お茶!

日々の出来事

  こんにちは。

  2月に人事労務部のアシスタントとして、
 入社しました菅野です。人事労務部以外は
 あまりお話する機会もないですが、気軽に
 話しかけていただければ嬉しいです。

  初のブログで何を書こうか迷いましたが、
 先日母の知り合いのお茶会に家族で参加して
 きたので、それを書こうと思います。
 
  私自身、上手くお茶を点てれるわけでもなく
 習っていたお茶でした。ですが、当日はお茶や
 お菓子も美味しく頂くことができ、お着物や
 お花も素敵で、とても良い時間となりました。

  また仕事以外に、自分が夢中になれること、家族や
 大切な人と一緒に過ごす時間を意識して持つのは、
 有限な時間の中でとても大切なことだと感じました。

  最後に人事労務部の皆さん!いつも感謝して
 おり、学ぶことが多い限りです。いつも有難う
 ございます。
  またお疲れ様会では気を張っており、飲みすぎて
 しまったみたいですみません!これからGWですが、
 汐留パートナーズの皆様が良い一時を過ごせることを
 祈っております♫

  菅野

燈籠ランタンと映画

皆様~こんにちは~黄です。

先月東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園で「中華春節燈篭祭・東京燈会(ちゅうかしゅんせつとうろうさい・とうきょうとうかい)」が初開催されました。

「東京燈会」は、駒沢公園の会場全体を大小様々な燈籠(ランタン)で飾りつけ、灯りをともすランタンフェスティバル。中国各地の地方料理や伝統芸能、風景を感じるブースが展開され、観光に訪れたような感覚で中国文化を体験することができます。

料理は、山東、四川、湖南、江蘇、安徽、浙江、福建、広東の8大料理を屋台グルメの形で提供。
「春雨塩煮」「ヨダレ水餃子」「ハタの香りあげ」「黒胡麻餡白玉」「沙茶麺」「フカヒレスープ」「マーラーカオ」などが並びます。
さらにステージでは、歌舞団による中国伝統芸能露や、様々な演芸の披露が行われます。

中国の春節時期というのは15日間続いていて、2019年の春節は2月5日。春節時期の最後を締めくくる元宵節(2月19日)には燈籠(ランタン)を灯して、1年の吉祥を祝う習慣があります。中国の唐の時代より続く伝統行事で、年に一度、にぎやかに春の夜を彩るお祭りです。
 その元宵節前の土日に東京初のランタンフェスティバル・東京燈会を開催することになりました。 本イベントで展示される燈籠は、四川省の自貢市にある燈籠を専門としている会社が製作しました。燈籠職人さんの手作りによるもので、中国国内外で人気を博してきました。
夜遅くに家族と駒沢公園に行きましたが、もう最後の時間でお料理はあまりありませんでした。とっても寒くて大変でしたか、ランタンはとてもきれいでした。

最近は家族とお台場にいって映画をよく見たりします。
1本目はアリータ バトル・エンジェル
日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。小さいのにとっても強い、サイボーグの少女アリータのお話。
大ヒットSFアクション「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクター、バンブルビーを主役に、シリーズの始まりを明らかにする物語。
少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけた。ロボットと少女の友情の物語。とってもかわいいんです。バンブルビー。
なぜかロボットやサイボーグのお話なのですが、家族がSF大好きなので・・・これらの映画で車に関しての考え方も変わりました。

🌸🌸🌸 KOU 黄 🌸🌸🌸

新畳の匂い

日々の出来事

こんにちは
法務事業部の王です。

今回は新畳について、お話しさせていただきます。
最近引っ越ししましたので、和室の新畳の匂いが鳥小屋のように臭くて頭がおかしくなりそうです。
ネットで調べたら、それはイグサそのものが発してる匂いなので、時間と共に弱くなるのを待つしかないんだそうです。
とにかく、和室に空気洗浄機1台、消臭剤2つとみかんの皮を大量に導入しましたが、なかなかですね…
たいした内容の無いトピックですみません…なんとか、臭いを取る方法があればお教え下さい。
よろしく、お願いいたします。

