汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

図書館でひと休み

日々の出来事

台風21号、北海道胆振地方東部地震の被害に遭われました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

初めまして。福田と申します。
夏のような暑い日が続いていますが、いつの間にか空の雲は高くなり、秋の気配を感じております。

少し前に、自宅の近所に図書館が移転してきました。
旧図書館に比べて蔵書数が増えたほか、椅子の数が増え、座ってゆっくりすることができるようになったので、週末になると足繁く通うようになりました。
自分の読書量は大したことはないのですが、本の表紙や挿絵、写真を見て楽しんでいます。

ちょっと調べてみたところ、最近の図書館はいろいろとサービスが充実しているようです。
大学図書館を地域の人たちに開放したり、併設のカフェで貸出前の本が読めたり、近隣自治体同士の連携により自分の住んでいる町にない本が借りられたりと、各自治体それぞれに工夫をこらしているようです。

読書の秋に、皆様も散歩がてらお近くの図書館を訪ねてみてはいかがでしょうか。
本を借りても借りなくても、きっと素敵な発見があると思います。

福田

「ゆめいっぱい」

今回初めてブログを書きます、桑原です。

皆さんご存知かと思いますが、先日、漫画家のさくらももこさんが亡くなりました。
とても長い間ご活躍されていたので、世間でもショックを受けている人は多いと思います。

さくらももこさんの作品の中でも「ちびまる子ちゃん」は非常に有名で、アニメ放送においては皆さんも一度は観たことがあるのではないでしょうか。
私も「ちびまる子ちゃん」には大変慣れ親しんでいました。
少々マニアックかもしれませんが、今回はさくらももこさんに関連するお話をしたいと思います。

※以下については事実と異なる情報もあるかもしれませんので、詳しくは検索などしていただければと思います。

「ちびまる子ちゃん」の原作漫画は「りぼん」で1986年から連載が始まり、その数年後からはアニメ放送も開始されました。
私は幼い頃から観ていたようで、よく主題歌に合わせて「ピーヒャラ、ピーヒャラ♪」と踊っていたと、未だに祖父母に言われたりします。
その後も「日曜夕方はちびまる子ちゃんを観る時間!」という習慣が、かれこれ18歳くらいまで続いていたと記憶しています…。
ちょっと感動するような良い話、ちょっと残念に終わった話などなど、どれも面白く、まるちゃんに共感している自分がいました。

他にも、「コジコジ」という漫画もあり、これも一時期アニメ放送されていました。
当時はよくわからなかったのですが、社会人になってから気になって漫画を読んでみたところ、実はとっても奥が深い内容で、驚きました。

また、さくらさんはエッセイも度々書かれており、これも数冊読んだことがありますが、面白くて読みやすいものばかりでした。

少女漫画でこのような作風のものは大変珍しいと感じていたのですが、さくらさんは元々お笑いが大好きで、春風亭小朝師匠に弟子入りしたいと思っていたこともあったとのことで、だから面白いのかと妙に納得してしまいました。
(「さくらももこ」という名前は、その際に考えた芸名だとか…)
しかしそれは諦め、一度は一般企業に就職したものの、好きだった絵を描くことを仕事にしたいと、漫画家を目指すことになるわけですが、
さくらさんより絵もストーリーも少女漫画向けのものを上手に描くライバルもいたそうで、
そこで作風を少女漫画王道でなく、自分の面白い過去の出来事を参考にして描くという方向に変えたところ、それがたくさんの人の共感をよび、その後このような大変有名な漫画家となったそうです。

≪ちなみにそのライバルというのが、「NANA」「ご近所物語」などの著者で有名な矢沢あいさんだったとのことで、とても驚きました。
さらに余談ですが、私が小学生時に人気だった漫画「こどものおもちゃ」を描かれた小花美穂さんも、昔はさくらさんのアシスタントをされていたそうで、
私は、自分だけでなく弟子もそこまで育てたさくらさんは、まさに巨匠だと思いました。≫

