汐留パートナーズ

東京港区のワンストップ・コンサルティング・グループ|会計事務所,法律事務所,社労士事務所,行政書士事務所,海事事務所

日本語English中文
  • お問い合わせ
  • アクセス
汐留パートナーズグループ
  • 汐留パートナーズ株式会社
  • 汐留パートナーズ税理士法人
  • 汐留パートナーズ法律事務所
  • 汐留社会保険労務士法人
  • 汐留行政書士法人
  • 汐留司法書士事務所
  • 汐留海事法務事務所
  • 汐留特許商標事務所
  • CEOブログ
  • 汐留パートナーズ税理士法人スタッフのブログ
  • 汐留社会保険労務士法人スタッフのブログ
  • 汐留パートナーズ税理士法人 沖縄事務所のブログ
  • 汐留司法書士事務所 所長ブログ&コラム
  • 代表弁理士 林裕己 所長ブログ&ニュース
  • ニュースレター
  • 採用・求人情報|税理士事務所・会計事務所
  • スタッフ・インタビュー
  • セミナー・メディア情報
  • IFRS(国際財務報告基準)業務
  • 汐留パートナーズ 各種サービスWebサイト
関連サービス
  • ファンド設立.com
  • 決算・開示代行
  • 連結納税.com
  • 飲食業支援.com
  • クリニック経営
  • IT企業支援.com
  • 節税対策.com
  • 国際税務.com
  • 相続手続.com
  • 税金還付.com
  • 遺族年金
  • 障害年金
  • 年末調整.com
  • セカンド・オピニオン
  • 外国人会社設立.com
  • 日本進出支援.com
  • 香港会社設立なら香港進出支援.com
  • シンガポール進出支援.com
  • インド進出支援.com
  • ハワイ進出支援.com
その他関連サイト
  • Amazon Service Provider
  • One-stop Outsourced Accounting & Law office
  • 納税管理人・出国税のことなら汐留パートナーズ税理士法人
  • 法人保険・節税対策のことなら株式会社汐留総合研究所
  • 芸能人・スポーツ選手の為のプライベート税務顧問サービス
  • 汐留米国公認会計士事務所
リブセンスインタビュー
グループインフォメーション
東京港区(新橋/汐留)の若手税理士・公認会計士・弁護士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士等を中心とした専門家集団
  • ■汐留パートナーズ株式会社
  • ■汐留パートナーズ税理士法人
  • ■汐留パートナーズ法律事務所
  • ■汐留社会保険労務士法人
  • ■汐留行政書士法人
  • ■汐留海事法務事務所
汐留パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1-7-10 汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら





google sitemap
トップイメージ

インタビューの紹介

先日東証一部上場の内田洋行グループ会社「株式会社ウチダシステムソリューション」様からインタビューを受けました。こちらで一部ご紹介させていただきます。


汐留パートナーズ株式会社



 今回の「ユーザー紹介」は特別編として、「情報発信」ページでコラムを執筆くださっている汐留パートナーズの前川会計士にスポットを当てご紹介します。
 前川会計士は弱冠31歳ながらも、会計事務所を始め合計5事務所と関連会社1社を統括され、ベンチャー企業のCEOという一面もお持ちです。


USSOL野口・汐留パートナーズ前川氏・汐留パートナーズ今井氏 汐留スぺリアビル
左:USSOL 野口
中:汐留パートナーズ 前川氏
右:汐留パートナーズ 今井氏
汐留パートナーズの本社がある汐留スぺリアビル


大学時代の監査論のゼミから興味を持ち会計士を目指すように

まずはプライベートについて伺います。ご出身や会計士を目指したきっかけについてお話頂けますか?


北海道釧路市に生まれ、北海道大学の経済学部に進学しました。最初から会計士を目指していた訳ではなく、高校時代は理系を目指していました。ですが、10代のうちから将来を決める事に迷いもあり経済学部に入学しました。
会計士を目指したきっかけは、監査論のゼミです。簿記や会計学は、大学で学んだ学問の中で最も楽しく興味をもてるものでした。ゼミの先輩方から刺激を受けたこともあり、自然と公認会計士を目指したい気持ちが高まりました。 公認会計士試験は、大学卒業後半年で合格することができました。


試験にパスされて、すぐに東京の大手監査法人に就職されましたね。


はい。会計の最先端の仕事ができる東京を目指しました。新日本監査法人(現在の新日本有限責任監査法人)の国内監査部と公開業務部に5年間勤務し、2008年に独立して汐留パートナーズを立ち上げました。


当社とのお付き合いもその頃からと聞いています。最初はセミナー講師をお願いしていましたが、当社としても基幹業務のパッケージシステムを開発するにあたり、専門家にご相談したいこと、情報収集させて頂きたいことが多々あり長いお付き合いとなりました。



勉強熱心な若いパワーで会計基準や法律の目まぐるしい変化への対応を

次に汐留パートナーズ設立のきっかけを伺いたいのですが、なぜ同年代の若いメンバーでの起業を考えたのでしょうか。


まず思ったことは「チャンス」だということです。会計の世界は、目まぐるしく基準が変わり、IFRSなど英語を利用しなければならない場面もあります。この変化についていけるのは、勉強熱心な若いパワーが必要だと感じました。


どのようにメンバーを集めたのでしょうか?


社労士の今井とは、実はミクシィで出会いました。税理士として中小企業のお客様先へ伺うと、困っていることは会計・税務についてだけではありません。時には労務や給与計算に関することも相談頂くのですが、自分の知識だけでは補うことができない場面もありました。相談されては困って、ミクシィで「社労士」を検索し、今井に辿り着き、食事などを重ねて一緒に汐留パートナーズを立ち上げることにしたのです。


前川さんは、現在も公認会計士、税理士、行政書士に加えて社長業もされています。どのように頭の中を切り分けていますか?また、どの仕事をしている時にもっともやりがいを感じますか?


頭の中でごちゃごちゃする部分も正直ありますが、最近はメンバーが増えてきたこともあり比較的経営にも専念できるようになってきました。一番誇りを持って取り組んでいるのは、やはり公認会計士の知見を生かした会計税務の仕事です。新日本監査法人で勤務した5年間で、大企業の監査も経験しました。大企業の会計のノウハウを知識として蓄積することが出来たのです。この知識を今成長中の中小企業やベンチャー企業に活かし、コンサルティングをすることで少しでも手助けになればと思い活動しています。大変やりがいのある仕事です


汐留パートナーズは創立3周年になりますね。良かったこと、ピンチだったことなどあれば教えてください。


良かったことは、新人の会計士を2名採用できたことです。実は会計士業界も就職難が続いていて、資格がとれても実務経験を積めずにアルバイトをしている若者が多くいます。新人2名の充実した顔を見ていると、こちらもやっていてよかったと感じます。その他、もちろんお客様に感謝頂くことが元気の源です。ピンチは今の所ありませんね。(笑)



東京での事務所拡大、アジアへの進出を進め活動の幅を広げたい

今後の汐留パートナーズの目標を教えてください。


まずは、東京で更に事務所を拡大させたいと考えています。現在25名程のメンバーですが、100名程には増やしていきたいです。 次のステップとして、アジア進出を進めます。現在、上海と香港に支店と関連会社を設立していますが、更にシンガポールとインドでも活動の幅を広げられればと考えています。それは、今後アジアが手をとりあって仕事をする時代がくると確信しているからです。日本だけに捉われない仕事をしていきたいです。



汐留パートナーズグループ 汐留パートナーズ今井氏・USSOL稲木・汐留パートナーズ前川氏
汐留パートナーズグループ 左:汐留パートナーズ 今井氏
中:USSOL 稲木
右:汐留パートナーズ 前川氏


03-6228-5505
当グループでは、会計・税務・法律・人事・労務をはじめ、各種セミナー・勉強会の講師をお引き受けさせていただいております。どうぞお気軽にお問合せ下さい。