無題

先日、日比谷公園でガーデニングの催しものがありました。企業個人問わず、限られたスペースで各々テーマを決めて自作の「庭」を出品されていました。モアイ像のような石像が中心で傾いているサイケな庭、障子の枠を背景にした和風の庭、オリオンビールの提灯がある琉球風の庭、熱帯雨林の一角を切り取ったような鬱蒼としている庭。どれも特徴があって、細部にこだわり抜いている逸品ばかりでした。

話は変わりますが、ドラえもんのひみつ道具の中に「赤松山」(箱庭シリーズ)というものがあります。机の上に載るか載らないくらいの「山」で、一見単なる模型のようですが、実際は、本物の松が群生している急斜面の極小山です。赤松山は、松茸狩り専用の山で、スモールライトで身体を小さくして、入山し、思う存分松茸を採って、その場でも焼いて食べることができます。しかも、自分が原寸大の大きさに戻った時、収穫した松茸も大きくなるという過剰サービス。最高。松茸を食べてないのに(しかも当時一度も食べたことがなかったのに)、その美味しさや香りが忘れられないような気分になった小学生宮崎のメデタサよ、ああ。

盆栽やお弁当など、日本では、限られた範囲の中で何かを表現、創作する分野が比較的発達しているような気がします。庭もその一例かもしれませんし、「赤松山」は最終形態かもしれません。私は創作の素養と美的センスは壊滅的なので、一番身近な箱、部屋の模様替えでも近々しようかしら。

宮崎

確定申告

みなさんこんにちは。上杉です。

3月は個人の方の確定申告がある時期ですね。
自分で申告される方はおわかりかと思いますが、税務署は大変混み合ってます。
まるで某〇〇ランドのようです。
当社でもこの時期は大変忙しく過ごしております。

私は先日風邪をひきまして、体調が優れませんでしたが、この時期の体調不良は致命的になります。
幸いインフルエンザではなかったのが良かったです(ちゃんと予防接種はしていました!)。

いつも満員電車の中通勤しているのですが、本当にマスクをしている人や咳き込む人が多いです。
しっかり予防をしているつもりでしたが、体調を崩してしまいました。

皆さんも体調に気を付けてお過ごしください。

球春到来の季節

未分類

寒い季節が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

人事労務の丹波です。

社会人になってからは定期的な運動をせず、年齢的にも肥満体質が気になりっております・・・。

さて、この時期はプロ野球などのキャンプ情報などが報道されておりますが

3月23日より春の選抜高校野球が始まります。

私の地元である千葉県からは習志野高校が久々に出場します!!

習志野高校は吹奏楽部がとても有名で、甲子園の応援演奏が素晴らしいので

是非、皆さんもテレビで観戦してもらいたいです。

東の習志野、西の智弁和歌山と高校野球ファンの間でも応援団の凄さはとても有名なので。

地元のプロ野球チームでもある千葉ロッテの応援歌も多数取り入れているのでとても迫力がありますよ。

春休みは、甲子園に行って、その後にUSJなどを観光するコースもお勧めですのでいかがでしょうか。

最終的には、大阪で食べ歩きをして、結果的にまた肥満を気にする生活に戻るかも・・・。

丹波

 

 

 

職業体験

日々の出来事

皆さん、こんにちは。

最近は暖かい日もあり、春の近づきを感じますね。花粉が飛んでいるようで、目が痒いです。

私の娘は中学生なのですが、この間職業体験で2つの動物園へ行きました。猿に直接餌やりをしたり、ふれあい動物園のお手伝いをしたり、キリンやサイに餌をやったり。

私も仕事が休みだったので様子を見に一人で動物園へ行きました。娘は見つけられず残念でしたが、動物に癒されて帰る事は出来ました。無邪気に果物を食べる猿はとても可愛く、一人でゆっくり動物を見るのも悪くないなと思いました。

娘はなかなか出来ない貴重な体験をさせていただき、飼育員さんの大変さ動物に対して思いやりを持って接している事などを知り、仕事とはどんなものか考えさせていただくお勉強になったと思います。ありがたいです。

暖かくなったら、娘たちとまた動物園に行きたいと思います!

