汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

終戦記念日・「死んでも帰れぬニューギニア」から帰還

ww2-1.jpg

本日は終戦73年目です。毎年8月15日が来るたび祖父を思い出すようになりました。昔はそんなことなかったのですが。記録に残しておきたいと思います。

私の祖父、前川吉秋(故)は上記の写真のように徴兵され(野戦高射砲第73大隊:国武常利少佐)、ニューギニアに派遣されました。当時は北海道の釧路の近くの庶路という町におりました。

ニューギニアは非常に厳しい戦局を迎えていました。また、環境も劣悪であり、直接の戦闘のみならず、マラリア、アメーバ赤痢、デング熱、腸チフスなどの熱帯性の感染症と飢餓による栄養失調と餓死で、多くの日本兵が命を落としました。

当時の日本兵が「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」というほど、パプアニューギニアは本当に恐ろしい戦地だったとのこと。

日本軍は20万名以上がニューギニアの戦いに参加し、なんと生きて日本の土を踏んだ者は2万名に過ぎなかったと聞いて驚きました。10人に1人しか生き残れないなんて・・・。

もちろん当時20歳そこそこの祖父が生きて帰って結婚して父が生まれたからこそ、今の私があるわけです。そんな過酷な状況で生き残ったことにもきっと負い目を追っていたことでしょう。でもよく「死んでも帰れぬニューギニア」から帰還したなと思います。まだ生きていたら話を聞いてみたかったです。

私は、「争い」、「喧嘩」、「紛争」、「口論」などが大嫌いです。根っからの平和主義、誰かと誰かが喧嘩したり問題を起こしていると、その両方ともと距離を置きたくなってしまいます。そのくらい平和が大好きです。

もう二度と悲しい戦争が起きないでほしいですし、世界中の紛争もなくなることを祈っています。祖父は私が汐留パートナーズを創業した2008年に87歳で他界しましたが、以下の写真を見ると、なんとなく私に似ているような気がします。不思議です。

ww2-2.jpg

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5月生まれの友人誕生会

5月生まれの友人の誕生会で、昨日は久々に深酒してしまいました。主役にもたくさん飲んでいただきました。

お互いかつて見たことがない様な泥酔状態でしたが楽しんでくれた様子。たまには人に迷惑をかけない程度に、飲んで発散ってのもありでしょうか。改めてお誕生日おめでとう。

個人的には自分が祝われるというよりも、誰かをお祝いしたい年齢になってまいりました。しかしながら、そうはいっても、なんだかんだいくつになってもお祝いされて嫌な気持ちはしないのではないでしょうか。最近そんな気もしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京タワーと増上寺

IMG_20160620_140256

昔から東京タワーと増上寺の組み合わせが好きです。港区のきれいだなぁと思うスポットです。港区はかなり詳しいんです。

東京に来たばかりの頃は三田に住んでいたので夜によく散歩しながら東京タワーまで歩いてきたものでした。田舎者だからか、なぜか東京タワーを見ると頑張ろうという気持ちになれました。

最近の自分がビジネスを頑張るためのエネルギー源は、汐留パートナーズの皆の笑顔とか言葉ですね。また、お客様にすごく喜んでもらえた瞬間ですね。今日も1日頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

賢くないとお笑い芸人になれない

賢くないと継続して売れるお笑い芸人にはなれないと思われます。また、空気も呼んでいかねばなりませんし、業界での上下関係も大切にしていかないといけないでしょうし(笑)

事業と一緒で一瞬ヒットして売れることはできても「売れ続ける」ことはなかなか大変です。常に変化に対応しながら、新しいものを生み出してくイノベーションに対する貪欲さ。

チャンスがあればお笑い芸人の方とお知り合いになって、色々とお話を聞いてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

香港のシャティン競馬場にて競馬観戦

昨日12月10日(日)に香港のシャティン競馬場行われた香港国際競走の最後のほうだけ観覧しました。日本では競馬場に行ったことがないので、人生初めての競馬場が香港の競馬場になりました。日本の競馬場はとても混んでいるとのことで、香港は大きなレースにもかかわらずそれほど込んではいないとのこと。前の方までふらふらっと行って写真を撮ることができました。

日本人もたくさん来ていました。日本から競馬観戦ツアーで団体旅行を企画しているためとのこと。武豊騎手がスマートレイアーという馬に騎乗していまして、かなり至近距離で見ることができました。最後目の前を全速力で走り抜けるサラブレットを見れたのは良い機会になりました。

▼武豊とスマートレイアー(結果は12頭中5位)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

汐留パートナーズグループBBQの写真

良い写真を入手したのでアップします。

毎年の秋に差し掛かった頃に、汐留パートナーズグループではバーベキューを開催しています。汐留パートナーズでは、こうした楽しいイベントをたくさん企画しています。気兼ねなくお子さんを連れてきても一緒に楽しめるイベントでもあります。

今年も当日が雨予報で前日の夜まで決行できるかどうか不安でドキドキでした。

BBQでは家族や友人に会うときのプライベートなメンバーの素顔を知ることができます。普段、仕事という間口を通してしか知ることのできなかったメンバーが覗かせるプライベートな一面は、その人の意外な一面や人柄がにじみ出ていて、とても親しみを覚えます(^^)/

