汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

イノベーションを起こし続ける組織を作る

ビジネスの話

今日は汐留パートナーズの人事考課についての考えと、これから新しくジョインされる方々へのメッセージを書きたいと思います。

汐留パートナーズでは各役職毎に求められる要件等が定められており、それによる自己評価や上長評価等を通じて昇格が決定する仕組みとなっています。常に進化していますので完成していません。

私自身常に公正な評価ができるとは限りません。というよりは無理だと思います。ですので、より明確な人事考課ルールを構築して極力皆さんの頑張りが公平に評価できるように幹部メンバーが議論して日々ブラッシュアップしています。私はなるべく決定には関与しない方がいいと思っています。

ご存じの通り完璧な人事評価ルールの策定は不可能でして、いつまでも試行錯誤することになりますため、どんなにやってもゴールにたどり着くことはありません。ビジネスのトレンドが変われば組織が変わり、組織が変われば求められる人材のスキルや経験も変わる。そうすると評価基準等も変わる。

ちなみにパートナーである私に求められていることは「イノベーションを起こし続ける組織を作ること」です。幹部メンバーの要求水準は高い!(笑)イノベーションを起こす事自体がとても難しいのに、自分で起こすのではなく、みんなで起こせる組織を作る、そしてイノベーションが継続的に起こり続けなければならないわけです。

今、私がこれをできているかはわからないのですが、パートナーにご指名いただいている以上はやらなきゃいけないし、やるしかない!目標は高いほどやりがいがあります。もし、そんな事ができる後輩が増えてきたら私が引退するときです。頑張りたいと思います。

さて、「この人と仕事をしたい」と思わせるもの、例えば、誠実性や熱意や向上心、それらについては不変的なものだと考えています。面接でも「人柄採用」と言ってしまえば簡単な事に聞こえてしまいますが、この点はとても重要です。

汐留パートナーズは、「誠実性」「熱意」「向上心」は変わらないスキルだと考えています。なので、これらが備わっていることを非常に重要視しています。他方で「姿勢」「第一印象」「顧客への姿勢」「主体性」というものは変わるのは難しいものの、変わることができるスキルと言われます。

面接では、この変わらないといわれるスキルというか人柄というか、それを大切にしています。この夏も税理士試験後に新たに経験者・未経験者を募集します。是非若くて頭の柔らかいスポンジのような方々に未来を託したいと思います。

▼まだ頭が柔らかい時の私(26歳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

うらやましくもあった出身大学の結束

先日は大学の同級生との食事会でした。私は北海道の大学なのでこちらにはあまり大学の同級生や先輩後輩がいません。ですので久々の集まりでとても楽しい時間を過ごせました。

東京に来たときは、監査法人や証券会社や経営者の皆様の出身大学が、慶応だったり早稲田だったり中央だったり(他にもたくさん)、なんだか、「仲間!」みたいなのがとても羨ましく思いました。

今でもひそかに羨ましく感じることもありますが、そろそろそんなものには負けることのない独自のポジションを主張できるようになってきたかなと思います(笑)

たくさんのお客様によくしていただいて、お仕事をお任せいただいていることに感謝しつつ、また、汐留パートナーズの皆のおかげで魅力的なお仕事を頂ける環境なので、とことんお客様とスタッフに恩返しせねばと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クラウド会計freee創業者の佐々木社長とのトークセッション

(出所:https://www.kaikei-meikan.com/?p=14826

2017年8月11日(土)開催の「会計事務所 就職・キャリア 大交流会2017!!」にて、クラウド会計ソフトfreeeの創業者 佐々木 大輔 社長とトークセッションをさせていただきます。

テーマは

「税理士や税理士を目指す若手が知っておくべきこれからの会計事務所のこと」

佐々木さんも私も36歳の松坂世代(又は広末涼子世代)ですww 恐縮ですが若手税理士や税理士受験生のみなさん必見の内容にします!!

