TOP >シンガポール税金 > シンガポールの会社の法人税率・税金納付について

シンガポールの会社の法人税率・税金納付について


シンガポールに進出するメリットの1つに、シンガポールが非常に低税率であることがあげられます。以下、シンガポールの法人税率・税金納付についてについてご紹介します。

1.シンガポールの法人税率

シンガポールでは、法人所得税の税率が徐々に下がってきており、現在は17%となっています。シンガポールは中小企業にとって多くの税の恩恵を受けることができる魅力的な国です。

以下の要件を満たす新設のシンガポール法人は、最初の3年間は100,000SGDまでの課税所得は免税となります。

・シンガポールにて設立された法人であること
・シンガポールの税務上の居住であること
・株主が20名以下であること
・少なくとも1名が10%以上の株式を保有していること

同時に全てのシンガポール法人は、設立時期に関係なく、年間で最初の300,000SGDまでの課税所得については8.5%の税率となり、それを超える分について17%となります。また、シンガポールでは地域によって税率が異なるようなことはありません。1つの都市国家として地方税がないため、国税のみが課税されます。

2.シンガポールの法人税の納付方法

シンガポールにおいては、インターネットバンキングか、GIROかによる納付を行います。GIROとはシンガポールで用いられる銀行口座振替制度です。なお納付は、1回払いか分割払いかになります。

もしシンガポール会社設立やシンガポール進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのシンガポールビジネスに詳しいコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • シンガポール進出の形態
  • シンガポール法人設立サービス
  • サービス内容
  • シンガポール人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がシンガポールでビジネスをするに当たっては、まずはシンガポールで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、シンガポールでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー