TOP >シンガポールの法律事務所・弁護士について

シンガポールの法律事務所・弁護士について


シンガポールは相当な発展を遂げている国です。町並みもどんどん変化しています。同時に色々な犯罪行為も急増しており、犯罪を防止するために必要な措置を取らなければなりません。そのような事情から検察のみならず、弁護士の業務に関して重要性が高まってきています。本日は、シンガポールの法律事務所・弁護士についてご紹介いたします。

1.新しいロースクールの開校へ

シンガポールでは、従来まで2つのロースクールによって弁護士の育成を行い、弁護士の資格を取れるようにしていました。しかし人員不足から3つ目のロースクールを創設することとなりました。シンガポールでは、さらに弁護士の数を増やし、法律事務所の数を増やしたいと考えているためです。

シンガポールの弁護士はかなり不足していると言われておりましたので、犯罪を犯していた人の弁護をする弁護士も不足しているほか、法律事務所も多忙で厳しい状態となっていました。このような状態を解消するためには新しいロースクールの設立と人材の育成はとても重要でした。

2.弁護士自体はかなり増えている

上述の新しいロースクールの存在によって、弁護士は1000人近く増加したとされており、弁護士は5000人弱にまで達するようになりました。しかし、シンガポール全土をカバーできるほどの人数は足りていないので、今後も弁護士を増やすための対策を講じる必要はあるようです。

3.日本の弁護士事務所も開設している

シンガポールでは、シンガポール国内で開設されている法律事務所もありますが、日本の事務所がシンガポールに支所を作るような形で開設している場合もあります。日本から赴任した弁護士がシンガポールに関する情報を発信したり、現地でシンガポールの弁護士を採用するなどの方法で日系企業のサポートを行っています。

今後はそうした法律事務所が増えることも予想されています。シンガポールはまだまだ弁護士が足りていないため、各国の弁護士がシンガポールに進出することで法務面での支援体制を構築していくというのも1つの方法となっています。

もしシンガポール会社設立やシンガポール進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのシンガポールビジネスに詳しいコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • シンガポール進出の形態
  • シンガポール法人設立サービス
  • サービス内容
  • シンガポール人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がシンガポールでビジネスをするに当たっては、まずはシンガポールで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、シンガポールでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー