汐留パートナーズグループ 沖縄事務所のブログ

この季節がやってきました

こんにちは。

早いもので、10月も上旬を過ぎました。
過ごしやすくて好きな秋の季節がやってきました^^

しかしながら(?)今月下旬ごろから、人事担当者にとっては
1年でもっとも忙しい時期を迎えます。

そう、年末調整のシーズンです。

先日は幣グループスタッフスキルアップのため、
年末調整セミナー講師を担当しました。
年末調整について意識し始めると、そろそろ1年も終わりだな~と
実感してしまいます。

***

年末調整とは何か?を簡単に説明しますと、
「毎月の給与や賞与から源泉徴収した所得税と
本来納めるべき1年間の年税額との過不足を精算する手続き」をいいます。

所得税はその年の所得に対してかかりますが、その年の所得の合計は
実際には年末(12月31日)にならないと確定しません。

しかし給与所得者は、1月から毎月、給与で所得税を差し引かれていますね。

毎月の給与から控除されているこの金額は、実は正確な額ではありません
(ただし適当なのではなく、ちゃんと算出のための計算式はあります)。

したがって、1年間の所得が確定する最後の12月の給与(または賞与)で
税金を調整する必要があるのです。

調整するために必要な情報は、生命保険料、地震保険料、社会保険料。
それから、配偶者の有無、配偶者の所得、扶養親族の数や年齢などです。
これらの情報によって、個々に税の優遇措置が定められているのです。

なお平成23年につきましては、税制改正により、16歳未満の子供に対する
税控除が廃止されたことが、大きな改正点となります。

具体的には、次のような扶養親族等の扶養控除の見直し等があります。

(1)年少扶養親族に対する扶養控除の廃止

16歳未満(平成23年分は、平成8年1月2日以後生)の扶養親族を
年少扶養親族と呼びますが、彼らに対する扶養控除が廃止されます。
これはこども手当の創設(所得控除から手当へ)からくるものです。

さらに平成23年分申告書からは、下欄に「住民税に関する事項」が追加されて
おり、年少扶養親族についての記載が必要となっています。

(2)特定扶養親族に対する扶養控除上乗せ部分の対象者の見直し

従来は16歳以上23歳未満の扶養親族に対して控除の上乗せがありましたが、
原則高校無償化の実施により、その対象が、19歳以上23歳未満へと
対象範囲が見直されます。
(平成23年分は、昭和64年1月2日生から平成5年1月1日生)

***

ご質問、不安点などございましたら、幣グループまでお気軽にご相談ください。
年末調整代行も行っておりますので、まずはお問い合わせください。
(顧問契約をいただいていない企業様のご対応も可能です!)

(あ)

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

こころの健康

こんにちは。

少し間があいてしまいました。
今回は、カウンセラーの端くれとしての話題を書いてみます。

先日、4年くらいうつ病と闘っている知人と久しぶりに食事をし、色々な話をしました。

心が弱い自分をどうにかしたい。
職場でのささいな出来事でも落ち込みやすい。傷つきやすい。

知人が繰り返していた言葉です。

知人の話を聞きながら、ふと私の頭をよぎった言葉が、

「しなやかな心」でした。

しなやかさ。
柳に風、のイメージだとわかりやすいでしょうか。

強い風が吹いたら、流されて揺れてしまってもいい。

無理して強い風に逆らうのは疲れてしまうかもしれません。
踏ん張りすぎて倒れてしまうかも…

心が折れた状態、というのは、
この踏ん張りすぎて倒れた状態に似ているように思います。

流されるだけではなく、風がやんだら元に戻る。
案外、戻れないことが多いかもしれません。
本来の姿を見失ってしまうこともあるかもしれません。

揺れてしまってもいい。
でも、それに流されはしない。
決して、普段の自分を忘れずに、戻ることができる。

その柔軟さを持ち続けること。
簡単なようで、難しい。

でも、意外に、そんなに難しく考えすぎることもないような気もします。

しなやかな強さ。
それが、自分の心の健康を保つ一助になるように改めて思いました。

(あ)

★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★