相続診断士 石川宗徳の相続コラム

遺言を作るなら公正証書遺言で決まり?公正証書遺言の3つのメリット

遺言を書く人は年々増えています。

遺言には主なものとして「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」がありますが、公正証書遺言を推奨している士業専門家が多いと思いのではないでしょうか。

このコラムでは、公正証書遺言のメリットについて紹介しています。

公正証書遺言とは

遺言の作成方法として、公正証書遺言があります。

公正証書遺言とは、証人2人以上の立会いの下、遺言者が遺言の内容を公証人に口頭で伝えることにより、公証人がその内容で作成する遺言のことをいいます(民法第969条)。

遺言者と証人が、遺言の内容を確認した後に各自これに署名捺印をします。また、公証人も公正証書遺言の方式に従って作成した旨を付記して、遺言書に署名捺印をします。

公正証書遺言の3つのメリット

多くの士業専門家が遺言を作るなら公正証書遺言の方式を勧めているのには、やはりその理由があります。

当センターでも遺言作成のご依頼をいただくときは、どうしても自筆証書遺言や秘密証書遺言の方式での作成を望まれる場合を除き、公正証書遺言での作成をお勧めしております。

 

文字が書けない人でも作成可能

公正証書遺言は、遺言者が遺言内容を公証人に口述する方法により作成しますので、文字を書くことができない人でも作成をすることができる遺言です。

文字を書くことができない人にとっては、公正証書遺言の大きなメリットとなります。

1.遺言が無効となるリスクが少ない

公正証書遺言の作成には公証人という法律のプロが関与するため、遺言自体が要件不備により無効となる可能性は非常に低くなります(自筆証書遺言は押印が無ければ無効等の要件があります)。

また、公証人が遺言の内容も確認するため、遺言の内容が明確ではないことを理由に無効となる可能性は非常に低くなります(自筆証書遺言や秘密証書遺言では、例えば不動産を特定できないために無効となる可能性があります。)

2.偽造や変造されるリスクが少ない

公正証書遺言の原本は公証役場に保管されるため、遺言書の原本を偽造変造される可能性はありません。

公正証書遺言の謄本が偽造変造される可能性は非常に低く、もし偽造変造されたとしても、疑わしい場合は原本を確認することができますので、偽造や変造を見破ることができます。

原本が公証役場にあるため、謄本が無くても公証役場で検索することができますので、他の遺言に比べ相続人が遺言のあることを発見してもらいやすいという点もメリットです。

3.遺言の検認手続きが不要

自筆証書遺言と秘密証書遺言は、遺言者が亡くなった後に家庭裁判所の検認手続きが必要です。

家庭裁判所の検認手続きとは、家庭裁判所に遺言を提出して、相続人が指定された日に家庭裁判所に集まり、そこで一同の前で遺言を開封する手続きのことをいいます。

公正証書遺言においてはこの検認手続きが不要であるため、相続発生後に相続手続きをスムーズに行うことができ、相続人に自筆証書遺言等のような負担を強いることがありません。

 

この記事の著者

司法書士/相続診断士
石川宗徳

代表司法書士・相続診断士 石川宗徳 [Munenori Ishikawa]

1982年4月生まれ。早稲田大学法学部卒業。
司法書士・相続診断士。東京司法書士会所属
(会員番号:7210、簡易裁判所代理業務認定番号:801263)

2009年から司法書士業界に入り、不動産登記に強い事務所、商業登記・会社法に強い事務所、債務整理に強い事務所でそれぞれ専門性の高い経験を積む。

2015年8月に独立開業。2016年に汐留パートナーズグループに参画し、汐留司法書士事務所所長に就任。会社法及び商業登記に精通し、これまでに多数の法人登記経験をもつ。

また不動産登記や相続関連業務にも明るく、汐留パートナーズグループのクライアントに対し法的な側面からのソリューションを提供し、数多くの業務を担当している。

東京汐留相続サポートセンターでは
相続手続き遺言成年後見など、
相続に関する様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ土日祝日対応可能

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階


電話でお問い合せ

メールでお問い合せ