汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

札幌出張でおもてなしを受ける

昨日は札幌にて内田洋行ITソリューションズ様のフェアで講師を務めさせていただきました。内容としては建設業関連の助成金のお話でした。

帰りにお土産で1個2000円?を超えるスープカレーや2個2400円のコーンビーフ等初めて見る高級品を頂きました。

夜は蟹がストップするまで山盛りにされてこぼれる謎の卵焼き899円(美しくはない)など、、北海道の食品・飲食業界も「ただ新鮮な食材を提供しておけばいいだろう」という発想から脱却しあの手この手で攻めているなと感じました。

道民なのに最近東京からのお客さん度が高まっているなと感じます(笑)これから東京に戻ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インドネシアのジャカルタへ出張

来月はインドネシア出張があります。行先は首都ジャカルタです。ジャカルタはインドネシア最大の都市で総人口958万人、ただし、近郊を含む都市圏人口は3120万人と東京都市圏に次いで世界第2位とのことです。

こんなことを言っては怒られるかもしれませんが、シンガポール、クアラルンプール(マレーシア)、バンコク(タイ)、ホーチミン・ハノイ(ベトナム)など、東南アジアの国の有名な首都と比べ、インドネシアはバリのイメージもあり、正直ジャカルタってどんなところなんだろうって感じです。

歴史含め全然私はジャカルタの事がわかっておりません。第2次世界大戦で日本がインドネシアのほぼ全域を占領して、その間の1942年に日本軍政当局がバタヴィアをジャカルタと改称したため、その名称は現在に至っているとのことです。

日本軍が降伏したのち、あのデヴィ婦人(デヴィ・スカルノ)の旦那さんであるスカルノ氏がは1945年8月17日にジャカルタでインドネシア共和国の独立を宣言したとのこと。スカルノ氏はインドネシア共和国初代大統領になりました。

どんな出張になるのか、また、少しだけでも観光をできればと思います。ガンビル駅に隣接する独立記念広場の中心にあるモナス(独立記念塔)くらいは見てきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

沖縄での充実した2日間

昨日は那覇に飛びまして沖縄での事業に関する打ち合わせでした。札幌からのいったん東京、そして沖縄とかなりハードな1週間です。1週間の間に札幌と沖縄に行ったので体が疲れているような・・・でも意外と大丈夫なんです。社内のどの若手よりも体力があると自負しております(笑)

沖縄では、東京から一緒に言ったメンバーと、そして、沖縄メンバーと色々と語り合い、これから沖縄事務所がさらに大きくなるのを確信。東京と沖縄でよいコラボレーションができれば最高です。

本日は沖縄事務所で初めてお会いする新メンバーにもご挨拶ができました。お仕事中お邪魔しました(笑)とても良い沖縄2日間となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成29年度税制改正についてのセミナーを開催

昨日は内田洋行ITソリューションズ様の札幌フェアの中で平成29年度税制改正についてのセミナーを開催させていただきました。そしてそのあと懇親会もご一緒させていただきました。皆様ありがとうございました😄

終電という概念がまるでないかのようにずっと飲み続けている札幌の方々を心から尊敬します(笑)誰しもが何とかタクシーで帰れる札幌の環境は最高ですね。本日帰京します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

台湾旅行について

出張・旅行

昨日のブログで、社員旅行について書きましたが、私が台湾に行った時の感想をご紹介します。台湾は安全で食事もおいしくて日本から近くて社員旅行にはもってこいの海外です。

上記の写真の九份は有名です。千と千尋の神隠しと同じような雰囲気が味わえる不思議な街ですが、実際にはこちらの街は映画とは関係がないのだとか。映画の公開後は台北旅行の定番コースになっています。台北から車で1時間ほどの場所です。とても不思議な気持ちに浸れました。

その他、国立故宮博物院はやはり有名です。フランスのルーブル美術館、アメリカのメトロポリタン美術館、ロシアのエルミタージュ美術館と並んで、なんと世界四大博物館の1つです。

故宮博物院はとても広くて見切れないくらいでした。ここには蒋介石が中国から持ってきた財宝があります。中国何千年の歴史がここにあるので、とても素晴らしい博物館ですね。中国からすると財宝がたくさん台湾に持ってこられてしまったということで色々な思いもあるようですが。。

また台湾にも行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年社員旅行目的地選定中

出張・旅行

ただいま2017年の社員旅行の目的地を選定中です。汐留パートナーズでは社員旅行の目的地を、毎年いくつかの候補地の中から投票で決めることとなっています。

候補地がある程度定まらないと決められないのと、会社の旅行という性質上安全性や予算を考慮し、複数の候補を絞った上で投票して頂く形となっています。

今年の候補地は、箱根、札幌、台湾などです。2016年は沖縄、2015年はグアム、2014年は草津、2013年は沖縄でした。

さて、今年の社員旅行はどこが目的地になるのでしょうか。たのしみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1泊2日で徳島県の先祖のお墓参り

ちょっと前に1泊2日で徳島県の先祖のお墓参りに行ってきました。先祖のひいおじいさんは、100年以上前に徳島県上勝町から船に乗りはるばる北海道に開拓にきたので、このお墓にはひいおじいさんのお父さんより昔の先祖が眠ってます。1750年くらいまでは確認できました。

私の苗字の前川は、本当に「家の前に川があったから」前川になったようです。もう物置しかない先祖の家の土地は森になってまして、前にきれいな川が流れてましたので水を飲んできました笑。心の洗濯のためにもこういうまったりした時間も大切にしたいと思います(^^)先祖に感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールに滞在中。

出張・旅行

シンガポールはもう5回目くらいなのですが、毎回何かしら新しい発見があります。また、以前から知っていても再確認ができることがあります。今回はUberでシンガポールを移動しておりましたが、Uberのドライバーと話をしている中で現地の事情が分かる会話がありました。

Uberのドライバーがたくさん稼いでいるとは思えないのですが、そのUberのドライバーは650スクウェアフィート(約60㎡)のマンションを購入したという話をしていました。「家族で住んでいるんだ~」と。なんとその金額が2,200,000シンガポールドル(日本円で約1億7600万円)!

日本で60㎡で1億7600万円のマンションなんて、港区の一部にあるかないか、あっても超超高級マンションでしょう。ということでなぜ彼がこのマンションを買えたのかはわかりませんが、そのくらいマンションが高いということがわかります。

東京の不動産は都心部でも表面利回りが4%台にまで落ちていますが、シンガポールや香港などでは2%くらいまで落ちているとすれば、東京の不動産は外国人からするとまだまだ買いなのかもしれません。個人的には高いなぁと思いますが・・・。

本日深夜便で東京に戻ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誕生日を迎えました。

おはようございます。先日誕生日で36歳になりました。お祝いのメッセージありがとうございました。私は酉年なので2017年さらに飛躍の一年にしたいと思います。飛べない鳥ではなく飛べる鳥になります(笑)

昨日深夜にコンサルティング業務で黒住と山口とシンガポールに入っております。シンガポールはいつ来てもすごい都市国家だなぁと感じます。小池知事が東京を改革しようとしていますが、シンガポールは都市国家ゆえ、東京が1つの国になったような感じです。正確にいうと東京でも山手線の中と少しだけ外側までが1つの国家となっている感じでしょう。

シンガポールの発展は、建国の父「リー・クアンユー」がいたからこそでしょう。リークアンユーがもしいなければ、現在のような経済発展をシンガポールが遂げることはなかったといっても過言ではありません。シンガポールが他の東南アジアと差がない位の経済レベルにとどまっていた可能性は十分にありえます。

シンガポールは1980年代には世界の工場として発展を遂げました。そして、その後1990年代にはIT化の波にいち早く乗りさらなる発展を遂げました。現在シンガポールは1人当たりのGDPで日本を超えるほどの発展をしています。

2017年も頑張ります!数日のお仕事の後20日には東京に戻りますので、皆様にはご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お隣の国「韓国」に来てみて。

韓国はソウルに来ております。汐留パートナーズはお客様に韓国企業がたくさんありますし、焼肉も大好きですし、日本からとても近い国ですし、たまに訪れたいと思う国です。今回は3回目のソウル、前回は5年前東日本大震災後にきましたので久々の韓国です。

ところが、今回韓国をまわっていて感じましたのが何とも言えない閉塞感です。。。私は韓国を悪くいうつもりはなく、むしろ人生において素敵な韓国の方々との出会いが多かったのもあり、ダイバーシティ(多様性)を大切にして生きています。汐留パートナーズもそのような会社であってほしいと、いつもメンバーにも話をしています。汐留パートナーズにも韓国人スタッフもいますし、汐留パートナーズのお客様にも韓国企業もたくさんあります。

さて、先日エキサイトニュースに以下のニュースがありました。

『文部科学省所管の統計数理研究所が2013年10~12月に行った国民性調査(20歳以上の男女3170人対象)で、「生まれ変わるなら日本と外国のどちらが良いか」という質問に対し、20代の73%が「日本」を選んだ。これは60%に届かなかった前回(2008年)の調査より上昇しており、日本をポジティブにとらえる若者世代が増加していると分析できる。一方、韓国はというと、市場調査会社マクロミルエムブレインのトレンドモニターが今年1月21~27日にアンケート調査(満19~59歳の男女1000人対象)を行ったところ、61.1%が「韓国に生まれ変わりたくない」と回答した。』
レコードチャイナ 2016年11月28日 09時30分 (2016年12月1日 00時01分 更新)

これを見て驚きました。韓国の数字、かなりつらい結果だと思います。

・朴槿恵大統領の退陣を求める20万人規模のデモが発生し支持率は歴代最低の5%にまで低下
・韓国の企業格差は日本とは比べものにならないくらい大きく、中小企業は財閥系大企業の賃金の6割程度しかもらえない様子
・コネが極めて重要で若い方々が将来に対する夢を持てない状況にある
・韓国の国民が抱えている財閥への恨みがとても大きい様子

日本のお隣の国韓国から学ぶことは良くも悪くもたくさんあると思います。

日本が良くなると韓国も良くなる。韓国が良くなると日本も良くなる。日本が韓国のことを好きになると韓国も日本のことが好きになる。そんな理想かもしれないようなポジティブなスパイラルに両国が向かっていければいいなと切に願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る