インタビュー:法務事業部SS・新しいことへのチャレンジの場がある 2020/06/8

今回は、法務事業部のシニアスタッフのメンバーにインタビューをしました。

 

 

 

現在の業務を志望したきっかけは何ですか?


 

一番の理由は、ビザに詳しくなるためです。前職の職場や友人に外国籍の人が複数人おり、ビザのことで困っている姿や悩んでいる姿を度々目にしました。けれど当時の私は相談をされても何も分からず、話を聞くことしか出来ませんでした。そのような状況下において、「同じようにビザのことで悩んでいる外国人が日本には大勢いるはず。異国の地で頑張ろうとしている人の力になりたい」と思うようになり、ビザ業務を志望しました。

 

なぜ汐留パートナーズに入社したのですか?


 

応募要件と面接の雰囲気が自分に合っていて、前職の経験を活かせると思ったからです。
オフィスワークは事務や営業などの経験を条件としているところが多かったのですが、サービス業出身の私でもチャンスがあった点は入社に繋がっていると思います。
また、面接の雰囲気が良く、前職で外国語を使って仕事をしていた経験が活かせると思い入社を決めました。

 

 

現在どのような業務を担当していますか?


 

日本での会社設立、日本の在留資格(ビザ)取得サポートを担当しています。
会社設立は日本在住の日本人・外国人、海外在住の外国人、海外法人からの依頼が主です。それぞれの目的や希望を伺った上で、適切な形態や構成、要件をアドバイスし、ご依頼頂いた後は、書類作成など登記(法務局への登録)準備を進めます。
在留資格(ビザ)取得サポートは、日本国内・海外在住の外国人、日本の企業、海外法人、または、それぞれの日本人協力者からご依頼やご相談を頂きます。在留資格(ビザ)は約30種類あり、また、認定・変更・更新と申請種別も3種類あります。それぞれの状況により、どの在留資格(ビザ)をどの種別で申請するか異なるため、慎重に内容を確認し、ご依頼頂いた案件については書類作成など入管への申請準備を行っています。

 

 

 

業務で楽しいことややりがい、大変なことは何ですか?


 

やりがいはお客様に喜んで頂けること、大変なことはビザには正解がないことです。
ビザは日本での生活を希望する外国人にとって、極めて重要な問題で、多くの方が不安を感じています。サポートを通じて不安を安心に変えられた時、喜んで頂けた時は、嬉しさを覚えます。
特に、何度もご依頼下さったり、お知り合いを紹介頂けたりすると、「もっと良い対応を目指そう。絶対に期待を裏切ってはいけない」と身が締まるとともに、対応を評価頂いたことへの喜びと、頑張って良かったという思いを抱きます。
一方、入管の審査官によって判断基準が異なり、ビザにおける正解がないという点が非常に難しい点です。予想に反した審査結果となることもあります。自分たちがベストを尽くしても、お客様の希望をかなえられないこともあります。入管への提出書類としてどのような資料が効果的かを自らケースごとに考えることも求められるため、自分の業務経験を活かして介在価値を発揮できる反面、もどかしさと大変さ、難しさも感じています。

 

 

汐留パートナーズの魅力は何ですか?


 

フレックスタイム制を取り入れていること、業務範囲が固定ではないことです。
フレックスタイム制が導入されているので、自分の予定に合わせ、早く出社・帰社したり、日によって長く働いたり、短い時間で帰ったりと柔軟な働き方が可能です。
また、基本的に部署異動はありませんが、異動がなくても、組織変更やメンバーの退職など、状況によって担う業務は変わっていきます。
私の場合、当初は日本語案件の会社設立サポートが担当でしたが、その後、日本語案件のビザ業務・部内の業務品質向上対策・英語案件のビザ業務・法務事業部関連のWebサイト構築・改良など、業務の幅が広がっています。大変さもありますが、新しいことへのチャレンジの場があることは魅力だと思います。
一方で課題もあるとは思っています。汐留パートナーズは2020年時点で100人を超える規模の会社になっていますが、2008年設立の企業のため、組織としてはまだまだ発展途上です。
職階を問わず、各メンバーがブラッシュアップやスキルアップを心掛けているため、現状感じている課題についても中長期で改善していけると考えています。

 

 

 

 

今後目指したい方向性や目標を教えてください


 

具体的には3点あります。
・英語案件のレベルアップ
・Webサイトの上位ヒット
・マネジメントへの関与
英語案件とWeb管理を担当するようになりましたが、まだ足りない点がある未熟者です。そのため、複雑なケースや難しい案件でも英語で円滑に対応できるようにすることと、SEO対策を講じて担当しているWebサイトが検索結果で上位表示されるようにすることが今の目標です。また、引き続きマネジメントについても学び、ゆくゆくはマネジメントにも携わっていきたいと考えています。

 

 

どのような人が活躍できますか?


 

法務事業部では、経験者はもちろんですが、業務未経験者も採用しています。
とはいえ、未経験の場合、経験が求められない代わりに人一倍の努力が求められます。法務事業部は業務範囲が広く、覚えることが山積みです。教わったことを積極的に吸収する姿勢を持ち、業務に向き合いたい方にマッチするのではないかと思います。また、誰しも間違いや失敗を注意される機会はあると思いますが、その時に耳を傾ける姿勢がないとやはり本人の成長スピードは遅くなってしまい誰のためにもならないと思います。新卒/中途、経験者/未経験者関係なく、ビジネスマンとして素直さや柔軟さがあれば活躍できます。
法務事業部では、海外からの日本進出やビザ業務を取り扱っていること、営業色が強いこと、書類作成の機会が多いことから、以下を持ち合わせている方であれば、より活躍の場が広がると思います。
・ビジネスレベルで英語や中国語が出来る方
・営業経験がある方
・書類作成における正確性が高い方
汐留パートナーズの法務事業部に興味を持ってくださり、お話する機会がある際には、是非色々なお話をしたいです。