イベントの詳細はhttps://www.kaikei-meikan.com/?p=14826をご覧頂ければと思いますが、

「会計事務所 就職・キャリア 大交流会2017!!」は、税理士受験生や税理士など会計事務所業界の方々のための就職・キャリアイベントです。「就職・転職」や「キャリア」をテーマに業界注目の成長中の若い会計事務所と交流や面接を行うことができます。

今後の業界を牽引する「成長中の若い会計事務所」の所長や従業員、他の会計事務所に勤務する人たち(税理士や税理士受験生など)と面接や交流を行うことができます。この1つの事務所に選んでいただき大変光栄です!(‘ω’)

【当イベントでできること】
・気になる会計事務所の所長やスタッフに話を聞く
 ⇒私も会場におります
・気になる会計事務所に面接をして貰う
 ⇒汐留パートナーズもすぐ面接させていただく所存です
・他の会計事務所の人(税理士受験生や税理士)たちと交流する
 ⇒これってなかなかないいい機会だと思います

(出所:https://www.kaikei-meikan.com/?p=14826

当イベントに出展しているのは「成長中の若い会計事務所」のみとのこと。弊社も選んでいただきありがたやありがたや。

気になる会計事務所があれば、面談ブースでじっくりと話を聞くことができます。その場で面接をお願いするのもOKですし、当日は話を聞くだけで「良さそうな会計事務所だな」と思ったら、後日、 改めて書類選考や面接をしてもらうこともできます。汐留パートナーズでも求職者の皆様の状況に応じて、柔軟に面接等を対応させていただきます。

カジュアルな雰囲気で交流することができ、今すぐ転職を考えてない人も、すぐ就職や転職をしたい人も、どちらも参加できるのが特徴です!

【当イベントに向いている人】

・会計事務所への就職・転職を考えている人
・いつか他の会計事務所へ転職をしようかと考えている人
・若い成長中の会計事務所に興味がある人
・他の会計事務所で働いている人たちの話を聞いてみたい人

今年は、平成29年8月8日から平成29年8月10日までが税理士試験です。受験生の皆さんは大変かと思いますが、全力を尽くしてほしいと思います。あと1ヶ月を切りました。ラストスパートです!8月11日会場でお会いできれば光栄です。どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近のSEO対策について

ビジネスの話

最近のSEO動向について個人的な感想を書いてみたいと思います。私公認会計士の中では相当SEO詳しいと思います(笑)今までちゃんと依頼したことがないというか、依頼した先のコンサルタントよりも自分の方が知見が上だと認識しています^^

被リンク重視のSEOはもう古くなった    

5年くらいまでは、SEOにおいてサイトへの被リンクの重要性が高かったと思います。今でも一定の価値はあるものの、近年被リンクの価値が下がってきています。これには被リンクを無差別に集めて一斉にリンクをする業者があまりに増えすぎたという背景があります。

リンクを集める方法には、有名ブログにコメントを書いて自サイトへリンクを貼ったり、トラックバックをスパムのように送ったり、あるいは強力なサイトからのリンクを購入することもありました。しかしこういったリンク売買が表沙汰になり、Googleがリンクの取引をしたサイトにペナルティを課すといった措置をとったのを契機にリンク自体の価値は下がっていきました。

今でもヤフーやグーグルなどのオーソリティと呼ばれている巨大サイトからの被リンクには一定の効果があります。しかし、一つリンクを貼ったぐらいではなかなか検索順位が上がらないということが多くなってきました。また中古でドメインを購入し、そのドメインに新しいコンテンツを入れて運用するという手法もありましたが、旧コンテンツと新コンテンツとの差が大きすぎる場合は悪質と判断され検索順位が上がらないとうい現象が起きるようになっています。

このようにSEOの変遷はSEO業者とGoogleとの戦いに原因があるといって良いでしょう。いずれにしても個人的な感想としては、Googleは全てのデータを蓄積し続けているので、「本当に人々のためになる良質なコンテンツが上位表示される」世の中に近づいていると思いますので、小手先のテクニックは通用しない時代が来ています。

文章の質の重要性が上がってきた 

SEOにおいて以前と比べて重要性が上がってきた要素がコンテンツ(文章)の質です。コンテンツの質を判断するのは人間ですので、主観的なものになりがちですが、Googleは客観的な指標を用いてコンテンツの質を評価しています。その指標の一つが文章の長さやユーザーの滞在時間です。コンテンツが長ければ長いほど良質とされ、ユーザーの滞在時間が長ければ長いほど良い文章であると判断されることが多いのです。