私たちのファームは、メンバーの単なるビジネス上の付き合いだけではなく、より深いレベルでの人間性や絆を重視しています。そして「従業員と家族の幸せを大切にします」という私たちのグループの経営理念と重なり合っていると思います。

こうして一致団結することでより良いサービスをお客様に提供できるのではないかと思います。これからも全力でお客様のサポートができるように精進いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

汐留パートナーズグループBBQ in 2017

先日汐留パートナーズ恒例家族バーベキューが行われました。会場は京浜島つばさ公園バーベキューエリアという初めてのところ。目の前が海のとても素晴らしい開場でした。心配していた天候にも恵まれまして最高のバーベキュー日和でした。

今年はemのメンバーも参加し、プロの料理人が参加したクオリティの高いBBQに!もちろん誰がBBQを焼いても焦げなければ同じ味になるのではと思うのですが(笑)お酒も肉も海鮮もたくさん食べました。

たくさんの家族が参加してくれてとても嬉しく思います。こうして支えられて我々は思いっきり仕事をすることができています。継続していきたいなと思うイベントの1つです。幹事浦崎君たちお疲れ様でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

部活動制度と昆虫採集部設立

汐留パートナーズには「部活制度」がありまして現在ゴルフ部などいくつかの部活が存在します(まだ数は多くないのですが)。

部活動制度の目的及びメリット
汐留パートナーズ全体で役職員が参加できる部活の制度化に関するものです。本制度の目的及びメリットは以下の通りです。
①汐留パートナーズの各事務所・事務所間での人材交流の良い機会になる
②役職員のモチベーションや仲間意識の向上、プライベートの充実
③汐留パートナーズの職員の有給消化率を高めていく
④土日だと家族や金銭的な事情によりできないことも平日であれば可能となる
⑤部活としてグループ公認とすることにより安心して活動できる

部活制度の概要(一部抜粋)
汐留パートナーズグループ全体で参加できる部活を承認制で発足します。
・5人以上で部が発足する
・パートナーの合議で部として活動して良いか承認する
・有給がないメンバーが欠勤扱いとならず有給マイナスとすることを制度として認めて新人も参加できるようにする
・部長が1名、部長は1人1つまでとする

この度、自然とふれあい、癒されることを目的とする「昆虫採集部」が設立されました。

【主な活動内容・アピールポイント】
昆虫採集には他では味わうことのできない感動と興奮がある。ターゲットを見つけ、捕らえる。この一見単純そうな行為には緻密な計画や高い行動性が求められる。私たちは林に分け入り、山を登り、川を渡り、野を超え、時にはキャンプをし、昆虫採集を行う。これらの経験の共有は一体感や信頼といった代えがたいものを得るために大いに役立つことだろう。少年時代のあの夏の日のような感覚が私たちを待っているのだ。部長:三宅

明日10月1日発足です。私も部員の一人なので時には自然と触れ合ってみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

別の人格となって表に現れる「解離性同一性障害」

解離性同一性障害は、wikipediaによると「解離性障害は、本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものである。」とあります。

かつては多重人格障害と呼ばれていたようです。ある人格が現れている時には、別の人格の時の記憶がないことが多い・・・生活面での様々な支障が出てきますね。あまりにもつらすぎる体験を自分自身から切り離そうとするために起きてしまう一種の防衛反応のようです。

最近見たテレビドラマ「愛してたって秘密はある」(日本テレビ)の主人公である福士蒼汰が二重人格、かなり重い症状のようなので解離性同一性障害であるという最終回でした。また豊田真由子議員が「違うだろ、この、ハゲ~っ!」と罵声を浴びせた事案も、本人の謝罪会見を見る限りは、自分の思うようにいかない時にヒステリックになってしまう一種の解離性障害なのではと思ったりします。

物事には色々な見方があると思います。私たちが見ている月の裏側が違う顔をしているように。例えば何かの障害を抱えている人がいた時、その障害についてもし知らなければ、きっとすごくその人に対してネガティブな印象を持ってしまうことでしょう。しかしながら、障害を持ちながら一生懸命頑張って何とか歯を食いしばって活躍しているとすれば、それは称賛に値することでしょう。

真実は我々にはわかりませんし、知る必要もありませんが、豊田議員には小学生のお子さんがいらっしゃるとか。家族や利害関係者はきっとつらい状況だと思うので、広い心をもって日々生きていきたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クラシックコンサート

本日はクラシックのコンサートにお伺いしてきました。あまり芸術等に触れる機会がない私ですが、休日に良き癒しの時間を頂きました。以前クリスマスに代表社員の税理士佐藤に第九を聞くため連れていってもらって以来です。4年ぶりとかです。なかなかきっかけがないと能動的に動けないものです。

思い返せば、今までクラシック音楽、美術、骨董等にも触れる機会はすごく少なかったです。泥んこになりながら遊んで走って、その後大学に進学して会計士になった人生でした。会計士になってからもお酒、麻雀、ゴルフが三種の神器と、芸術からは程遠い道を歩んでまいりました。

ベーシックインカムが当たり前の時代にもしなっちゃうと、芸術やエンタメがメインの時代になるのかもしれません。そんな時代が本当に来るのかはわかりませんが^^;
職業柄色々な分野の方々とお会いすることは多いはずなので、何事にも関心を持っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る