オーシャンズ11モデル

皆さんは、「PR」ってどんな仕事か知っていますか?

実はここ汐留に入社するまで、私はPRの総合代理店で働いていたのですが、
「PRの総合代理店」と言うと、「広告代理店」と勘違いされることが多々あります。
世の中的に「広告」は知られていても、「PR」は知られているようで知られていない・・
そこで今回は、「PR」について少しだけお話させていただきたいと思います。

まずPRとは ”Public Relations” の略で、文字通り、
「世の中に存在する組織(企業など)とそれを取り巻く社会(消費者など)を結びつける仕事」です。
PRの仕事ってなんかすごく壮大で、ウキウキする感じがしませんか?笑

ただ日本では、パブリシティ(メディア露出)を広告換算してPRの価値を決めようとする傾向が強いので、
PRの仕事はパブリシティの獲得だと誤解されることが多いですが、本来それに留まるものではありません。
PRは黒子的な仕事ではなく、企業の「経営戦略」や「マーケティング」そのものと言っても過言ではないです。
多くのスター経営者は「PR的思考」を必ず持っていると言われているくらい、PRって大切なものなのです。
なので、PRパーソンに限らず「PR的思考」は全てのビジネスマンが持つべき思考法なのではないでしょうか。

<PR的思考の例>
・世の中における自分の価値をしっかりと認識したうえで、自分の見せ方を考える
・俯瞰的視点で世の中の風向きを読み取り、課題を見つけ出し、自分なりの解決策を実践する etc.

大変偉そうなことを書きましたが・・
最近は全然疲弊するくらいフルに頭を使ってないな、とこれを書きつつ反省しています笑
まとめ方は少し雑ですが、「PR」の考え方はとても面白いと思うので、是非皆さんかじってみてください!笑

ちょっと最後に・・
直接PRと関係はないですが、実は最近、PR繋がりで気になったワードがありました。

「オーシャンズ11モデル」です。

本田 哲也さんというPR業界で非常に有名な方がいます。 ※日本でPRをPRした「戦略PR」のパイオニアです。
彼は、ブルーカレント・ジャパンの代表取締役を今年3月に退任し、その後、本田事務所を設立しています。
本田事務所では正社員を一切雇わず、プロジェクトに応じてその都度チームを編成しているようで、
それを「オーシャンズ11モデル」と呼んでいます。 まさにあの映画のよう。
クライアントの「カスタマイズの自由」といったオーダーメイド的ニーズに応えることを目的としていて、
フリーランスや副業の方たちとのフレキシブルなチーム編成によって、よりクオリティの高い仕事が可能になっているようです。

「働き方改革」といった世の中の流れにマッチしていて非常に面白い発想だと思うと同時に、
個々人の ”突き抜けた” スキルや知識が必須となる社会になりつつあるこの現実に・・少し怖くなりました笑

自分の強み(価値)は何か、それをどこまで伸ばしきれるか・・
これからは自分の強み(価値)をいかに早く見つけられるかが勝負なのかもしれませんね!

Maya M.