千葉県の『土気(とけ)』について

今日は土気について語ってみようと思います。
私は年に何回か「土気」にお仕事でお伺いしております。お客様の工場がございまして何年もお伺いしております。空気がきれいでとてもよい所です。

toke.png写真の赤丸のあたりが土気です。東京都心からはけっこう遠いところにあります。電車で1時間半くらいです。

土気は駅の名前です。土気駅とは、千葉県千葉市緑区土気町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線の駅です。外房線内の駅で標高が最も高い所にある駅とのこと。これは全く必要がない知識です(笑)古来天然ガスが湧出する気配を示す土地は「土気」と呼ばれ、これが地名由来と考えられているとのことです。これもあまり必要がない知識です。

さて、とても不思議なことに、土気駅の近くには、ワンハンドレッドヒルズ(One Hundred Hills)、通称、チバリーヒルズと呼ばれる高級住宅街があります。千葉県千葉市緑区あすみが丘で東急不動産が開発・分譲したエリアです。

分譲開始は1989年(平成元年)、一戸当たりの分譲価格は5億から15億円に上ったとのこと。購入者の多くは節税対策を計る企業や、都心から離れていることから週末や来客用の別荘とするものであったと言われました。ワイドショーでも広く取り上げられ、マスコミからはロサンゼルスの高級住宅街「ビバリーヒルズ」をもじって「チバリーヒルズ」とも揶揄されたようです。報道の影響による来客が余りにも多いため、「家の見学お断り」の看板が立ち並んでいたこともあるなど。

しかし都心から遠く交通の便が悪いことや、バブルの崩壊もあって、60件を予定していた分譲件数は38件程度に落ち込み、さらには家を手放す者も増えたため、一時はゴーストタウンの雰囲気をかもし出す場所となってしまったようです。その後、暴走族などが勝手に入り込んで暴れまわるといった事態も発生したため、遂には住民以外の車両が進入禁止になった・・・。
(引用:最終更新 2014年4月15日 (火) 03:17 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)

今は、東急不動産のHPでは8,504万円~1億4,872万円で土地だけ販売していました。今でも十分に高い・・・

いつも、「土気にいます」というと、「どこですか?」と聞かれますので、この場をお借りし土気についてご説明させていただきました。今月も2回お邪魔致しますのでよろしくお願いいたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る