真のクオリティと再現性のあるビジネスについて考える

ビジネスの話

この美味しそうなパンケーキ🌴、実際ハワイイタリアンカフェ“em”でご提供しているハワイアンパンケーキwithたっぷりマンゴーです。生クリームがたくさん乗っていて色合いもよく非常にInstagramで映える写真です。

でももしかしたら最高のクオリティを追求するならこんなに生クリームは必要ないかもしれません(笑)クリームバージョンの他、アイスクリームバージョンもあり、そちらの方が個人的にはパンケーキとの相性が良いかなと思ったりもします。

飲食店の経営にも携わることになり、コンサルティングファームとしてB to Bの仕事が多かった自分にとっては、B to Cビジネスで色々な経験をさせていただいています。

例えばInstagram映えする商品が必ずしも一番美味しかったり、お店のおすすめ商品ではないかもしれません。でもまずお店の事を知って頂くための宣伝の機会も必要です。来ていただいたお客様に美味しい料理とサービスをしっかりご提供する。そしてリピートして頂けるお店になる。

最終的には大切なものが「商品・サービスのクオリティ」であることはコンサルティングでも飲食店でも同じ。真の価値を提供できてこそ存在意義があり継続するのだと思います。

「最初のきっかけはひょんな事から」、でも、「ずっとお世話になっております」というのがある意味弊社を物語っているような感じで、とてもありがたいことなのですが、何がお客様にご支持頂けるのか冷静に分析しよりいっそう再現性があるビジネスにするため試行錯誤中です。次の5年10年について考える時間をたくさんとれればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る