会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都港区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

タグ「合同会社」の記事一覧

2017/11/02 商業登記関係

合同会社の公告方法は官報?電子公告?それぞれのメリットを比較する。

合同会社の公告方法と登記事項 公告方法は、合同会社の登記事項とされています。 そのため、合同会社は次の3つのうちから公告方法を選択する必要があり、どれも選択しなかったときは自動的に「官報に掲載する方法」が当該会社の公告方 […]

, ,


2017/08/15 商業登記関係

1日で(即日)株式会社を設立することができますか?

株式会社の設立手続き まず、結論から申し上げますと条件が揃いましたら、ご相談いただいた日に株式会社の設立登記申請をすることが可能です。 株式会社を設立するには、次の作業が必要となります。 印鑑証明書などの書類の準備 会社 […]

, ,


2017/04/28 商業登記関係

組織変更の手続き(有限会社から合同会社へ)

組織変更 div 要素に囲まれた部分がボックスになります! 会社法第2条によると、組織変更とは、その組織を変更することにより株式会社が合名会社、合資会社又は合同会社となること、あるいは合名会社、合資会社又は合同会社が株式 […]

, ,


2017/03/30 商業登記関係

合同会社の剰余金を資本金へ組み入れる

合同会社の資本金と剰余金 合同会社には資本準備金・利益準備金がありません。金銭出資、現物出資に関わらず出資された額は、基本的には資本金となりますが、資本金として計上しなかった額は資本剰余金となります。 3億円の出資をして […]

,


2017/02/20 商業登記関係

合同会社の社員は全員登記簿に載るか

合同会社の登記事項 合同会社の登記事項のうち、社員に関するものについては次の3つがあります。 合同会社の業務を執行する社員の氏名又は名称 合同会社を代表する社員の氏名又は名称及び住所 合同会社を代表する社員が法人であると […]

,


2017/02/02 商業登記関係

合同会社の職務執行者の選任方法

合同会社の業務執行社員が法人であるとき 株式会社の取締役と異なり、合同会社の業務執行社員や代表社員には法人が就くことができます。しかし、業務執行社員が法人となったとき、その法人自体は実際に合同会社の業務を(物理的に)行う […]

,


2016/12/30 商業登記関係

合同会社の持分全部譲渡による社員の変更

持分を既存社員以外の人に全部譲渡 合同会社の社員は、基本的には他の社員の全員の承諾を得ることによってその持分の一部または全部を譲渡することができ(会社法第585条第1項)、持分の全部を譲渡したときは当該社員は退社すること […]

,


合同会社の相続による社員変更登記

合同会社の社員は死亡により退社する 合同会社の退社事由として、社員の死亡があります(会社法第607条第1項)。つまり、合同会社の社員が個人であった場合、当該個人は死亡したときに退社することになります。 死亡した社員の相続 […]

,


2016/11/20 商業登記関係

組織変更の手続き(株式会社から合同会社へ)

組織変更 会社法第2条によると、組織変更とは、その組織を変更することにより株式会社が合名会社、合資会社又は合同会社となること、あるいは合名会社、合資会社又は合同会社が株式会社となることをいいます。ここでは、株式会社が合同 […]

,


2016/11/08 商業登記関係

合同会社の代表社員が外国法人であるときの表記

合同会社の代表社員 株式会社にはその代表者として代表取締役という役職がありますが、それに相当するものとして合同会社には代表社員という役職があります。 株式会社の代表取締役とは異なり、合同会社の代表社員は個人だけではなく法 […]

, , ,


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階

会社設立代行