汐留社会保険労務士事務所 若手スタッフによるブログ
汐留社会保険労務士事務所の若手スタッフが人事・労務・起業・法務・経営などについてお役に立つ情報を、楽しく・分かりやすくお伝えしていくブログです。

汐留社会保険労務士事務所の若手スタッフが人事・労務・起業・法務・経営などについてお役に立つ情報を、楽しく・分かりやすくお伝えしていくブログです。

2017年2月23日

entry.gif少し変わった料理。

皆様、初めまして。
先月1月に入社致しました山口と申します。

人生初のブログということで何を書こうか迷いましたが、年明けに行った少し変わった料理屋のことを書かせていただければと思います。

ずばりその料理とは「ジビエ料理」です。
ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉のことです。天然物は筋肉が引き締まり、栄養価も高いそうです。

お店では普段中々目にすることのないメニューばかりで何を注文してよいか迷いましたが、まずは過去に頂いたことのある鹿や猪を、、、
そして徐々に馴染みのない烏や蛇へシフトチェンジしていきました。

感想としては私ははまりそうな味でした。次回はもう少しヘビーなもの(主観ですが)にも挑戦してみたいと思います。
多少なりとも癖はありますが、もしご興味持って頂けたら調べてみてください。

それでは、お付き合い頂きありがとうございました。


山口

2017年2月16日

entry.gif働き方改革

皆様こんにちは。
暖かくなったり寒さが戻ったり、温暖差の激しい日が続きますが
いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、働き方改革のコアな政策の1つといえば「同一労働同一賃金」ですが、
似た言葉で「同一"価値"労働同一賃金」という考えがあるのをご存知でしょうか?

「同一労働同一賃金」は職務内容が同一または同等の労働者に対し
同一の賃金を支払うべきという考え方をいいます。
政府が昨年、同一労働同一賃金ガイドライン案を示したことでも話題になりました。

一方、「同一"価値"労働同一賃金」は職種が異なっても
労働の価値が同じであれば、同一の賃金を支払うべき
という考え方をいいます。

同一労働同一賃金では、女性の多い仕事の賃金が安く、男性が多い仕事の賃金が
高いといった差が生じるため、差別が残ってしまう問題があります。
しかし同一価値労働同一賃金では、職務が違っても労働の価値が
同一と判断されれば同じ賃金水準を適用しますので、前述のような問題は生じません。

進んだ考え方のように感じますが、「同一価値労働同一賃金(報酬)」という言葉は
ILO 100号条約(1951年)に由来(日本の批准は1967年)するそうです。
半世紀以上前からこのような考え方があったのには驚きですね。


さて、2/14に行われた働き方改革実現会議にて、具体的な時間外労働の
規制の方向性が話し合われました。
現状労使協定によって上限なく時間外労働ができた点や、
時間外労働の上限規制が法律で定められていなかった点が
規制される見込みです。

36協定は毎年日付を変えて更新していただけ・・・という忙しい会社様も、
この機会に内容の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

(もちろん、当事務所でのご相談も可能です!)

井上

2017年2月13日

entry.gif年末調整

年も明けて早くも1ヶ月が経過しました。
インフルエンザ、ノロウィルスが猛威を振るっておりますが
皆様、ご体調はいかがでしょうか。

年間イベント1の繁忙期年末調整作業の疲労がでたのでしょう。
事務所でも現在インフルエンザ2名、ノロ1名が羅漢いたしました。

春ももうすぐです。風邪などひかぬようくれぐれもお気を付けください。

1月の給与支払報告書の提出も無事完了し、事務所はいつもの
通常業務に徐々に落ち着きを取り戻しております。

次は、労働保険年度更新、算定業務が待っております。

わずかな期間の落ち着きではありますが、また次のイベントに向けて
体力・気力ともに充電していければと思います。

takagi

2017年2月 2日

entry.gif「働き方改革」

こんにちは、河です。
新年を迎えてからあっという間に二月に入りました。
皆様、寒さに負けずお元気でいらっしゃいますでしょうか。

本日は、H29年度の予算で厚生労働省が22億円の金額を要求している施策、「働き方・休み方の見直しに向けた取り組みの促進」についてお話します。

「働き方改革」は各種メディアでも最近、頻繁に取り上げられています。長時間労働の問題がフォーカスされたこと、以前より日本の労働時間や有休取得率の低さが問題視されてきたこと、多様化する働き手の参画をはかるニーズが高まっていることなどが相まって「働き方改革」が叫ばれています。

考えてみれば、30-40年続く長い社会人生活、9時から18時まで同じように出社して働き続けることには無理があります。病気にもかかりますし、ご親族を支えなければならないときもあります。同じことの繰り返しがこころの病気を招く、出社していることを評価するのではなく生産性を評価して競争力を上げる必要性が出ている、こういった現状も併せると「働き方改革」は、どの会社にも共通する喫緊の課題です。

厚生労働省もこういった動きを推すべく、働き方改革に関する助成金を創設しています(地域限定)。
助成金がきっかけであってもよいので、今年は働き方を見直してみませんか。

かくいう私も子供からインフルエンザをもらい、会社を一週間お休みしました。不在の期間を助けてくれた上司や同僚に感謝しつつお終いのご挨拶とします。