相続財産・負債

相続財産とは

相続財産とは、亡くなった方(被相続人といいます)が、亡くなった時に所有していた財産のことをいいます。

相続財産は、一般的には法定相続人がその割合に応じて相続をします。

>>>法定相続人と相続分 

相続財産の調査はお早めに

相続放棄(相続発生から3ヶ月)や相続税の申告・納付(相続発生から10ヶ月)には期限があります。これらの手続きや遺産分割協議には相続財産の把握が必要となりますので、相続財産の調査は早めに済ませておくことは非常に大事です。

相続財産にはマイナスの財産(負債)も含まれます。

相続財産には、プラスの財産だけではなくマイナスの財産も含まれます。

マイナスの財産の一例として、借金や保証人としての地位、未払いの税金や医療費等が挙げられます。マイナスの財産の把握は、相続放棄や限定承認をするかどうかの判断材料となりますので、できるだけしっかりと把握した方がいいでしょう。

相続財産の一例

 

プラスの財産

  • 不動産・・・自宅、宅地、店舗、貸家、貸地、農地など
  • 不動産に関する権利・・・借地権、定期借地権、地上権など
  • 動産・・・自動車、宝石、貴金属、骨董品など
  • 金融資産・・・現金、預貯金、有価証券、株式、貸付金など
  • その他・・・ゴルフ会員権、著作権など

不動産の調査

不動産、特に土地は1つに見えて登記が複数あるケースがあります。また、課税明細書などには非課税不動産や共有名義の不動産が記載されないことがあります。名寄帳を取得すると、そうした漏れを防ぐことができます。

 

マイナスの財産

  • 借金・・・借入金、ローン、買掛金など
  • 未払金・・・未払の税金、未払の費用、未払の医療費など
  • 保証債務

負債の調査

負債の調査は、通帳の履歴や請求書、契約書などから分かることがあります。その他に、個人信用情報機関(JICC、CICなど)を利用して確認する方法もあります。

 

相続財産に該当しないもの

  • 生命保険金(受取人指定されているもの)
  • 墓地、仏壇など祭祀に関するもの
  • 身元保証債務
  • 扶養請求権 など

相続財産目録の作成

相続財産の把握ができたら相続財産目録を作成します。

相続財産目録により相続財産を明確にできますので、相続放棄をするか否かの決定をしやすくなり、また相続財産目録は遺産分割協議を行う際の資料ともなります。

相続税の申告が必要なケースでは、相続税の申告の際に財産目録を添付しなければなりません。

 

東京汐留相続サポートセンターでは
相続手続き遺言成年後見など、
相続に関する様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ土日祝日対応可能

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階


電話でお問い合せ

メールでお問い合せ