TOP >シンガポールその他 > シンガポールとアメリカの関係

シンガポールとアメリカの関係


シンガポールは、アメリカとの関係が非常に深い国とされています。特に冷戦時代にシンガポールとの関係が強化されたことにより、軍事的な部分でも強い国になっています。また経済でもアメリカとの協力関係が強くなっており、発展している背景にもアメリカが関連しているとされています。

シンガポールは多くのサポートをアメリカから得て、さらなる国家の発展を行っています。本日は、シンガポールとアメリカの関係についてご紹介いたします。

1.軍事の部分では覚書を締結している

アメリカは、シンガポールとの間で覚書を締結しており、これによって軍事協力が行えるようになっています。ただシンガポールには、軍事装備を作ることのできる力があまりないため、武器を購入していることが多いといわれます。その代表的な国としてはアメリカであり、シンガポール軍の多くは、アメリカ軍の武器を採用しています。

シンガポールは色々なものをアメリカから提供してもらうことにより、自国の防衛はもちろんのこと、特に近年は中国を意識しての防衛対策を進めています。海洋進出を強めている中国に対して、防衛できる力を持っていたいという意向もアメリカにはあるようなので、そのためにシンガポールに武器などの配備が強化されていることもあります。

2.経済はアメリカが投資したことで変化してきた

昔からアメリカは、シンガポールに対して若干の投資をしていたのですが、治安が改善して以降は更に投資額を増加し、徐々にシンガポールの発展を促せるようにしました。その結果、シンガポールは現在のように、東南アジアでは非常に発展している国となりました。アメリカ企業などのシンガポール進出もたくさんあり、さらにアメリカからの資金流入は加速しています。

シンガポールに投資をしているのは他の国でも同様ですが、アメリカは多くの投資を行ってきたことからシンガポール経済に対して非常に強い影響力を持っています。シンガポールは現在も変わらずに成長を遂げています。

3.インターネット分野での協力関係

サイバー攻撃のように、これからの時代では対応しなければならないインターネット上の事案も多くなっています。シンガポールはアメリカと協力して、サイバー攻撃から両国が守れるようにする仕組み、そして更なるセキュリティシステムの構築を目指しており、この分野においても協力関係にあります。

インターネットの分野においては、シンガポールも非常に優れた部分を持ち合わせているので、アメリカとの協力体制は世界のインターネット上の治安という意味でもとても重要だといえます。

もしシンガポール会社設立やシンガポール進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのシンガポールビジネスに詳しいコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • シンガポール進出の形態
  • シンガポール法人設立サービス
  • サービス内容
  • シンガポール人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がシンガポールでビジネスをするに当たっては、まずはシンガポールで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、シンガポールでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー