私の座右の銘『栄光に近道なし』

今日は自分が好きな言葉をひとつご紹介。

「栄光に近道なし」
(There is no royal road to glory.)

「栄光」とは何か?その思いは人それぞれ違うと思います。

最近はみな近道ばかりを探していると思います。おいしい話、うまい話、儲け話・・・世の中そんなにうまくはいかないものです。

自分は基本的には、世の中ゼロサムゲームであると思っています。ゼロサムゲームとは、経済学の「ゲーム理論」と呼ばれる経済理論における用語で、パイ(市場)が拡大しない状況において、市場参加者の得点と失点の総和(サム)が0(ゼロ)になるゲームのことをさします。

すなわち、おいしい話、うまい話、儲け話の裏には、必ず損をしている人がいて、得をした人と損をした人との利益・損失の総和がゼロになっていると考えられます。

誰かの犠牲のもと誰かが利益を得ることはもちろんよくあることで、私自身それは否定しません。ですがゼロサムゲームの中では多くを得られません。そしてゼロサムゲーム状態は長くは続きません。

夢のないことを語るつもりはないのですが、ではどうすればゼロサムゲームを打破することができるのでしょうか??

それは、自らが新しい「付加価値」を創り出すことです。
学者でいえば「新発明」です。きっとゼロサムゲームを打破したところに、「栄光」があるはず。
そしてその「栄光」を手にするためにはとてもとても長い時間がかかるのではないか。

若い人がこのブログを見ると、「この会計士ちょっと説教臭いなぁ」と思うかもしれませんね(笑)

人生生涯勉強、そんな付加価値の創造を夢見て一歩一歩階段を上っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る