生命保険金の請求

生命保険とは

生命保険とは、主に被保険者が死亡したときの保障することを目的とする保険であり、被保険者が死亡すると受取人は保険金を受け取ることができます。

契約者と被保険者が同一の人である場合、死亡保険金は相続税の課税対象となります。しかし、受け取る死亡保険金のうち一定の金額は非課税となります。

生命保険の非課税額

生命保険の非課税額は、「500万円×法定相続人」となっています。

 

生命保険金の請求には時効があります。

保険会社は、受取人から請求をしないと保険金を支払ってはくれません。

この生命保険金には時効があり、被保険者が死亡してから3年以内に請求をしないと、この請求権が時効によって消滅してしまいます。

時効によって消滅する前に、生命保険金の請求を忘れずにしましょう。

生命保険金の請求

 

生命保険に係るプレイヤー

生命保険契約には、契約者、被保険者、保険金の受取人が登場します。

契約者は保険会社と契約をして保険料を支払う人、被保険者は保険の対象になっている人、保険金の受取人は保険金を受け取る人のことをいいます。

受取人が「契約者本人」または「相続人

保険人の受取人が、契約者本人または相続人となっている契約では、相続人全員で遺産分割協議を行った後でなければ保険金を請求をすることができません。

 

契約内容と納める税金

契約者、被保険者、受取人が誰になるかにより、課税される税金が異なります。

契約者
被保険者
受取人
税金の種類
相続税
相続税
所得税
贈与税

請求するときに必要となる書類

保険金を、生命保険会社に請求するときに必要となる書類は、一般的には次のとおりです。

各保険会社によって必要となる書類が異なる可能性がありますので、事前に保険会社に確認をしてください。

  1. 各社所定の支払請求書
  2. 保険証券
  3. 死亡診断書
  4. 被保険者の戸籍(除籍)謄本
  5. 受取人の戸籍謄本
  6. 受取人の印鑑登録証明書

 

東京汐留相続サポートセンターでは
相続手続き遺言成年後見など、
相続に関する様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ土日祝日対応可能

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階


電話でお問い合せ

メールでお問い合せ