会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都港区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

事務所ご案内

about09

◆事務所概要

事務所名汐留司法書士事務所
[英文名:Shiodome Judicial Scrivener Office]
代表者石川宗徳(司法書士・相続診断士)
事務所設立2015年8月1日
所在地〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階
電話03-6228-5505(グループ代表)
※汐留司法書士事務所のHPを見たとお伝えください。
URLhttp://shiodome.co.jp/js/(汐留司法書士事務所)
http://shiodome.co.jp/souzoku/(東京汐留相続サポートセンター)
事業内容会社設立
商業・法人登記
不動産登記
相続・遺言サポート
成年後見
所属団体東京司法書士会
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート
一般社団法人相続診断協会
一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター
不動産稲門会

◆当事務所の強み

その1.会社・法人登記を専門としています。

当事務所には会社・法人登記について高い専門性、多くの経験・知識があると自負しております。

実は、司法書士にもそれぞれ得意分野があります。不動産の登記や裁判業務を得意とされている司法書士が多い中、当事務所は会社・法人登記に特化しています。不動産登記は他の司法書士に依頼をしていて、会社・法人登記だけ当事務所にご依頼いただいているクライアント様もおります。

現在も東京都港区というビジネスの中心地にて、日々多種多様な会社・法人登記、会社法関連業務を行い経験を積んでいます。

その2.渉外登記を得意としています。

渉外登記とは、外国国籍の方あるいは外国企業の方が関与する登記手続きです。日本に住所を有しない方が会社を設立したり、不動産の取引等を行う場合は、宣誓供述書(affidavit)等の特殊な書類が必要となります。当事務所では英語によるメール対応、日英バイリンガル表記による文書作成の対応も可能です。

その3.英語、中国語、韓国語、日本語で対応できるグループです。

当事務所が所属する汐留パートナーズグループには、英語、中国語、韓国語が話せるスタッフがおります。英語しか話せない方、中国語しか話せない方のご相談にも対応させていただくことが可能です。

その4.様々な問題にワンストップで対応できるグループです。

汐留パートナーズグループは、司法書士・税理士・公認会計士・弁護士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士等を中心とした専門家集団です。個人クライアント様の生前対策、遺言サポート、相続手続きサポート、法人クライアント様の会社設立から事業承継等のご相談も、法律の観点からのアドバイスに留まらず、税務・労務・VISA取得や行政への届出等の様々な面からトータル的なアドバイスをすることができます。

その5.親切、丁寧にご納得されるまで説明します。

クライアント様が手続き内容・費用・メリット・デメリットをご理解・ご納得された上で手続きを進める、という当たり前のことを大切にしております。費用やデメリットを隠したまま手続きを進めることはありません。
 

ご相談、お見積りは無料

ご相談、お見積りは無料とさせていただいております。手続き内容や費用にご納得いただいた場合のみご依頼ください。ご相談後に、ご相談いただいた手続きは不要だったということも多くあります。お気軽にご相談ください。
 

◆事務所アクセス

  • ・JR線「新橋駅」銀座口より徒歩1分
  • ・地下鉄銀座線・浅草線「新橋駅」より徒歩1分
  • ・地下鉄大江戸線「汐留駅」より徒歩2分

汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階

会社設立代行