医療費控除のお話

未分類

医療費控除についてですが、毎年1月1日~12月31日の暦年における医療費を医療費控除の対象として確定申告において申告できます。結構いろいろなものが対象となりますので、事前にでもご確認してはいかがでしょうか。

TANAKA

続きを読む

ISOの種類

未分類

今日はISOの種類について書きたいと思います。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)のことで、国際標準(世界共通)の規格のことです。

よく知られているのが、
ISO9001(品質マネジメントシステム)
ISO14001(環境マネジメントシステム)
の2つです。

実は、先日それ以外のISOがあることに気づきました。

ISO13485(医療薬事製品製造販売マネジメントシステム)
医療用具は人命及び健康維持につながるため、品質管理及び品質保証にかかわる追加要求事項が必要であるとの観点からのものです。

ISO22000(食品安全マネジメントシステム)
これは消費者に安全な食品を届けるという観点からのものです。

ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)
これは情報の漏洩を防ぐという観点からのものです。

ちなみに、先日お伺いさせていただいたクライアントがISO13485を取得されておりました。
ちょっとした、私の備忘記録です(笑)

TANAKA

続きを読む

日商簿記検定概略

会計・税務

会計業界に関わる人たち、いや、最近はビジネスマン必須の資格といえる日商簿記検定。就職に有利な資格として必ずトップ争いをするくらいの人気資格ですし、まとめてみようと思います。

試験は年3回、2月、6月、11月にあります。(1級は6月、11月のみ)。受験時間は、3級9時、2級13時30分、1級9時からなので、近い級のダブル受験が可能になっています。

3級は個人商店、中小企業向けの簿記、2級は一般的な企業向けの簿記、1級は上場企業及び大企業向けの簿記の試験となっています。試験内容は、3級は商業簿記、2級は商業簿記・工業簿記、1級は、商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算と級があがるにつれ、勉強の幅は広がっていきます。

近年では、この人気のため、難易度も高く、合格率は、2、3級では30%前後、1級は10%前後と難易度の高い試験となっています。1級はあまりに難易度が高いため、会計事務所や企業の経理募集では、簿記2級を最低ラインとしているところが多いようです。

そのため、簿記2級の価値というものは、本当に高いものになっていると思います。経理、管理系、会計事務所は、もちろん、経営にも必須なので、将来出世したいと思う人は必須の資格です。並びに企業の状態を知ることができるので、働くすべての人に必要なスキルだと思われます。

このブログをきっかけに簿記2級を受験して下さる方がいたら、ご一報ください。全力で応援いたします。スタッフたちも受けるので、ぜひ一緒に頑張りましょう。

TANAKA

続きを読む

タックスヘイブンについて

未分類

タックスヘイブンの日本語名は、租税回避地といいます。
租税回避できるというものが存在することがまず驚きです。各国の政治的・経済的要因によりタックスヘイブンが誕生したのだとは思いますが、租税を回避できるという点が何かわれわれ内国会計人の直感からすると不思議です。

OECEは以下の7カ国をタックスヘイブンとして指摘しているとのことです。
・モナコ
・アンドラ
・リベリア
・ナウル
・バヌアツ
・マーシャル諸島
・リヒテンシュタイン

個人的には、バミューダ島、ケイマン諸島などをよく話で聞きますよね。

マフィアや暴力団等の反社会的勢力の温床になっているという話も聞きますし、悪質な脱税者もいるとのことです。善良な納税者からするとあまりいい気持ちはしないですよね。

最近そんな話もありタックスヘイブンの話を取り上げてみた次第です。
タックスヘイブン税制については、またの機会で取り上げたいと思います。

TANAKA

続きを読む

新車ではなく中古のベンツを買う理由

未分類

よくちまたでお話にあがる、節税の方法のひとつです。
別にベンツでなく、BMWでもいいのです。中古車ではなく、中古の機械でも備品でもいいのです。

要は、新品ではなく、中古であるという点です。

中古資産は新品の資産よりも、償却期間(費用化期間)が短いためです。
車両の法定耐用年数は6年ですが、3年落ちの車両は3年で償却できます。
4年落ちの車両は2年で償却できます。

ものにもよりますが、4年落ちでもまだまだ新しい車両はたくさんあると思います。
にもかかわらず中古資産の耐用年数の算式(具体的なお話はまた別の機会に譲ります。)に当てはめると、償却期間がぐぐっと短くなるわけです。

