汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

東京タワーの魅力

日々の出来事

 

こんにちは。大塚です。

私は以前から東京タワーが好きでよく眺めたり上ったりしていたのですが、

最近さらに好きになったので、今回は東京タワーの魅力についてご紹介したいと思います。

前のオフィスから駅に向かう帰り道で毎日見ていたのですが、東京タワーの色がたまに違うことに疑問を感じていました。

皆様はオレンジと白以外の東京タワーの色を見たことがありますでしょうか。

たまにレインボー色になっているのを見ますが、これは「ダイヤモンドヴェール」といって、

7色に変化しており、希望・平和・愛など、それぞれの色ごとにメッセージが込められているそうです。

基本的に土曜日の20:00~22:00までの2時間限定で点灯しているそうです。

他にもイベントやキャンペーンなどでライトアップの色が変わっていることがあり、

私はドラえもんブルーのときと東京2020年の五輪が決まったときに、東京タワーの近くまで行って、一緒に写真を撮りました。

満月の夜なども違うらしく、特別なライトアップはその日になってみないとわからない場合もあれば、

前々から予定されている場合もあるそうです。

また普段の色も「夏バージョン」と「冬バージョン」の2パターンがあり、

夏は白色を重視した涼しげな色で、冬はオレンジ色を重視したきらきらした色に輝くそうです。

皆様もぜひお近くにいらしたときは東京タワーを眺めてみてください。そして特別なライトアップの時は教えてくださいね。

 

大塚

さくらの日

 

こんにちは。

上田です。

 

皆さんご存知でしょうか。

327日、本日は「さくらの日」です。

 

「さくらの日」は「日本さくらの会」が制定した記念日です。

一つ目の由来は、3×9をさくらと読み3×927327日はさくらの日となりました。

二つ目の由来は、七十二候のひとつ桜始開(さくらはじめてひらく)と時期が重なることからだそうです。

七十二候は一年を72に分けて名前をつけたものです。

 

東京では桜の満開日が3月24日でした。

東京管区気象台では平年より10日早く満開を発表しました。

 

私は毎年タイミングを逃してしまい、お花見をしたことが無いので、

今年はちゃんとお花見をしてみたいです。

 

桜の満開時期は短いので皆さんも是非お花見をしてみてください。

 

Ueda

AIの時代

こんにちは、山本です。

 

最近、加藤一二三さんが「ひふみん」として人気になったり、藤井聡太さんが連勝記録を打ち立てたり、羽生善治さんが国民栄誉賞を受賞したりと、将棋界が賑やかで注目を集める機会が増えていますね。

将棋界としても、対局の様子をAbemaTVやニコニコ動画から積極的に放送するなど裾野を広げようと様々な努力がされています。

特に、放送時には対局時の戦況をAIでリアルタイムに数値化して視聴者に見せることで、どちらが有利か誰にでもわかるようになったのは画期的な取り組みだと思います。

これによって、例えば将棋のルールを分からなかったり、あまり詳しくない人でも

「藤井さんが羽生さんに2,500点リード」と数字で表示されているので、どちらが勝っているか分かり易く、対局を楽しみやすくなりました。

 

当たり前のことですが、これはAIが戦況を正しく評価できるほどに将棋が強くなったためにできていることです。

 

2000年くらいまではプロの将棋棋士は、「AIがいくら強くなっても、プロには勝てないだろう」と言っていた人も決して少なくなかったようです。しかし、近年「電脳戦」と銘打ったプロ vs AIの将棋5番勝負でほとんどAI側が勝利するなど、もはや「AIはプロの将棋棋士より将棋が強い」といっても過言ではない状況になっています。だからこそ、プロの将棋棋士よりも将棋の強いAIの戦況評価は信頼性が高く、視聴者に「藤井さんが羽生さんに2,500点リード」という状況を伝えられるようになりました。

 

私は、このAIが正しい戦況評価をできる(=AIがプロよりも将棋の強い)状況を、将棋界がどう思っているかにとても興味があります。

 

税理士業界に身を置くようになってから、「士業は(近い将来AIなどに代替されて)消えそうな職業」というようなワードをよく聞くように、また意識するようになりました。そして、こういった言葉を聞くとといつもなんとなく悲しい気持ちになっていました。

