インタビュー:会計税務部SS浦崎・人として税理士として魅力的な存在へ 2019/10/30

今回は会計税務部の若きホープ、浦崎さんにインタビューをしました。

 

 

なぜ税理士を目指そうと思ったのですか?


 

浦崎:日本という国が存在し続ける限り、税金という仕組みが途絶えることはないだろうと考えたのが税理士を目指すきっかけでした。当時は高校三年生で、税法はおろか簿記についても全く知識がありませんでしたが、手に職をつけたいという思いから簿記を勉強し始めました。

 

勉強を始めると、奥の深い簿記の世界に魅せられ、税理士として会計の世界で生きていけたら楽しいだろうなと思うようになり、本格的に税理士を目指すようになりました。

 

 

汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか?


 

浦崎:税理士試験後の大原の合同就職説明会で声をかけていただきました。もともと中規模で若さのある税理士法人に就職をしたいと思っていましたので、その説明会の担当の方から聞く話や、いただいたパンフレットの内容から「これこそ自分の求めていた職場だ」と感じました。

 

その後正式な面接を受けた際、面接官の方の優しいながらも熱意のある話し方に、誇りと熱意をもって働ける職場なのだなと思い、入社を決めました。

 

 

現在どのようなお仕事をしていますか?


 

浦崎:主に日本国内の法人の会計税務業務を担当させていただいています。お客様から資料をいただいて事務所内で処理をすることもあれば、お客様のオフィスに直接伺って処理をすることもあります。中小規模の法人から上場企業の子会社まで、幅広く業務に携わらせてもらっていますあらゆるケースに対応できるように日々成長していくのを実感でき、とてもやりがいを感じています。

 

また、グループ内で設立登記をしたお客様がそのまま会計税務の契約をなさることが多いため、設立一期目から会計税務に関与させて頂くお客様が少なくありません。そういったお客様の規模が少しずつ大きくなっていくのを、会計データを通して実感することができると、嬉しく感じます

 

 

仕事で大事にしていること、やりがいはなんですか?


 

浦崎:裏付けを持って行動することです。そうすることで、自分の仕事に自信が持てるうえに、お客様にとって頼りになる存在になれると思っています。やりがいは、単純な話ではありますが会計や申告が一通り完了すると、達成感を覚えます。

 

こうした達成感の積み重ねが、モチベーションに繋がっていると思います。職場も楽しいです!わきあいあいと、を体現したような職場で、毎日楽しく仕事をしています!

 

 

 

会社の魅力、よいところは何だと思いますか?


 

浦崎:汐留パートナーズは真のワンストップサービスの提供を売りにしています。これはその社内で働く私たちにとっても大きな意味を持ちます。会計士、税理士だけではなく、社会保険労務士や行政書士、司法書士、さらには弁護士が同じグループ内にいるので、ほかの事務所よりもそういった他の士業の方々とお話をする機会が多いのではないかと思います。

 

直接は関与しない分野の業務について、自分なりに勉強するだけでは絶対に知ることのできないことや、その仕事にたずさわる方々の「本音」を聞けるというこの環境は、ほかの事務所ではなかなか味わえない魅力の一つです。

 

 

会社で成し遂げたいことはどのようなことですか?


 

浦崎:もちろん大前提として、税理士になることを目標にしています。ただそれ以上に、仕事でもプライベートでもいろいろなことに挑戦して、経験豊かな人間になりたいと思っています。お客様からも職場の仲間からも、税理士という肩書に関わらずひとりの人間として私を好きになってもらいたいからです。

 

話しやすくて、いろいろなことを知っていて、いろいろなことを経験していて、「おまけに」税理士。そんな人間になれたら、会社にとって、お客様にとって大きな存在になれるのではないかと思っています。