紆余曲折な人生だったのかもしれませんが、漫画家としてこんなにもご活躍され、たくさんの人に支持されてきたことは、
やりたいこと・自分にできることを見つけてそれに向かって真摯に頑張ってこられたからこそ得られたものではないでしょうか。
なので、53歳という短い人生ではありましたが、恐らく後悔はされていないのではないかと思います。
さくらさんは生前、ご自身の作品がこんなにも評価されていることについて
「とてもうれしいです。ありがとう。」とおっしゃっていたそうで、
その言葉がとても心に響き、私もそんなふうに感じられるような人生を歩んでいきたいと思いました。

女子プロゴルフを観戦してきました

日々の出来事

はじめまして、金田です。

8/10にNEC軽井沢72ゴルフトーナメントを観に行ってきました。
料金は当日券3000円(最終日は4000円〉。
初めての観戦なので、わくわくドキドキです。
いつもテレビで見ているプロが、もうほんのすぐそこ、
手を伸ばせば届きそうな近さにいるのが大興奮。

このあいだ全英リコー女子オープンで4位Tになったあの有名プロのショットが目の前で・・
若くて実力のある黄金世代らがすぐそこに・・・まぶしい・・

でも何といっても一番興奮したのは、
自分の応援するプロの「完璧なリカバリーアプローチ」を見た瞬間だ。

‐‐‐‐あるホールをグリーン周りで見ていたのですが、
2ndショットがグリーンを超え、木が生い茂る観戦エリア
まさに私達のいるところに飛んできました。
グリーンのピンまでは軽い打ち下ろし約10yrd強。
それを、ピン横にピタっと止めたナイスアプローチをみた瞬間。
おぢさま達 全員が唸り、高ぶるーー!

大会係員の方が
「みなさん、今日はこれを見ただけでも来たかいがあるぞぉ~」
と、誇らしげに観戦ロープを直して次ホールへ移っていきました。

リアルでみて感じたこと、、、
観客とプロとの距離が近すぎる。
  (観客とロープを挟んで1mくらいしか離れていないところでプレイしてることに驚き。プロってすごい)
テレビでみるより ティーショット音がまろやか。
  (テレビだとマイクが音をよく拾うのね)
思ったよりスイングがゆったりなめらか。
  (テレビではもっと激しくみえていた)
みんな小さいし細っ!そして、綺麗。

どの競技よりも プロを一番間近で見ることができるスポーツだと感じた。

このリアル観戦 癖になりそうです。

映画

日々の出来事

こんにちは、初ブログの内田です。

先週、ジュラシックワールド炎の王国をIMAXで見てきました。そうです、あの恐竜映画です。
最初の数分で人間をパクリ!ほとんど容赦ない恐竜ですが、いいヤツもいます。
通称ブルー。前回のシリーズで赤ちゃん恐竜でしたが、大きくなって、再登場。
よ~く見るとかわいい顔してます。首をかしげるしぐさも愛らしい感じ。
IMAXのおかげで、恐竜から逃げるべく体が左右に揺れてました。
最後の最後まで、スリルがあります。映画館を後にして、あー平和だと。
非日常を味わってみたい方におススメです。
The end

東京散策

日々の出来事

はじめまして、山家です。
ブログを書くのは初めてです。よろしくお願いします。

地元、東北から関東に引っ越して、早いことにもう4ヵ月が過ぎました。
最近はせっかくなので、こちらのいろいろなところを観光して回っています。
東京タワーやスカイツリー、浅草など、こちらには楽しい場所がたくさんありますね。

中でも、先日お台場に行ってきました。
夜のレインボーブリッジを楽しみにしていたのですが、レインボーブリッジは虹色に点灯しているわけではないのですね・・・!
ということで、調べてみたのですが、橋の名前は一般公募の中から選ばれたそうです。
主塔は、4月~10月は涼し気な白色をしていますが、11月~3月は温かみのある温白色になるみたいです。
12月~は、スペシャルライトアップということで、虹色に光るイベントもやっているようなので、是非見てみたいですね!