こういった理由から、最近はSEOで順位を上げようとするサイトオーナーは長文のコンテンツを提供するようになってきています。以前は千字以下のコンテンツが多かったのですが、最近は数千字から一万字に至るまでのコンテンツが増加しています。ただしあまりに文章が長すぎると、ユーザーが文章を読まずにページから離脱してしまうことがあり、長すぎると逆効果になる場合もあります。

この点、まだGoogleはただ文章が長いだけのコンテンツを上位表示するとすれば、ロボットはまだ人間には勝ててはいないわけですが、それも時間のうちでしょう。長くても見ずらい文章よりも、短くても読みやすくて有用な文章の方が上位に表示されることでしょう。

新しい情報ほど良いとされる傾向がある

ブログやサイトを運営している人ならわかりますが、古いコンテンツよりも新しいコンテンツの方が上位表示される傾向があります。これは古い情報よりも新しく書いた情報の方が質が高いとGoogleが判断しているからです。

しかし、実際は古い情報であっても価値が下がるとは限りません。現状では新しい情報が高く評価されていますが、今後はこの評価方法が変わるかもしれません。ただ、同じ内容であれば新しい情報の方がユーザーは相対的に信頼をおくと思いますので、上位表示されることでしょう。

本日は、SEO対策を個人的に独学で10年やっている公認会計士の独り言でした(笑)今は英語SEO対策をできる方や会社を探しています。もしいらっしゃいましたら是非ご紹介ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京にいるメンバーで大学の同窓会

東京にいるメンバーで大学の同窓会。15年ぶりの再開もありとても楽しい時間。中年6人でパンケーキ。

emは7月から土曜日の夜も営業し、また、26時まで営業しております。是非遊びにいらしてください。

汐留カフェ&ダイナー “em”

〒105-0021
東京都港区東新橋1丁目1番2号
アソルティ東新橋B1(地下1階)
TEL : 03-3569-3570

ランチ  11:30~15:00
カフェ  15:00~17:00
ディナー 18:00~26:00
日祝休(もちろん貸切はご対応)

URL : http://http://shiodome-em.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年税理士試験まであと1ヶ月を切りました!!

税理士受験生の皆さん勉強は進んでおりますか?汐留パートナーズ税理士法人からもたくさんのメンバーが税理士試験を受験いたします。日本一税理士試験を応援している事務所ではないかと自負しております。

今年の税理士試験まであと1ヶ月を切りました!!本当に早いですね。毎年3月15日までの確定申告、そして、3月決算の会社様の決算及び税務申告をご支援をしているとあっという間に5月が終わり・・・。そこから8月上旬までとにかく休みを取って勉強のラストスパートという感じです。

さて、今年2017年度の税理士試験の申込者数が発表されました。延べ4,870名の減少とのことです。ここ数年の申込者数減少の流れが止まりません。前年度と比較して7.1%の減少となりました。これは逆転の発想で「チャンス!」だと思います。最後まで頑張ったら栄光を勝ち取れるはずです。

【受験申込者数】
本年(平成29年度):41,242名/前年比93.6%・・・前年比2,802名の減少
昨年(平成28年度):44,044名

【受験申込者数(延べ人数)】
本年(平成29年度):63,440名/前年比92.9%・・・前年比4,870名の減少
昨年(平成28年度):68,310名

(出典:https://www.kaikei-meikan.com/?p=15238

最後まであきらめず頑張りましょう!試験後皆で慰労会をできるのを楽しみにしています!また試験後リクルートでは新しいメンバーとの出会いも心から楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ユビキタス社会の利便性と潜むリスク

ユビキタスって聞いたことがありますか?私は聞いたことがあってもよくしっくり来ていなかったので少し調べてみました。備忘録。

ITにおけるユビキタスとは?

