司法書士 石川宗徳の相続コラム

カテゴリー「相続人」の記事一覧

2018/04/03 相続人

養子は、養親の実子の相続人になることはあるのでしょうか。

相続人の特定は、相続という場面において非常に重要です。 相続人を間違ってしまったまま遺産分割協議をしてしまうと、後で遺産分割協議がやり直しになってしまいます。 相続人調査のため戸籍を見ていると、被相続人が養子縁組をしてい […]

2017/11/27 相続人

相続人の確定は超重要!代襲相続人について確認しよう。

相続人が誰であるのかは法律で定められています。 遺産分割協議には相続人全員が参加する必要がありますので、相続人が異なっていたときは手続きを一からやり直さなければなりません。 子や親、兄弟姉妹が相続人となることは知られてい […]

認知症の方が遺留分減殺請求権を行使する方法

配偶者、第1順位相続人及び第2順位相続人には遺留分が留保されています。 遺留分が侵害されたときは、遺留分減殺請求権を行使することができ、遺留分に相当する相続財産を取得することが可能です。 このときに、遺留分を侵害された相 […]

,

2017/10/25 相続人

虐待をした相続人は遺産を相続できない? – 相続人の廃除 –

虐待をしている推定相続人には自分の財産を渡したくない、そう考える方も少なくないのではないでしょうか。 一方で、人が亡くなったときにその人の財産を誰が相続するかは法律で定められています。 虐待をした人も遺産を相続することが […]

2017/10/10 相続人

母の介護をしていた長男夫婦は遺産を多くもらうことはできるか

民法では誰が相続人となり、その相続分はどれくらいかが定められています。 相続人のうち1人だけが被相続人の介護をした場合、その介護をした分は相続分に反映されるのでしょうか。 このコラムでは、相続人が被相続人を介護をした場合 […]

2017/10/03 相続人

養子の子が養親の代襲相続人となる場合、ならない場合

孫は代襲相続人となり得ます。 しかし、それが養子の子であった場合はどうでしょうか。 実は、養子の子が養親の相続人となるケース、ならないケースがあります。 このコラムでは、養子の子が養親の代襲相続人となる場合、ならない場合 […]

,

2017/09/29 相続人遺言

あなたの看護をしてくれている子の妻は相続人とならないことをご存知ですか?

親と長男夫婦が同居をしていて、長男が仕事で忙しいため長男の妻が、長男の親の看護をするというケースがあります。 あるいは同居していなくても、長男の親が一人暮らしあるいは入院をしていて、その看護を定期的に長男の妻がするという […]

, ,

2017/06/01 相続人

子でもあり、孫でもある人の相続分 – 相続資格の重複 –

1回の相続において、相続人の資格が2つある人がいるケースがあります。 相続人の資格が重複したときは、その相続人の相続分はどうなるのでしょうか。 このコラムでは、相続人の資格が重複したときの相続分について紹介しています。 […]

2017/05/08 相続人

当然に相続資格を失ってしまう5つの行動 – 相続欠格 –

法定相続人は被相続人の財産に関する権利義務を承継することができますが、法定相続人であれば誰もが誰も遺産を相続することができるわけではありません。 一定の行為をした相続人は、相続人となることができません。 このコラムでは、 […]

,

東京汐留相続サポートセンターでは
相続手続き遺言成年後見など、
相続に関する様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ土日祝日対応可能

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都中央区銀座7丁目13番8号 第二丸高ビル4階


電話でお問い合せ

メールでお問い合せ