これからも引き続きいろいろなところに行ってみたいです。

山家

夏まっさかり

こんにちは。
人事労務部の織田です。
初めてのブログです。よろしくお願いします。

8月も中旬に差し掛かり、短い夏もそろそろ終盤を迎えますね。
個人的には夏が大好きなので、
今年は32回目の夏を迎え、あと何回、夏を味わえるのだろう?と考えると
今年こそ夏を全力で楽しみたい!と毎年思うのですが、
皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。
毎年あっという間に終わってしまう夏ですが、
この短さも夏の魅力のひとつなのかもしれませんね。

夏の風物詩といえば、花火!!!
今年は花火大会に行きましたか?
あの花火のドーーーン!!という音と、
次はどんな花火が打ちあがるんだろうというワクワク感がとても楽しいですよね。

個人的には、ハートやキャラクターが打ちあがるよりも、
典型的な、まんまる花火やしだれ花火が好きなのですが、
皆さまはどんな花火が好きですか?

花火大会に足を運ぶと、子供からお年寄りまでさまざまな人がいますよね。

夏休み中の小学生や、少しマセてきた中学生、
とっても真面目そうな子もいれば、やんちゃそうな子もいます。
子育てが大変そうなお母さんや、物静かそうなお父さん。
酒臭いお兄さんや、化粧が濃くて派手なお姉さん、
孫が10人くらいいそうなおばあさんや、怒ったら怖そうなおじいさん、
毎日遊んでいそうな若者や、普段はバリバリ働いていそうな大人たち。

普段はまったく異なる生活をし、
まったく異なる考えをもつ人々が、
打ちあがる同じ花火を見て「きれいだなぁ」と同じことを感じている。

素敵なことですねー!
色々な人たちが一緒に空を見上げて、花火に夢中になるあの一体感は、
ほかの場面ではなかなか味わえないものかもしれません。

そんなこんなでまとまりのないブログですが、
暑い日々が続きますので、皆さまお体ご自愛いただき、
素敵な夏をお過ごしください。

夏休み・お盆休み

連日の猛暑日、熱中症対策の呼びかけが盛んにおこなわれておりますね。
室内と外との寒暖差もあって、気づかないうちに身体が疲れてる方も多いのではないでしょうか。体調管理には十分お気をつけください。

8月に入り、学生たちはもちろん、社会人の皆様もお盆休みを徐々に取られているのではないでしょうか。
皆様は今年の夏休み・お盆休みはどのように過ごしますか。

私は先日、日本公認会計士協会が主催する小学生4年生から6年生を対象とした「会計」について学ぶイベントにスタッフ側として参加してきました。このようなイベントに参加するのは初めてで、しかも、前日まで台風が東京に接近していたこともあり開催されるのか当日を迎えるまでドキドキでした。
イベント開催当日は晴天!むしろ猛暑が戻ってきたので、こんな暑い中来てくれるのか少し心配でしたが時間になると大勢の小学生が!!
イベントではグループに分かれ、講師の先生に会計のルールを学び、実際に売上集計表や請求書を見ながら正しい決算書を作る練習をしました(アイスブレイクには電卓の早打ちゲームをやったり)。
子どもたちは、それぞれに会計のルールに照らして、自分で考え時にはチームのみんなで話し合いをしながらおかしいと思うところを質問してきます。会計のことについて、学び、気づきを得たときの子どもたちのきらきらした目がすごく印象的でした。
会計について、知らないことが多かったので知れてよかったっと言ってくれる子もいて参加してよかったなと思っています。

休みの日に普段しないことをするって楽しいですよね!

私もせっかくの夏休み、充実した休みにできるようしっかり計画立てようと思います。

みなさまも、有意義な時間をお過ごしください!

