相続人調査・財産調査

相続人の確定は、相続手続きの第一歩

被相続人の財産に関する権利義務は、その死亡の時に相続人に承継されます。

法律により相続人になると定められている人を法定相続人といいます。

>>>法定相続人と相続分

相続人の確定の方法

相続人の調査・確定は、戸籍を集めることにより行います。

具体的には、被相続人の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍、法定相続人の現在の戸籍を集めます。

この一連の戸籍を読み取ることにより、配偶者の有無、実子・養子の有無、直系尊属の生存や兄弟姉妹の有無などを確認し、誰が相続人であるのかを確定します。法定相続人が死亡しているときは、代襲相続人の有無などについて確認をします。

 

相続人の確定は慎重に

相続人の確定を間違ってしまうと、せっかく終わった遺産分割協議もやり直すことになってしまいますので、確実に行わなければなりません。

戸籍の収集は大変

生まれてから亡くなるまでの戸籍は、被相続人がずっと同じ市区町村内に本籍があった場合はその市区町村役場で全て取得することができますが、多くのケースでは転籍を数回しており、何箇所かの市区町村役場で取得しなければなりません。

当センターの相続人確定サービス

当センターでは、相続人の方に代わり次のようなサービスを提供しております。

 

1.戸籍の収集

相続人を確定するために必要な戸籍を収集します。

1つの市区町村役場で全ての戸籍が揃うことはほとんどありませんので、何箇所もの役場に郵送で請求します。全て集まるまで、3週間~4週間程度の日数がかかります。

この集めた戸籍は、その後の相続手続きで使用することができます。

 

2.相続人の確定

集めた戸籍を読み解き、相続人を確定させます。相続のプロが確認をしますので、前妻との子や非嫡出子、養子など、戸籍を読むことに慣れていない方が見過ごすポイントも見逃しません。

相続人が確定しましたら、各相続人の法定相続分を算出します。

 

3.家系図の作成

確定した相続人が分かりやすいように家系図にします。

 

相続財産の調査も併せて行いましょう。

相続財産とは、亡くなった方が亡くなった時に所有していた財産をいいます。この財産には、負債も含まれます。

>>>相続財産・負債について

当センターの財産調査、相続財産目録作成サービス

当センターでは、次のようなサービスを提供しております。

 

1.不動産の登記簿謄本や名寄帳の取得、預貯金の残高証明の取得など

ご自宅やその他所有不動産の登記簿謄本の取得、名寄帳の取得、通帳やカードのある金融機関に残高証明の請求等を行い財産の確認を行います。

 

2.個人信用情報機関やカード会社への調査など

請求書や預金通帳等から負債の調査をします。個人信用情報機関へ問い合わせをし、借入金等の有無の確認を行います。

 

3.相続財産目録の作成

調査した財産と負債について、相続財産目録の作成をします。

相続人調査・財産調査の費用

相続人調査の費用 3万円(+税)~

財産調査の費用 3万円(+税)~

※別途実費が発生します。

東京汐留相続サポートセンターでは
相続手続き遺言成年後見など、
相続に関する様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ土日祝日対応可能

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階


電話でお問い合せ

メールでお問い合せ