司法書士 石川宗徳の相続コラム

タグ「相続放棄」の記事一覧

2018/07/10 相続放棄

相続放棄をするときは、相続放棄をした結果どうなるかを理解してからしましょう

相続放棄をすると、相続放棄をした相続人は、その相続に関しては初めから相続人とならなかったものとみなされます(民法第939条)。 自分が相続放棄をした結果こうなるだろう、と考えていても、実はそうではなかったということがあり […]

,

2018/06/06 相続放棄

相続人の1人が認知症です。相続放棄をするにはどうすればいいでしょうか

父が亡くなり、母と長男である私、そして妹が相続人となりました。 父には多額の借金があり、私と妹は相続放棄をしようと思っています。 状況的には母も相続放棄をすることがベストだと考えていますが、母は認知症です。 母が相続放棄 […]

,

2018/05/08 相続人

相続人の1名が相続放棄をした場合、他の相続人に何か影響はありますか?

  人が亡くなった時に、その人の財産を誰が相続するのか、そして各相続人の相続分はどれくらいかは民法で定められています。 相続発生後に、相続人の構成が変わることがあります。 その一つとして、相続人が相続放棄をする […]

, ,

2017/11/21 相続関係

特定の相続人に自分の財産を相続させたくないという悩みを解決できるか

自分が亡くなったときに、自分の財産を誰が相続するのかは理解しました。 しかし、その人には自分の財産を相続して欲しくはありません。 このようなニーズがあるときに、何か解決方法はあるのでしょうか。 このコラムでは、特定の相続 […]

, ,

被補助人、被保佐人、成年被後見人が相続放棄をする方法

相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになります。 そのため、被相続人に債務(借金)が多いときは相続放棄をするというのも選択肢の一つとして挙がってきます。 相続放棄をするには行為能力と意思能力が必要とされていま […]

,

2017/11/02 相続放棄

相続放棄と相続分の放棄が違うものであることを知っていますか?

相続放棄の手続きをすれば、相続放棄をした相続人は最初から相続人ではなかったことになります。 相続放棄と似たような言葉で、相続分の放棄があります。 相続放棄と相続分の放棄、言葉は似ていますがこの2つの手続きとその効果は大き […]

2017/10/20 相続放棄

相続放棄は3ヶ月以内にしなければなりません…これっていつから3ヶ月?

相続放棄は3ヶ月以内にしないとならないことは、もしかしたら3ヶ月という期間を知っている方も少なくないかもしれません。 この3ヶ月という期間はいつから数えて3ヶ月以内のことを指すのでしょうか。 このコラムでは、相続放棄をす […]

相続放棄をした人がいるときの、相続登記の必要書類

不動産を相続した人は、その登記簿の名義を自分へ変更する手続きを行います。 この名義変更を相続登記といいます。 相続登記に必要な書類は、それぞれの相続のケースによって異なります。 相続人の中に、相続放棄をした人がいるときは […]

,

2017/09/24 相続放棄

遺贈を受けることになりました…。遺贈を放棄することはできますか?

自分の財産を、遺言によって相続人以外の人(法人含む)にも分けることができます。 この行為を遺贈といいます。 遺贈は、相続人に対しても行うことができます。 遺贈を受けた受遺者は、必ず遺言の内容のとおり当該財産を受け取らなけ […]

,

2017/08/10 相続放棄

相続放棄を考えている人必見!放棄ができなくなってしまう行為とは

相続放棄は、自分のために相続が開始したことを知った時から3ヶ月以内(熟慮期間といいます)にしなければなりません。 そして、一度単純承認をすると、熟慮期間中であっても以降相続放棄をすることができなくなります。 単純承認とい […]

,

東京汐留相続サポートセンターでは
相続手続き遺言成年後見など、
相続に関する様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ事前予約により土日祝日対応可能

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都中央区銀座7丁目13番8号 第二丸高ビル4階


電話でお問い合せ

メールでお問い合せ