ユビキタスとは、本来は偏在、いつでもどこでも存在することを表す言葉です。しかし、これがITの分野の言葉となると、一般的にユビキタス社会と呼ばれるような使われ方をします。その意味は、いつでも、どこでも、何でも、誰でも、コンピューターネットワークに繋がることにより、様々なサービスが提供されて、より世の中が豊かになる、またはそのように豊かになった社会のことを指します。

そして、2017年現在ではまさにユビキタス社会の到来とも言えるでしょう。スマートフォンの台頭に伴い、電波さえ届けばネットの利用が可能になり、SNSなどのサービスが登場し、顔も見たこともない人同士でのコミュニケーションを可能にし、人間の生活を実に豊かにしました。また、スマホなどの携帯情報端末以外にも、電車や自動車なども今ではネットワークにつなげ、人と者とのつながりも生まれるようになりました。そのうち、真のユビキタス社会として、スマホを使うだけで自動車を運転できるような社会が訪れるかもしれません。

ユビキタス社会の抱える問題とは

ユビキタス社会は昔と比べれば人間の生活をはるかに豊かにしました。ショッピングもネットでできますし、家の状況を家電などからチェックすることができるようになったり、ネットによる様々なサービスを受けることも実現不可能ではありません。しかし、このユビキタス社会における恩恵を受けられる人は実は限られてしまいます。

それはネットワークにつなぐ機器を使用できる人達に限り、高齢者などは通信機器などの知識があまりないので、ユビキタス社会についてくることができず、取り残されている現状です。今後、ユビキタス社会が発展していけば、余計に取り残されることになります。今後のユビキタス社会の成長のためにも、これは大きな問題となるでしょう。

また、ネットワークに詳しい人が増えることも問題を起こす可能性を秘めています。今や、私たちはネットがなくしては生きていけないといえるほど、ネットは生活に深く入り込んでいます。しかし、ハッキングやウィルスソフトなど、ネットワークを悪用するために使われている技術、モノなどがよりはびこることになれば、私たちの生活を破たんさせることもできると考えられます。

そのようなサイバー・テロの可能性もある以上、このままユビキタス社会だけが発展していくのは、大きなリスクを秘めていることだと言えるでしょう。しかし、世界の関心はもはやIT分野のユビキタスなので、そのような時代の到来は避けられないのかもしれません。。

便利になった反面、いつも監視されているような気もしますし、不安になることもありますね・・・。またITリテラシーの差が所得の差につながっていくような風潮も感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブイキューブのビジネス概要

ビジネスの話

本日はブイキューブがどのような会社でどのようなビジネスをしているのかについて。

ブイキューブは、当時慶應義塾大学の学生であった間下直晃氏が1998年に設立し(当時の会社名はブイキューブインターネット)、現在も社長を務めています。また、元Google副社長の村上憲郎氏、元日本アイ・ビー・エム会長の北城恪太郎氏およびミライト相談役の西村憲一氏が社外取締役として名を連ねています。素晴らしいメンバーです!

ブイキューブのサービスは、主に企業、教育機関、官公庁等に対して、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」使えるをコンセプトに、ユーザーのパソコン、スマートフォン、タブレット端末等のモバイル端末から、インターネットを通じて遠くの相手とお互いの顔や資料を共有しながら遠隔会議を行うWeb会議サービス、あるいはオンラインセミナー等に代表される、文字や音声だけでなく映像も含めたコミュニケーションサービスの提供です。

日本では東京に本社、名古屋、大阪、福岡に営業所を持ち、海外にはアメリカ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、中国、香港、台湾へ進出しています。

サービスの販売形態は、ブイキューブが世界各国に展開したサーバーにインターネットを通じてアクセスし、必要な時に必要な分だけサービスを利用するクラウド型サービス、サーバーごとにライセンスを販売し、顧客自身が管理・運用しながら利用するオンプレミス型サービス、そしてハードウェアとソフトウェアを一体とした販売形態であるアプライアンスが主な形態となっています。

主力サービスであるWeb会議サービスは、2016年3月にシード・プランニングから発行された「2016ビデオ会議 / Web会議 / 音声会議 / UC関連製品の最新市場動向」レポートにおいて、ブイキューブグループとして9年連続で国内でのWeb会議「ASP(クラウド)型」および同「ASP(クラウド)型+SI(オンプレミス)型」の分野におけるシェアNo.1を獲得しています。

今後は、Web会議およびテレビ会議によるワークスタイル変革だけではなく、教育、医療、金融およびロボティクスの4重点分野において様々なサービスと連携させ、システム利用料ではなくインフラ利用料としてパートナーと利益をシェアしていくビジネスモデルの構築を目指すと同時に、海外売上比率を40%に拡大する目標を掲げています。

海外売上高を拡大していくことは日本の企業にはハードルが高いものであったりしますが、是非果敢にもチャレンジをして日本企業として世界に打って出ていただきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シェアリングサービスとは?

