汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

野球観戦

日々の出来事

こんにちは。
会計税務部の伊藤と申します。
初めての投稿ですが、ぜひよろしくお願い致します。

日々試験勉強等によってなかなか疲れが取れない時もありますが、
私はその疲れを野球観戦で癒しております。

もともとプロ野球には興味はなかったのですが、友人の誘いでメットライフドーム(西武ドーム)
に何度か通った結果、今では埼玉西武ライオンズという球団のファンになりました。

埼玉西武ライオンズの魅力はなんといっても打線です。ほかの球団と比べて多くの点を取り、
またホームランもよく打つため、あまり野球に詳しくなくても見ていて楽しめるかと思います。
(そのかわり、相手の選手にもよく打たれたりしますが…)

つい最近にも試合を観に行ったのですが、ヒットやホームランが出るたびに、つい大はしゃぎして
しまいました(笑)。

もしよろしければぜひ一度試合をご覧になってください。
そして、まだ今シーズンは続くため、引き続き応援していきたいと思います。

イクメン

未分類

皆様

こんにちは
久々の投稿となります、人事労務事業部の大城です。

新元号『令和』になり、私の周りでお子様が生まれた方やご懐妊された方を多く見かけますが
皆様の周りは如何でしょうか。
いわゆる、『令和元年ベビー』というやつでしょうか。
少子高齢化が深刻化する中、喜ばしいことですね。

それにちなみまして、
厚生労働省が、男性の子育て参加や育児休業取得の促進等を目的とした
「イクメンプロジェクト」を2010年に立ち上げたことをご存知でしょうか。
https://ikumen-project.mhlw.go.jp/
要するに、
男性が育児に参加することで、女性の生き方や子供の可能性も広がり、社会全体がより豊かになっていく!
という事らしいです。
そう簡単な話しではないかと思いますが、良い取り組みではあるように思います。

そんな取り組みも空しく、2018年度時点での日本の男性育休取得率は6%強とかなり低いのが現実です。
諸外国では90%の国もあるのに、圧倒的に少ないです。

日本は取得率が低いことも問題ではありますが、
一番の問題は、取得希望であるにもかかわらず取得できなかった男性社員が3割もいるという事です。
諸外国のように90%を目指す必要はないかと思いますが、
少なくとも取得希望者がしっかり休める社会づくりは必要かなと感じました。

若干熱く語ってしまいましたが、そんな私も12月に令和元年ベビーのダディーになります。
私も男性育休を申請してみようかなと目論んでおります。
皆様もご検討してみては如何でしょうか。

大城

甥っ子

日々の出来事

こんにちは。
おそらく約1年ぶりの投稿になります白倉です。
よろしくお願いいたします。

先週末のことですが、夏休み期間中ということで家に6歳の甥っ子が泊まりに来ました。
甥っ子は東京の日野市に住んでおり、私が住んでいる埼玉の鴻巣市までは
電車を何回か乗り継いで2時間ぐらい掛かります。

6歳の子にとっては大変遠い場所に来させられた感じだと思うのですが、
終始楽しそうにしてくれて、子供の無邪気な笑顔に大変癒されました。

数ヶ月前にも一度泊まりに来たことがあるのですが、
その時には一人でお風呂に入ることすら出来なかったのに、
今回は一人でお風呂に入ってしかも洗髪など全てのことを自力で出来ているのを見ると
子供の成長力は素晴らしいなと感心させられました。

自分も彼に負けないように日々成長していきたいものです。

梅雨も明けて段々と暑くなっていますので、熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

白倉