喫した4日間となりました。

人生初の海外旅行と社員旅行はとっても素敵な思い出です。

引き続き仕事も尽力して参ります。

suzuki

続きを読む