 

杵淵

近所の生き物

未分類

みなさん、こんにちわ

今回は私の家の目の前に流れている境川で見かける生き物について紹介したいと思います。
境川は町田市と相模原市の境界に流れている川でして、そこにはたくさんの生き物があらわれます。

とても見づらくて申し訳ないのですが最初の生き物はこちら
岩の上にいるカメです。
出勤の際に見かけるのですがこのシュールな姿にとても癒しの効果があります。
濁流の日は岩ごと濁流に埋もれてしまうため現れませんが後日確実に岩の上に戻ってきます。
濁流の日はどこで何をしてるんでしょうかね。
あまり機会はないと思いますが、境川に朝いらした時にはぜひ確認してみてください。

またもや見づらくて申し訳ないのですが続いては
新種の鳥です(私の中で)。
こちらの鳥は3ヶ月に1回くらいしかも1匹でいるので大変珍しく見かける度に驚いていましたが、、、
最近は何が起きたのでしょう、下の写真のように大量にいるのを度々見かます。
これはこれで驚くのですが、今まで何に驚いていたんだろ?そんな気持ちになります。

まだ紹介したい生き物がいるのですが、長くなってしまうのでオマケの写真を2枚付けて終わりにしたいと思います。

MAUCHI

 

小旅行

こんにちは。
幼少期は戦隊ものよりも乗り物系の物語を好んでいました、浦崎です。

2018年の10月に、名古屋のリニア・鉄道館に行ってきました。
機関車、電車、リニアモーターカーなど、私の子供心をくすぐる施設でした。

何事にもいわゆる「にわか」の域を出ない私ですが、そんな私でも多くの時間を吸い取られるほどに魅力的な展示が多かったのが印象的です。

昔の列車のかわいらしさって、あれ、もう、なんなんでしょうね。
当時は「かわいい」を狙って作られたわけじゃないのに、スタイリッシュな列車が増えた現代においてはそのフォルムにある種のあざとささえ覚えます。

いつか子供ができたら、一緒に来てみたいですね。
その時は子供以上にはしゃぐイタいお父さんにならないように気を付けなければ。

私は基本的にインドアなのですが、やはり旅行というのはいいものですね。
仕事も勉強もひと段落ついたら今度はレールバイクに乗りにどこかへ出向いてみたいと思います。

適度に息抜きをはさみつつ、2019年も頑張ります。

urasaki

つい買ってしまうもの

未分類, 自己紹介

初めまして、11月に入社した今泉と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

前職を辞めてからこちらに入社するまでに、少し時間をとって海外旅行をいくつか満喫しておりました。
ですので今回は海外旅行へ行くとつい買ってしまうものについて書きたいと思います。

私はコーヒーが好きで、現地のスーパーで手当たり次第コーヒー豆を買い込んでしまいます。
おかげで帰り際には毎回スーツケースがいっぱいになり、
「卸問屋でも始めるつもりか私は・・・」などとボヤきながら苦労してパッキングすることになるのですが、やめられません。

自宅に戻ってから、新しい味との出会いにワクワクしながらドリップしているときや、
飲みながら「おいしい」「いまいち」と、ひとり品評会をしている時間が幸せです。

コーヒーなんて世界中どこで買っても同じじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
これが意外と違うんですよ!
ということで、少し変わったコーヒーをご紹介します。

写真はドバイのスーパーにあったインスタントコーヒーです。
この地域では「アラビアコーヒー」とよばれるコーヒーに様々なスパイスを入れて飲むスタイルがあり、
こちらも様々なスパイスがブレンドされています。

見た目はそれほど変わりませんが、飲んでみるとスパイスのスーッとした風味が強いです。
正直飲みなれない味ですが・・・、こんな経験も旅行の醍醐味ですね!笑

そういえば弊社には、最近コーヒーマシンが導入されました。
コーヒーマシンのある職場に憧れていたので嬉しいです。
それでは、そろそろコーヒーブレイクへ、失礼いたします・・・。