TOP >シンガポールとミャンマーの関係

シンガポールとミャンマーの関係


シンガポールに近いミャンマーは、つい最近まで軍事政権となっており、民主化に非常に大きな壁がありました。そうした状態の中、シンガポールとミャンマーは、軍事政権の時代からつながりがあります。特に多方面でのつながりを持つシンガポールは、ミャンマーに経済的にも投資をしている他、移動手段なども確保しています。本日は、シンガポールとミャンマーの関係についてご紹介いたします。

1.軍事的に若干のつながりを持っていた

シンガポールは武器の修繕を行うことができる企業等が存在するため、軍事的にもミャンマーにとってはプラスの存在となっていました。アメリカから制裁を受け、武器を手に入れることができなくなったことから、元々持っていた武器を直してもらうなどして対応してもらっていました。これによって、ミャンマーはシンガポールと直接関わりを持つわけではなく、間接的に関係を持っていました。

その後軍事政権は終了して、これから民主主義によって生まれ変わることが予想されるミャンマーは、シンガポールとは軍事的関連ではなく、経済的な関係を強めることを望んでいます。ミャンマーから見ると、これまで多少なりともつながりを持っていたことで、今後の信頼できるパートナーとしてシンガポールをとらえています。

2.経済的にもシンガポールは投資をしていた

ミャンマーは、軍事政権時代に非常に世界的にも厳しい状況となっていたため、パートナーとして中国が中心となって投資をしていましたが、シンガポールも投資を行っていました。シンガポールとしても、ミャンマーの資源は重要なものであり、これが失われると自国の経済に影響が出るものと考えていたためです。したがってシンガポールは、割と早い段階からミャンマーへの投資を強めて、多くの金額を提供していました。

投資金額はさすがに中国には及びませんが、かなり大きな金額を出していたことがわかっています。それだけシンガポールは、ミャンマーを良いパートナーとして、そして資源的に重要な国として考えています。

3.航空会社が移動手段を確保している

シンガポールとミャンマーは、飛行機を利用して互いに移動できるようになっています。シンガポール航空や、ミャンマーの航空会社などが、1日1便程度の少ない本数ではあるものの、互いに飛行機による移動手段を確保して、人が移動できるようにしています。

シンガポールの航空会社、そして周辺で利用されている会社が多く関わっていることで、ミャンマーへの移動はシンガポールからは比較的簡単にできるようになっています。意外とシンガポールからミャンマーへ入ることが容易なので、日本からもミャンマーに移動する際にはシンガポール経由はよく使われます。

もしシンガポール会社設立やシンガポール進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのシンガポールビジネスに詳しいコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • シンガポール進出の形態
  • シンガポール法人設立サービス
  • サービス内容
  • シンガポール人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がシンガポールでビジネスをするに当たっては、まずはシンガポールで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、シンガポールでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー