売掛金等の時効

みなさん、売掛金や買掛金にも時効があることをご存知ですか?

民法において、生産者、卸売商人又は小売商人が売却した産物又は商品の代価に係る債権(売掛金)は2年で時効になる旨の規定があります。これが一般的には優先的に適用されます。
したがって、商取引だからといって商事債権5年とは限らないのです。

一方で、民法には「時効の中断」という規定があります。これは、相手が債務の承認をしたり法的措置などの強い請求を行った場合は時効が中断されるというものなのです。

売掛金について時効になってほしくない、買掛金について時効になってほしいと、当事者の意図はいろいろあるとは思いますが、重要なものは弁護士へのご相談をお勧めいたします。

TANAKA