ビジネスの話

本日はシェアリングサービスについて書いてみたいと思います。どんどんと世界中で広まってきているサービスです。出そろった感もあり、また、うまくいっているサービスもあれば、スケールしなかったものも出てきています。ファイナンスをしたもののうまく事業が伸長しないということも見えてきていて、やはり、マーケットが伸びる・伸ばせるという点をしっかりと取り組んだものが勝者となっています。

世界中で広まっているシェアリングエコノミー

「シェア」という書籍がベストセラーになったことからもわかるように、今世界中でシェアするというコンセプトが広まりつつあります。シェアは一つの物を複数の人々と分け合うという考えで、実は昔から多くの人が実践してきたことでした。

しかし近代に入り、モノが溢れる時代になったことから、人々は次々と新しいモノを生み出し、一人がオーナーになってモノを所有するという風潮ができ上がってしまいました。こういった時代の流れに逆らってできたのがシェアの概念であるといえます。シェアを行うことで、大勢の人が安価でモノやサービスを享受できるようになり、お互いにメリットを与え合う関係が築けることから急速に広がってきています。

なかにはモノを他人と共有することに抵抗感を感じて拒否する人もいますが、相対的に低い所得の人にとっては安価でモノやサービスを利用できることから受け入れられています。またシェアをすることによって、新たな出会いの場が生まれることもあり、コミュニケーションの場として再注目されているのも事実です。

Uberの台頭と日本への進出

このように欧米から始まったシェアの考えを応用したサービスにUberがあります。Uberは一言でいえば白タクです。つまり個人がお金をもらってカーシェアを行うことをいいます。アメリカではUberはかなり広がっており、主要都市であれば数分でUberの配車をしてもらうことができます。

またUberの運転手とのやり取りもIT化によって短時間で済ませることができるような仕組みになっています。今まで煩雑だった代金の支払や受け渡しがなくなり、全て顧客側のクレジットカードによる前払い制度が採用されています。

また顧客が運転手を評価する立場にあることから、運転手側もサービス精神を発揮して、車内に水を設置したり、好きな映画が見れるようにDVDプレーヤーを設置している車もあります。高級感のある黒い車を配車するワンランク上のサービスもあり、Uberを使えばお抱え運転手がいなくても良いような時代になってきています。

日本ではタクシー業界の法的な規制が厳しいことからなかなかUberは広まっていません。今現在は主に東京でUberが使えるぐらいで、料金も通常のタクシーよりむしろ割高になっています・・・。ただスマホで予約をするだけで、地図で指定した位置にタクシーが来てくれるメリットは多く、これからUberを利用する客がどんどん増えていくことが予想されます。

個人的には通常のUberが東京で使えればいいのに・・・といつも思います。

Airbnbの躍進と日本における問題点

もう一つの代表的なシェアを利用したサービスがAirbnbです。これはホームシェアとも呼ばれ、世界でものすごい勢いで広まっています。従来、遠出する際にはホテルを利用するのが普通でしたが、Airbnbのサービスが始まってからはホテルよりもAirbnbを利用する客が増加してきています。

またAirbnbの方が安価でサービスが良いこともあり、一部の安価なホテルの人気は下落しつつあります。こうした危機的状況からホテル業界も規制を強化しようと働きかけてはいますが、Airbnbで利益を獲得しようと部屋を貸し出そうとする個人は急増しており、もはやこの勢いはとどまる所を知りません。これからホテル業界は自らのホテルのしっかりとした差別化を図らない限り、苦しい戦いを強いられることになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5月6月は激動の月でした。

先日は海外在住の友人と久々再会して食事。昔から自分の事を知っているので恥ずかしい思いもあり・・・(笑)

5月6月は激動の月でした。色んなことがありすぎて久々パンクしそうになりつつ・・・でもいろいろな話を聞いてもらったので感謝!

7月1日からリスタート、下半期も頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る