会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都港区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

カテゴリー「相続関係」の記事一覧

【相談事例】相続した土地につき、共有持分の住所更正登記と相続登記手続き

共有者が亡くなったので相続登記をしたい 足立区の不動産持分を相続されたので、その名義変更をしたいというAさんからご相談をいただきました。 登記簿を確認すると、Aさんが持分2分の1、Bさん(Aさんの夫)が持分2分の1という […]

, ,


2017/08/07 相続関係

未成年の子の相続放棄と利益相反

未成年の子と相続放棄 人が亡くなると、その亡くなった人(被相続人といいます)の法定相続人が被相続人の財産に関する権利義務を承継します。 財産に関する「権利義務」とあるとおり、法定相続人は被相続人の不動産や預貯金などのプラ […]


東京汐留相続サポートセンターのサイト開設

相続手続き専門サイトを開設しました 最近、当所に相続に関するご相談をいただくことが増えてきております。 相続に関する情報を多くの方に知ってもらい、それをもって円満な相続が増えるように、この度相続専門サイトを開設しました。 […]

,


毎年2月は「相続登記はお済みですか月間」です。

相続登記はお済みですか月間 日本司法書士会連合会と各都道府県の司法書士会では、毎年2月を「相続登記はお済みですか月間」と定め、相続登記の手続きを促す啓発活動の一環として、相続登記に関する無料相談会を開催しています。 >> […]

,


合同会社の相続による社員変更登記

合同会社の社員は死亡により退社する 合同会社の退社事由として、社員の死亡があります(会社法第607条第1項)。つまり、合同会社の社員が個人であった場合、当該個人は死亡したときに退社することになります。 死亡した社員の相続 […]

,


2016/11/10 相続関係

父の相続を放棄をしたあとに、その父(祖父)の財産を相続すること

相続放棄をしても代襲相続できるか 甲さんには父である乙さんと、甲さんの祖父である丙さん(乙さんの父)がいたとします。 甲(25歳) - 乙(50歳) - 丙(80歳) 先に乙さんが亡くなり、その後丙さんが亡くなった場合、 […]


2016/10/06 相続関係

養親・養子のどちらか一方の死亡後に離縁したい

養子縁組の解消 (普通養子縁組のお話です) 養子縁組はしたけれども、何らかの理由により養子縁組を解消したいときは、養親と養子の協議に基づき合意の上で養子離縁届を市区町村に提出・受理をされれば養子縁組を解消することができま […]


2016/09/07 相続関係

養子に行った子にも相続権があるか

小さい頃に養子として引き取られた子 父が亡くなったので父が生まれたときからの戸籍を取り寄せたところ、生まれてすぐ養子として引き取られた子(私の兄に当たります)がいることが分かりました。私は一度も会ったことがなく、兄がいる […]


遺言でできること、記載例(生命保険金の受取人変更)

法定遺言事項 遺言には、(基本的には)何でも記載をすることはできますが、遺言によって法的効力を持たせることができる事項は法律で定められています。この法的効力を持たせることができる事項を法定遺言事項といいます。 法定遺言事 […]

,


遺言の検認

公正証書遺言以外の遺言は、家庭裁判所の検認が必要です 遺言には主に、次の3つの形式があります。 ・自筆証書遺言 ・公正証書遺言 ・秘密証書遺言 このうち、自筆証書遺言と秘密証書遺言は、その遺言を保管していた人や発見した相 […]


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階

会社設立代行