以上の前提として、その中古資産が事業用であるというが重要です。個人の場合、事業用と自家用の割合の問題もありますため十分に留意する必要があります。

TANAKA

続きを読む

原価計算の提案

会計・税務

こんばんは。今日9月2日は少し蒸し暑い一日でした。季節の変わり目ですので、皆様お体にはお気をつけ下さい。

今、原価計算を行っていない製造業の会社に原価計算の導入をどうやったらいいかというようなことを考えております。「原価計算とは、製造業における財務会計、管理会計システムの一部分で、製品を製造するのに係る原価を把握する計算方法のこと。」とのことです。

つまり、ある製品を作るのにいくらお金ががかっているのかという話です。そしてこれは企業の経営戦略を策定する上できわめて重要です。

例えば、マックのポテト…
1個200円で売ってたとしましょう。
おそらくイモの原価だけなら1円とか。
じゃあ10円くらいで販売したらもうかるのでしょうか?
いいえ、目に見えないいろんな費用がかかっているはずです…

1円(イモ代)+0.5円(油代)+0.5円(塩代)+5円(お店の地代負担額)+10円(アルバイトの給料の負担額)+3円(イモをスライスする工場の地代負担額)・・・・・=50円
ほほう、では最低でも50円以上で売れば、OKなのですね。
とてもざっくりした例ではありますが、こうして会社はすべての製品について計算して利益をあげるため奮闘しています。

この原価計算を考えて今は頭がいっぱいです。ですが、非常に創造的なお仕事です。

TANAKA

続きを読む

Pマークとは

今日はプライバシーマークについて書きたいと思います。最近、お客様でも、個人情報を扱う事業会社様を中心に、比較的小さな会社様でも取得されるケースが増えております。

プライバシーマーク制度 とは、 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC) が行っております、個人情報保護に関する事業者認定制度です。プライバシーマークとは、その認定の旨を示すロゴマークです。Pマークを呼ばれることもあります。

多くの会社様では、取得したPマークを名刺に印刷しております。やはり、これからのご時勢、内部統制、コンプライアンスが重要視されてくるため、こうした取り組みも、最低限、競争のテーブルにつくための暗黙の要件となるかもしれませんね。

TANAKA

続きを読む

資本金10,000,001円

未分類

先日お会いした社長さんの会社が資本金10,000,001円でした。10,000,000円ではなく10,000,001円と1円多いのは、社長が最初に会社を資本金1円で作ったときの新たな気持ちを忘れないという思いがこめられているようです。なるほどな~と思いました。

ただ、1点悩みがあるとのこと。

それは、法人住民税の均等割りです。

東京都で従業員が50人以下の前提で、
資本金が10,000,000円のときは、住民税均等割70,000円/年
であるのに対して、
資本金が10,000,001円のときは、住民税均等割180,000円/年
と110,000円/年もUPしてしまいます。

これは、少し驚きですよね。ですが、その思いはとても大事だと思いますので、ぜひとも残していただいて、次は資本金100,000,001円を目指していただければと思います。

TANAKA

続きを読む

資本金999万円

起業・経営

今日は会社を設立したときの資本金と消費税の関係について書きたいと思います。
売上高が1000万円以上あるというイメージで以下お読みください。

会社を作るとき、資本金を1000万円未満にすると、最初の2年間の消費税が免税となります。したがって、よく資本金が900万円台後半の会社があったりします。時には資本金999万円なんて会社も・・・

消費税のことを考え、資本金を1000万円未満で作った会社を、資本金を増やしたいためすぐ増資しても大丈夫かという質問を受けることがあります。

その場合、「2期目に入ってから増資して下さい」とお答えします。そうしますと、2期目も消費税が免税となります。ポイントは、事業年度開始時点の資本金です。

ただ、事業で資金が必要なこともあると思いますから、その場合には、半分を資本準備金に組み入れるなどして、資本金を増やさないというのも一つの方法かと思います。

TANAKA

続きを読む

労働債権の時効は原則2年

未分類

■労働基準法【115条】
 この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、この法律の規定による退職手当の請求権は5年間行わない場合においては、時効によつて消滅する。

というわけで、残業代等の労働債権の時効は2年です。もし、会社が残業代を支払っていないことが何らかの理由により発覚し、過去5年・10年と遡って支給すると・・・会社は飛んじゃうかもしれませんね。

2年・・・まぁ妥当なところなのでしょう。
よく、退職月の給料がいつまでたっても支払われない!何てことがあります(よくあるとまずいですね。。)

退職金の時効は5年です。これはみなさん覚えておいて下さい!

弊会計事務所においても、「退職金が会社から支払われないのですが・・・」という相談を受け、弁護士の先生と解決に向けてお話をお聞きしたこともありましたが、通常の労働債権よりも長くなっておりまして、しばらく放置していたとしても、あきらめずに請求することも考えてみましょう。

TANAKA

続きを読む