TOP >シンガポールその他 > シンガポールのカジノについて

シンガポールのカジノについて


本日は、シンガポールのカジノについてご紹介いたします。

1.リゾート・ワールド・カジノ

シンガポールはカジノで有名というイメージがありますが、実は2カ所しかありません。その一つがセントーサ島にある「リゾート・ワールド・カジノ」です。セントーサ島はシンガポールの南側に位置する島ですが、島といっても歩いて行けるほどの距離にあるリゾートアイランドです。島には遊園地や水族館などがあるほか、ホテルもあり東南アジアから来た観光客でにぎわっています。

そんなセントース島に2010年にできたのがリゾート・ワールド・カジノです。このカジノの特徴は24時間営業であるということで多くの人で1日中にぎわっています。セントーサ島はリゾート地ですので、カジュアルにカジノを楽しめることも多くの人を引き付けているようです。

カジノといえば厳しいドレスコードがあることで知られていますが、リゾート・ワールド・カジノは素足が見えないことや、サンダルを履いていないことなどの制限はありますが、Tシャツなどを着ていても基本的には入れるという、気軽さがあります。行われているカジノは一般的なもので、ルーレットやブラックジャック、ポーカー、スロットなどです。

2.マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ

そして二つ目は「マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ」です。マリーナベイサンズは3棟のホテルがあり、それらの屋上がつながっているという世界的に例を見ない建物です。そしてその屋上には宿泊者専用のプールがあり、空中でプールに入ってくつろげるという特徴があります。

このマリーナ・ベイ・サンズにあるのがマリーナ・ベイ・サンズ・カジノです。このカジノは少し高級な位置づけですので、カジュアルな服装では入場できず上着を着る必要があります。行われているカジノの内容は、リゾートワールドカジノと同じで一般的なものです。マリーナ・ベイ・サンズはとても評判の良いホテルで、しかも割安で宿泊できるという特徴がありますが、カジノが主な収入源になっているといわれています。

またシンガポールには華僑がたくさんいますので、中国人が沢山遊びに来ます。こうした中国人の富裕層を沢山取り込んでいます。そしてシンガポールのカジノは外国人は無料で入れますが、シンガポール人は入場料が必要です。

シンガポールにビジネスや旅行で訪れる人もたくさんいると思いますが、掛け金を決めて遊んでみるのも良いかもしれません。その時は一人で行くのではなくカジノ経験者と行ってみて遊び方を教えてもらいながら挑戦してみるのも一興です。

もしシンガポール会社設立やシンガポール進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのシンガポールビジネスに詳しいコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • シンガポール進出の形態
  • シンガポール法人設立サービス
  • サービス内容
  • シンガポール人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がシンガポールでビジネスをするに当たっては、まずはシンガポールで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、シンガポールでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー