HOME 》 その他経営全般 》 今後も活躍の場が広がる「視能訓練士」とは?

今後も活躍の場が広がる「視能訓練士」とは?


視能訓練士は「Orthoptist(オルソプティスト)」と言われ、国家資格の1つです。視能訓練士は人の視力回復をはかることで、健全に日常生活を送れる様にサポートをする仕事をします。

一般の看護師とは違うスキルを持っているので、眼科において医師を支える重要な役割をしています。 本日は、国家資格であり需要が高い視能訓練士についてご紹介いたします。

1.視能訓練士の資格の内容

視能訓練士とは、視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査や超音波、電気生理学、写真の撮影検査などの視能検査の実施及び、斜視や弱視の訓練治療にも関わっている医療技術者です。

お子さんから高齢者の方まで、幅広い眼科の患者さんの視能検査に携わる専門職です。大きく分けて眼科診療に係わる視機能検査全般である眼科診療に係わる視機能検査全般、斜視、弱視などの訓練指導を行う視能矯正分野、集団検診視機能スクリーニングを行う検診業務分野、視力低下者のリハビリ指導を行っています。

視能訓練士は、「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格となっています。年に一回実施される視能訓練士国家試験に合格する事によって取得できます。視能訓練士国家資格は、東京と大阪の二会場で、毎年二月の下旬に実施される事が多いです。

2.視能訓練士の仕事内容

視能訓練士は、何らかの事情により視力障害がある人に対して、様々な検査を行ったり訓練や指導に携わります。眼科を訪れた患者に対して、視力障害の原因を調べるために、医師の指示の元に「視力・眼圧・屈折・視野」等の検査を行います。検査には医療機器を使用しますので、捜査の正確性が求められます。 検査の結果、医師が弱視や斜視等の診断をして、視力回復訓練が必要とされた場合、視能訓練士が矯正訓練を行います。

また、糖尿病や緑内障などの疾患により視力障害が起きている患者に対しては、症状の進行を最低限に抑えたり、生活の質を維持させるために補助器具の使用について指導を行います。 子供の眼の病気に関しては早期発見・治療が大切ですので、クリニック内だけはなく集団検診も行います。乳幼児健診や学校や職場での健康診断、老人医療施設での検診等で、医療活動を行います。

3.視能訓練士のやりがいと就職先について

人にとって「見える」ということは毎日の生活において重要なことです。見えることで行動ができる様になり、生き生きとした毎日が送れる様になったという患者の声を聞くとやり甲斐を感じます。

視能訓練士が働く場所は眼科だけではありません。最近流行りのレーシッククリニックや、視力回復センター、高齢者施設等で働くことができます。 また、視能訓練士の養成学校等で教育に携わることもあります。特に高齢者の多くは視力障害を生じることが多く、現在のところ視能訓練士の需要は増える傾向があります。現在では視能訓練士の数が不足している為に、就職先に困るということはまずありません。

4.視能訓練士になるには

視能訓練士になる方法としては、2通りあります。最も一般的なのは、4年生大学か3年生以上の専門学校で、視能訓練士の養成コースを修了した後に、国家試験を受験するという方法です。 もう一つは短期大学で2年以上所定の科目を履修した後、国から指定された視能訓練士養成所に1年以上通った後に、国家試験を受験するという方法です。

視能訓練士の仕事は高齢者や子供を相手にすることも多く、技術の他にコミュニケーションスキルも必要になります。患者の検査を行うだけではなく、見えることの素晴らしさを感じさせる様に接する能力も大切です。

5.視能訓練士国家試験の受験方法

視能訓練士国家試験を受験する資格を得るには、高校卒業後の場合は3年以上、短大卒及び看護学校卒の場合は1年以上の、日本全国に25校ある視能訓練士養成施設で専門的な知識や技術を学び、卒業または修了する必要があります。

また、外国の視能訓練士の学校を卒業した場合でも、日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると、厚生労働大臣が認定した場合には、国家試験の受験資格を得る事ができます。

国家試験の試験科目及び試験方法は、基礎医学大要・基礎視能矯正学・視能検査学・視能障害学及び視能訓練学となっています。 平成27年度の視能訓練士国家試験の合格率は、94.0%となっています。国家試験の内容は、全て視能訓練士養成機関で学んだ内容の中から出題されますので、毎年おおむね8割から9割の高い合格率を誇っています。そして、合格のための特別な予備校などに通わなくても合格することができます。

6.資格の取得メリットとは

昭和46年に「視能訓練士法」が制定されてから、2013年の時点で10879名の視能訓練士が色々な場所で活躍しています。斜視、弱視だけでなく幅広い一般眼科での視能検査を実施するようになり、今では多くの医療機関で活躍できるようになりました。

視能訓練士の主な勤務先は、国立医療センター、国立・公立・私立大学病院、公立医療機関、公立・私立病院、眼科診療所などとなっており、幅広い医療期間で活躍できる医療専門職となっています。また、今後も活躍の場が広がる事が期待されており、さらなる就職先が開ける可能性も高いといえます。

クリニックの開業や運営についてお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。独立開業や経営支援の経験が豊富な汐留パートナーズの公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁護士、司法書士、行政書士等がワンストップで精神誠意お手伝いさせていただきます。


 

クリニック経営.com 汐留パートナーズグループ

  • クリニック開業支援
  • 経理・税務申告支援
  • 経営アドバイザリー・コンサルティング
  • 人的資源仮支援
  • 各種法人の設立・経営支援
  • 相続・事業承継支援
  • M&A(合併・買収)支援
  • 医業経営・医療に関する法律相談
  • 無料法律相談実施中

 

お問い合わせ

医院・病院が溢れる昨今、医者という肩書きだけで開業が成功することが難しくなってきております。独立開業や経営支援の経験が豊富な汐留パートナーズの公認会計士、税理士、社会保険労務士等が、医院・クリニック開業に必要な手続きから事業計画の作成、資金調達まで、ワンストップで精神鋭意お手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

お電話で03-6228-5505メールフォームでこちらから
「クリニック経営.comを見た」と
仰っていただけますと、スムーズです