佐藤

おすすめの映画

日々の出来事

はじめまして。小林です。

最近は、連日猛暑日でしたが、みなさんはどのように過ごされましたか。
私はひたすら映画を観ていました。

みなさんにもぜひ観ていただきたい映画をご紹介したいと思います。
それは、「きっとうまくいく」です。

大学生の3人が様々な困難を乗り越えながら、
大学生活を面白おかしく過ごした日々を描き、
10年後に行方不明になった親友を探していく作品です。

3時間という長い映画なのですが、テンポもよく、
全く長いと感じさせません。

中でも私が好きなセリフは、この映画を象徴する次の言葉です。

「自分がなりたいものは心が教えてくれる。
臆病になったときは胸に手をかざしてこの言葉を言うんだ。
“All izz well”(きっとうまくいく!)」

みなさんがなりたいものはなんですか。
生きていく中で、何かを目指していく中で、
いろんな壁にぶつかり、不安になるときもあると思います。

そんなときは「Al izz well(きっとうまくいく)」と
おまじないを唱えてみてはいかがでしょうか。

体調管理について。

日々の出来事

こんにちは。泉澤です。
はじめてブログを書かせて頂きます。

春先に私の母が入院をしていたのですが、
今回はそこから「体調に関してあらゆる可能性を疑うということ」について書きたいと思います。

母は数年前から病気を患っているのですが、病名が発覚する前の
初期症状は「なんだか背中が痛い」ということでした。
パートを長期休暇してしまう程の痛みであったらしく、マッサージや鍼治療など半年程行っていました。
全くよくならないということで大きい病院で検査して貰ったら、病気の原因は脊髄が炎症を起こしていたことにありました。
長らく検討違いの治療をしていたことにより、あと少しで命も危なかったと聞いています。

現在でも完治はしていないものの、治療を重ねて病巣も大分小さくなったとのことです。
(当の本人は明るい人間なので、病気よりも薬で太りやすくなってしまったことにショックを受け、目下ダイエット中です。)

背中の痛みを脊髄の病気にリンクさせるのは少々難しいかと思いますが、少しでも早く「なんかいつもと違う」や「この体調はおかしい」など
多少の違和感に気づくことで、その後の人生は大きく変わると思います。
治療の期間が長くなればなるほど、好きなことをする時間は奪われていきます。

皆様も体調がよろしくない時は無理をせず、休みを取ったり検査に行ったりして貰いたいと思います。

泉澤

住みやすい街ランキング1位

日々の出来事

このたびの平成30年7月豪雨、および大阪北部を震源とする地震により
被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申しあげます。
はじめまして駒田と申します。
先日テレビにて放映されていましたが
現在、住みやすい街ランキング1位に千葉県印西市が選ばれたそうです。
印西市は人口10万人以上で今も増加しているそうです。
緑地は50%程あり、タヌキやキツネ、野ウサギなどの野生動物が
多数生息しているようです。

また都市インフラが整った暮らしやすい街で、
通勤も電車1本で都心まで1時間ほどで行けるそうです。
国道464号沿いには何でも揃うらしく
大型アミューズメント施設を併設しているショッピングモール、
イオンモール、ニトリ、カインズ、コストコ、回転すし店5店舗他
日本最大級のジョイフル本田なども軒を連ねているようです。

また、日本で初めてのドクターヘリを配備した日本医科大学千葉北総病院や
印西総合病院など医療面でも充実しています。
なお、印西市は強固な岩盤台地「下総団地」の上にあり、地震と水害に強いためか
大企業やメガバンクが多いらしいです。
しかしデメリットもあり北送鉄道の運賃が高い、
風の強い日はすごい砂塵が舞う、
お店が近くにないので、車が必要になってくる
など、良し悪しはあるようですね。

将来は住みやすい街に移り住んでも良いかなとは思っているので
いろいろな情報を集めて、空想にふけりたいと思います。