汐留パートナーズ

東京港区のワンストップ・コンサルティング・グループ|会計事務所,法律事務所,社労士事務所,行政書士事務所,海事事務所

日本語English中文
  • お問い合わせ
  • アクセス
汐留パートナーズグループ
  • 汐留パートナーズ株式会社
  • 汐留パートナーズ税理士法人
  • 汐留パートナーズ法律事務所
  • 汐留社会保険労務士法人
  • 汐留行政書士法人
  • 汐留司法書士事務所
  • 汐留海事法務事務所
  • 汐留特許商標事務所
  • 汐留プロパティ株式会社
  • CEOブログ
  • 汐留パートナーズ税理士法人スタッフのブログ
  • 汐留社会保険労務士法人スタッフのブログ
  • 汐留パートナーズ税理士法人 沖縄事務所のブログ
  • 汐留司法書士事務所 所長ブログ&コラム
  • 代表弁理士 林裕己 所長ブログ&ニュース
  • ニュースレター
  • 採用・求人情報|税理士事務所・会計事務所
  • スタッフ・インタビュー
  • セミナー・メディア情報
  • IFRS(国際財務報告基準)業務
  • 汐留パートナーズ 各種サービスWebサイト
関連サービス
  • ファンド設立.com
  • 決算・開示代行
  • 連結納税.com
  • 飲食業支援.com
  • クリニック経営
  • IT企業支援.com
  • 節税対策.com
  • 国際税務.com
  • 相続手続.com
  • 税金還付.com
  • 遺族年金
  • 障害年金
  • 年末調整.com
  • セカンド・オピニオン
  • 外国人会社設立.com
  • 日本進出支援.com
  • 香港会社設立なら香港進出支援.com
  • シンガポール進出支援.com
  • インド進出支援.com
  • ハワイ進出支援.com
その他関連サイト
  • 汐留カフェ&ダイナーem
  • 東京汐留相続サポートセンター
  • 創業融資支援.com
  • Amazon Service Provider
  • One-stop Outsourced Accounting & Law office
  • 納税管理人・出国税のことなら汐留パートナーズ税理士法人
  • 法人保険・節税対策のことなら株式会社汐留総合研究所
  • 芸能人・スポーツ選手の為のプライベート税務顧問サービス
  • 汐留米国公認会計士事務所
リブセンスインタビュー
グループインフォメーション
東京港区(新橋/汐留)の若手税理士・公認会計士・弁護士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士等を中心とした専門家集団
  • ■汐留パートナーズ株式会社
  • ■汐留パートナーズ税理士法人
  • ■汐留パートナーズ法律事務所
  • ■汐留社会保険労務士法人
  • ■汐留行政書士法人
  • ■汐留海事法務事務所
  • ■汐留プロパティ株式会社
汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1-7-10 汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら





google sitemap
トップイメージ

不正・不祥事の第三者調査業務(第三者調査委員業務)

 企業や官公庁、地方自治体、独立行政法人あるいは大学、病院等の法人組織(以下、「企業等」という)において、犯罪行為、法令違反、社会的非難を招くような不正・不適切な行為等(以下、「不祥事」という)が発生した場合、当該企業等の経営者ないし代表者(以下、「経営者等」という)は、担当役員や従業員等に対し内々の調査を命ずるのが、かつては一般的でした。しかし、こうした経営者等自身による、経営者等のための内部調査では、調査の客観性への疑念を払拭できないため、不祥事によって失墜してしまった社会的信頼を回復することは到底できません。そのため、最近では、外部者を交えた委員会を設けて調査を依頼するケースが増え始めております。
 当グループの弁護士・公認会計士は、不正・不祥事の第三者調査業務に関する経験が十分にあることから、当該業務もご対応が可能です。

第三者調査委員会を設置する目的

一般的に第三者調査委員会を設置する目的としては以下が挙げられます。

・不祥事が発生した企業が独自に行った社内調査を第三者調査委員会が検証することで、社内調査の信頼性を担保する。
・弁護士、公認会計士等の専門家が、企業から独立した客観的な立場から不祥事の実態解明や原因究明を行う。
・企業が行うべき是正措置について外部専門家から客観的・専門的な意見を入手する。
・第三者調査委員会の調査結果に基づいた是正措置を実行し、不祥事に対する適切な対応を取ることで社会的信頼の回復を図る。

第三者調査委員会の構成に弁護士と公認会計士が多い理由

 第三者調査委員会の構成に弁護士と公認会計士が多い理由としては、一般的には以下の項目に関する法律的・会計的な検討が行われるため、専門的な知識や経験が求められるためです。

・会計不正の実態(取引や行為の違法性、財務諸表への影響、不正発生の手口、不正実行者、不正関与者など)
・会計不正の発生原因(動機、内部統制、コーポレートガバナンス、コンプライアンス体制、企業風土など)
・不正実行者、不正関与者の責任(経営責任含む)
・再発防止策(内部統制の見直し、悪しき企業風土、コーポレートガバナンス、コンプライアンス体制等の是正措置など)

    

企業等不祥事における第三者委員会ガイドライ

 2010年7月15日に日本弁護士連合会から公表された「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」において、第三者調査委員会がよりどころとすべき指針が挙げられています。

1.不祥事に関連する事実の調査、認定、評価についての指針
・調査スコープ等に関する指針
・事実認定に関する指針
・評価、原因分析に関する指針
2.説明責任についての指針(調査報告書の開示に関する指針
3.提言についての指針
4.第三者委員会の中立性、独立性についての指針
5.公的機関とのコミュニケーションに関する指針
6.企業等の協力についての指針

このガイドラインに従い第三者調査委員会は、調査を行い報告をすることとなっています。

    

第三者調査委員会調査報告書

第三者調査委員会による調査報告書の例を挙げると以下のとおりです(目次抜粋)。


第三者調査委員会 調査報告書(例)

【本件調査報告書について】
第1 当委員会の概要
1 設置の経緯及び目的
2 構成
3 調査期間、調査対象及び調査方法
第2 会社の概要
第3 不適切な会計処理の概要及び修正方針
第4 不適切な会計処理が行われた原因
1 不適切な会計処理を招いた要因
2 コンプライアンス意識の不足
3 組織構造の問題
4 監視・監督制度の機能不全
5 会計に関する知識の不足
6 事前の検討不十分な投資意思決定及びその後のフォロー活動
第5 再発防止策の提言
1 原因行為の再発防止策等
(1)はじめに
(2)原因行為の共通する発生要因とその再発防止策
2 コンプライアンス意識の啓蒙
3 組織構造を含むコーポレートガバナンスの構築
4 内部監査及び監査役監査の実効性確保
5 会計処理に関する十分なスキルを有する人員の確保及び継続的教育
6 慎重な投資意思決定
第6 総括