汐留パートナーズグループ 沖縄事務所のブログ

11月は「過労死等防止啓発月間」です!

10月も残りわずかとなり、年々恐ろしいほどの賑わいを見せているハロウィーンが終わればいよいよ11月です。
残暑厳しかった関東周辺にも、ここ最近、ようやく秋がやってきたような気がします。
(毎年小さい秋を見つけるのが好きな筆者ですが、今秋はいきなりの寒気で驚いています。)

そんな少しほっこりした冒頭から急転しますが、今回の本題となります。

企業様にとっては、いよいよ年末年始に向けて繁忙期に突入する季節でもあるかと存じます。
従業員の皆様にとっても残業に追われる日々になっていくのではないでしょうか。
そんな中、厚生労働省が11月を「過労死等防止啓発月間」として、全国各地で対策推進シンポジウムを開催するなど、過労死等を防止することの重要性について国民に自覚を促し、関心と理解を深める活動を行います。
これは「過労死等防止対策推進法」に基づくもので、平成26年11月から実施されています。
繁忙期を前にして、今一度企業と従業員のよりよい関係について考えてみるのはいかがでしょうか。

 労働契約法第5条では、使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとすると規定されています。
 また、労働安全衛生法第3条第1項では、事業者は、職場における労働者の安全と健康を確保するようにしなければならないと規定されています。

 職場における取組としては、労働基準や労働安全衛生に関する法令を、事業主が遵守することが重要となってきますが、全国的に慌ただしくなるシーズンです。
 世の中が全体的に忙しくなってしまう時期ですから、どうしても社員の気持ちや身体が仲間や企業のうかがい知れない所でひっそりと折れてしまうことが多いのが昨今の傾向であるようです。
 そうならないために、企業は、日々の目標設定を厳密にした上で、働いているメンバーのモチベーションや体調を維持するための対策を繁忙期直前の今、講じることが非常に重要になってきます。
例えば、年末年始に向けた日々の指針作りであったり、何らかの動機づけを社内で発表するであったりです。
 昨今ニュースでも取りざたされている過労死などの主な原因の一つである長時間労働の削減への企業としての取り組みの公表や、年次有給休暇の取得促進のためのルールの周知も必要になってくるかもしれません。

もちろん、繁忙期となった段階での長時間労働の削減や、積極的な有給の消化を行うのはかえって従業員自身の首を絞めるだけ、、との考えも大多数で存在すると思います。

 しかしながら、ここで大切なのは単に法令を遵守するだけではなく、
企業が従業員ひとりひとりを大切にしているというメッセージを形として伝えるという意味合いも付加するという事です。

繁忙期を企業として乗り越え、成功を収めるには、従業員個人の工夫だけでは足りないこともあります。
組織的な計画を徹底することによって、社員が健康を維持し、やる気を出して働きやすくなるよう精神ケアも進めつつ取り組んでいくことが大切であると思います。

一致団結した強い組織で、繁忙期を笑顔で乗り切りましょう!

Takemura

平成29年4月年金受給期間が短くなります!

各種年金関係

来年、平成29年4月の消費税率引き上げに合わせて年金受給期間の短縮が予定されています。
老齢年金を受け取るには、原則して25年以上の加入期間が必要でしたが、無年金者をなくすという目的で、受給資格期間が25年から10年に短縮されます。

当初、H27年10月からの予定でしたが、消費税改正法と連動して規定しているため、消費税率引き上げの延長に合わせて施行日も延長されました。

これによって現在無年金の高齢者でも、受給期間を満たす場合は施行日以降に年金を受け取ることができるようになります。

支給額は掛けた期間に応じたものとなり掛けた期間が短い人はその期間に応じて少なくなりますが、「受給期間をみたさないから、、」と老後の資金源である年金を諦めていた人も受給する事が出来るようになります。

数年前、建設業を営む事業主様の法人成りのお手伝いをさせて頂きました。
健康保険は土建国保、年金は入ってませんと、、。
そんなはずはありませんね。国民皆年金です。
お預かりした資料の中に年金定期便が、、そして見事なまでの全期間未納。
初めて拝見したので、ある意味感動でした。
(土建国保加入者の年金未納は問題になっています。恐らくあまり年金制度の存在を知る機会がないのかもしれません。)