しかし、すぐ近くの世界に目を移してみると将棋の世界では、将棋の強さがアイデンティティであるはずのプロの将棋棋士よりも、AIの方が将棋が強くなっています。強さの面ではプロの将棋棋士はAIに代替されているといってもので、ハイレベルの将棋対決が見たいのなら、AI同士の将棋を見た方がいいはずです。でも今、確実といっていいほどに将棋界は近年で一番の賑わいをみせていて、未だに人間同士で将棋を指しています。

チェスに至ってはもう20数年ほど前から人間がAIに勝てなくなっています。それでも未だにチェスの世界大会の優勝者には多額の賞金が支払われているようなので、人間同士のチェスの魅力も損なわれてはいないようです。

 

税理士業務というものは、将棋やチェスと違って、観客に魅せて楽しませるようなものではないので、同列に語るべきではないかもしれません。それでも、AIに代替されながらなお輝きをみせる世界から学べるものはたくさんあると思います。税理士業界のみならず、他の業界がAIとどのような付き合い方をしていくか注意深くみていきたいと思います。

 

山本

排球部

こんにちは。

出口です。

最近気が付いたことですが、
自分は数多くの部活に所属してきました。

・幼少期 ➡ 水泳・テニス
・小学校 ➡ 野球
・中学校 ➡ バスケットボール
・高校  ➡ バレーボール
・大学  ➡ スキー・スノボ

特に飽き性という訳ではないのですが、
中学には野球部がなかったり、高校のバスケ部は推薦でしか入部できないなど、
数々の不運?が重なって、このような人生を送ってきました。
これらの中でバレーボールがいちばん楽しかったので、
そろそろ地域のバレー部にでも入部しようかなと考えていた所、

・ゴルフ部
・サッカー部(フットサルもある)
・スポーツ観戦部(サッカー・プロレスなど)
・やる気スイッチ部(資格の勉強)
・ボードゲーム部(囲碁・将棋・麻雀など)
・昆虫採集部(各種昆虫捕獲実績あり)

社内でこれらの部活動が次々に誕生し、
結果的に全ての部活動に所属することとなりました。
特に昆虫採集部は全国のどの税理士法人を探しても、
汐留パートナーズ以外にないんじゃないでしょうか。

基本的に社員5名以上で承認があれば部活動を創設することが可能な環境ですので、
そのうち自身でバレー部でも立ち上げてみようかなと考えている今日この頃です。

Deguchi

素敵な思い込み

未分類

最近時が経つのが異常に早く、ジェネーの法則を身に染みて感じている、森重です。
実は私、3月1日に29歳の誕生日を迎えました。
今すぐあの日に戻りたいと思うほど、本当に本当に素敵な誕生日でした。
さて皆さんは誕生日を迎えるとき、お祝いをしてもらう他、何をしますか?
私はというと、周りの人にそっと「感謝」をして、「過去を振り返る」ようにしています。
29歳の誕生日も毎年恒例の振り返りを行う中で、1つ大切にしていた言葉を思い出しました。
It’s all mental.“  今回はこの言葉をご紹介させていただきたいと思います。

基本的に私の周りには、ポップな暖色系のオーラを持つ人が多いです。
キラキラしていて、温かい空気感を持っていて、一緒にいるだけで笑顔になれる・・そんな人たちです。
学生時代に出会った先輩の中に、大きな向日葵が似合う、常にポジティブな美女がいます。
そう・・彼女の口癖こそが “It’s all mental.“ (※「全ては気の問題よ」という意味です。)
意識的に気持ちを早く切り替えて前を向く努力をするようになったのも、この言葉が1つのきっかけでした。

「ポジティブな思い込みが、ポジティブな結果を生み出す。」

プラス思考は、時に自分に都合のいい解釈をしているだけだと言われるかもしれません。
でも、それで何がいけないのでしょうか?
プラスに考える習慣を持ち、マイナス思考の無限ループにはまらないことの方が私は大切だと思います。
また、時間を持て余している人ほどマイナス思考に陥りやすい、と言われています。
行動力があり、常にスケジュールが埋まっている人は、目の前のことに精一杯で、
ネガティブな感情が沸き上がる余裕すらなくなっていくということですね。
やはり「プラス思考」と「行動力」はこれからも大切にしていきたいです。

どんどん行動する・・行動、行動、行動・・と頭に「行動」という文字がひたすら浮かんできたので、
久しぶりに堀江貴文さんの「多動力」を読み直してみました。即行動。
先日、私の誕生日に漫画版も発売されたので、皆さんもぜひ読んでみてくださいね!
ではこの辺で・・☆

Maya. M