インタビュー:人事労務部S福富・新しいことへのチャレンジの場がある 2020/07/6

今回は人事労務部のスタッフ、福富さんにインタビューをしました。

 

 

社労士を目指そうと思ったきっかけは何ですか?


前々職で、初めて事業会社で人事労務の仕事に携わり、純粋に「労務についてもっと色々なことが知りたい」と思い、社会保険労務士の仕事に興味を持ち、地元の社労士事務所に転職しました。
それまでの事業会社での仕事とは全く違う世界で、責任は重いですがとても楽しかったです。
人事労務担当者から社長様まで様々な方に出会えて、純粋に知識の面でも、人生勉強という意味でも、日々勉強になることばかりで…毎日新しいことに出会える社労士業務にどんどん夢中になっていきました。

 

汐留パートナーズに入社を決めたポイントは何ですか?


4つほどありまして、
様々な士業と連携したワンストップサービスで外国人のお客様も対応可能という大きな強みがありかつ経営的に安定していること、
有資格者が沢山いるのに「先生!」といった感じではなくフランクな雰囲気、
資格取得を応援してくれる社内制度、
そして、面接でご対応して下さった皆様感じの良い方ばかりだったからです。
 

 

仕事で楽しいことややりがい、大変なことは何ですか?


現在、20社位の担当を持ち、給与計算、社会保険・労働保険のお手続き、規則・協定届の作成と届け出等を担当しています。お客様からのお問い合わせも多く、一つ一つ大切な仕事です。丁寧・迅速をモットーに、お客様が不安になることの無いように心掛けてご対応させて頂いております。
以前勤めていた社労士事務所では給与計算の割合がそこまで高くなかったので、給与計算の担当数が多い点に慣れるまでは戸惑いましたが、外資系や新しい会社のクライアント様の割合が高く、会社の設立時から担当させて頂ける機会も多いので、様々な経験が積めます。
会社全体として、新しい良いものはどんどん取り入れていこうという考え方なので、クラウドシステムにも強くなれると思います。
 

 

Article content

 

汐留パートナーズの魅力は何ですか?


気さくな方が多いです。上の方との距離感も近く、社長のことも「研吾さん」と呼ばせて頂けて…いつも一人一人のスタッフのことを見守っていて下さって、有り難く心強いです。
周りのみんなと高め合っていける環境も嬉しいです。人事労務事業部内での研修もありますし、グループの司法書士事務所の研修等も希望すれば受けさせて頂けて、より幅広い知識を得ることが出来ます。これは、士業の集まった法人ならではのメリットだと思います。
今年の夏は、試験休暇を取らせて頂き、初めて社労士試験に挑戦します!
 

 

今後の目標やメッセージがあれば教えてください。


「汐留パートナーズに/福富さんに相談して良かった」とお客様に思って頂けるような社労士になりたいと思っています。理想は、知識・経験の幅が広く、内外共に信頼してもらえるような存在になれたら嬉しいです。これからも日々勉強で、どんどん新しい知識や経験を積んでいきたいです。
そして、周りの方を思いやれる優しさを持った方と一緒に高め合っていけたらと思っています。汐留は比較的若い方が多いですが、私のような子育て真っ最中のメンバーもいます。
社労士業務は、自分が学んだこと、経験したことがお客様からの感謝につながる、とてもやりがいのあるお仕事です。これまでの経験を活かしたい方も、これから新しいことを学んでいきたい方も、是非ご応募いただければと思います。