法人は厚生年金が強制適用になるため、お気になられているであろうと受給資格期間短縮のご案内と、「未成年時代に厚生年金に入っていたような気がする、」、という2社分の年金番号も無事統一手続きを完了。

あとは本当に改正されるであろうか、、と少々不安だった受給期間短縮の実施を待つのみとなっておりました。

延長となったときはヒヤッとしましたが、来年の4月、私の中ではようやくこの案件が終了いたします。

私と同じ中高年世代で「どうせ年金はあてにできないし、、」と納めていない方は、この機会に納付をご検討ください。
平成27年~平成30年9月までは過去5年分まで納付ができます。
(※過去10年の後納制度はH27.9.30で終了しました。)
老後の資金確保の手段として是非年金もご活用いただければと思います。

Takagi

体育の日

未分類

初めまして。6月に入社しました麸沢(ふざわ)です。
業界未経験で、まだまだ知らないことがたくさんございますが、
日々勉強を積み重ね、社会人として、そして社労士として立派な
人間に成長していきたいです。

さて、先日10月10日は体育の日でしたが、皆様はどのような休日を過ごしましたでしょうか?
私は、東戸塚で開催された、横浜FCのスポンサーフットサル大会に、汐留パートナーズチームとして参加してきました。
スポンサー企業17社が参加し、大人から子供まで、男女関係なく熱い試合が繰り広げられました。
チーム一丸となって、試合に勝つことの喜びや、上手いプレーができた時の楽しさを、高校時代の部活以来、久しぶりに味わうことができました。
表彰式では残念ながら入賞することはできませんでしたが、幸運にも横浜FCの練習用ユニフォームをいただくことができ、とてもうれしかったです。
そしてリーグ戦が終わった後は、なんと横浜FCの会長である奥寺康彦氏を交えた交流戦もあり、観ていても楽しい、スポーツ尽くしの日でした。

まさに、「スポーツに親しみ、健康な心身を培う」ことを趣旨としている、国民の祝日に関する法律の趣旨に則った、充実した日を過ごすことができたのではないかと思います。

この体育の日をきっかけに、定期的に何か運動を取り入れていこうと思います。

未分類

はじめまして、6月に入社した河(かわ)です。

学生の頃は自分が法律を勉強するなんて考えられなかったのですが、労務環境に興味を持ち、IT・翻訳業から転身いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

ちょくちょく改正が行われる法律ですが、直近に施行された労務関係の大きな改正は社会保険の適用拡大ではないでしょうか。501人以上の企業が対象ですが、いずれさらに対象企業が広がるでしょう。
パート従業員がいらっしゃる会社では、扶養範囲内で働く選択肢と社会保険を払って年収増を目指して働く選択肢を、これまで以上に明確に打ち出す制度を作ることが必要になると予想されます。その中で、年収増・やりがいを求めるパート従業員が、「時給600円パートから代表取締役」になったことで有名な橋本真由美さんのように開花するケースが増えたりするのかもしれません。

法律は私たちの生活に大きな影響を与えますね。

同じく労務環境に関係する法律で私が興味を持っているのはキャリアアップの分野です。30年(将来は35年、40年になるのかもしれないですが)という長い年月をかけてキャリアを形成していくわけですが、ここでフランスの職業訓練制度をご紹介したいと思います。
フランスでは職業訓練個人口座というものがあり、個人が自分の好きな訓練を受けられる時間を貯めていけます。16歳以上の労働者全員に開設されて完全に引退するまで保有し、毎年24時間、上限150時間まで蓄積できます。訓練内容は実務的なものに限らず絵画、映画なども選択可能です。
いかがですか。日本にも教育訓練給付金制度がありますが職業訓練個人口座制度の方が柔軟という印象です。もし職業訓練個人口座をお持ちだったら、何を学んでみますか。

長いキャリア人生を実り多きものするお手伝いができるよう、精いっぱい務めたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

!自社の制度改革をお考えでしたら汐留パートナーズにご相談ください!
!ご連絡お待ちしております!