年末年始の過ごし方

お久しぶりです、宮坂です。

今年もあっという間に残り数日、弊社は本日大掃除(と納会)をもって一年を締めくくります。
皆さんにとって2018年はどんな一年だったでしょうか。

汐留パートナーズはオフィスの引っ越しを初め、
クラウド会計やAIの大規模な導入により激変!な一年でございました。

私は趣味でオーケストラに所属しておりまして、
つい先日は家族向けのクリスマスコンサートを行いました(満席、大盛況でした!)。

年末年始はテレビで放映されるコンサートも多く、年の瀬にはNHK交響楽団の第九が流れ、
お正月にはウィーン・フィルハーモニーによるニューイヤーコンサートが中でも代表的です。

実は年の瀬に第九を演奏する習慣というのは海外にあまりございません。
「楽団員へのボーナスに充てるため、集客が良い第九を演奏する」といった理由で日本に根付いたのではないか、という説もございます。

楽団員さんはアマチュアへの指導や、学校での教鞭など仕事を掛け持ちしている方が多いので、
たくさんの方が確定申告をされており、税理士事務所としても実は身近な存在なのです!

年末年始、普段お忙しい皆さんも、あまりクラシックを聞いたことがない皆さんも、
第九を聞いておそばをすする年の瀬、ニューイヤーコンサートでお餅を食べるお正月などはいかかでしょうか。

2019年も皆さまにとって素敵な一年となりますよう!

宮坂