インタビュー:人事労務部AM大城・社労士として様々な人を幸せに 2020/04/13

今回は人事労務部のビジュアル担当と言われている大城さんにインタビューをしました。

 

 

 

なぜ社労士を目指したのですか?


 

大城:私が尊敬する方の職業が社労士だったことがきっかけでした。事業に不可欠なものとして『ヒト・モノ・金』とある中で最も重要とされるのが『ヒト』だと言われています。仕事を通して、その『ヒト』のカテゴリーで誰かの役に立てることに魅力を感じこの職業を選びました。

私は元々人が好きなので、社労士として様々な職業の様々な方々と出会い、密接に関わり合っていく中で、私と出会ってくれた方々を幸せにしていきたいと考えています。

 

 

汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか?


 

大城:私は沖縄県の出身でして、汐留パートナーズに入社する前は地元沖縄で働いていました。

社労士を目指そうと決意した時、日本の中心で様々な業種や人が密集する東京で働きたいと決めていました。会社選びをする中で、一際魅力を感じたのが汐留パートナーズでした。

なぜなら、経営理念に『従業員と家族の幸せを大切にする』とあったからです。

仕事を通して誰かを幸せにしたいと思っていても、当人が幸せでなければきっとそれを実現することは難しいでしょう。その点で、私の理想がここにあったので汐留パートナーズを選びました。

現在の業務内容を教えてください


 

大城:業務内容としては、給与計算、労務関係手続、助成金申請及び就業規則などの労働環境を整える為のお手伝いを主にしています。これらの仕事で重要なのが、お客様のニーズにしっかり応えることです。それを実現させる為には、やはりお客様と密接に関わり合うことが必要となってきます。何気ない会話からもヒントとなることが転がっているので、それをしっかりとキャッチしていけるよう日々奮闘しています!

汐留パートナーズの魅力は何ですか?


 

大城:汐留ではワンストップでお客様をサポートする為に様々な士業や様々な国籍のスタッフが所属しています。よりよいワンストップサービスのためにワンフロアで業務を行っています。

実際に専門分野外のことをお客様からご質問頂くこともありますが、すぐ近くに専門家がいるのでスピーディーに対応することが可能です。

また、年齢が若くパワーのあるスタッフが多いので、切磋琢磨しながらも時にはそれぞれの分野を越えて交流することができるのも汐留パートナーズの魅力の一つかと思います。

 

 

これから成し遂げたいことを教えてください


 

大城:大きく分けて三つあります。

一つ目は、「大城に是非お願いしたい」とお客様から言われるような社労士になりたいと思っています。汐留パートナーズにはやる気さえあれば様々なことに挑戦させてもらえる環境があります。幅広く挑戦していく中で自分の能力を高め、お客様のニーズに素早く応えることができる社労士を目指していきたいです。

二つ目は、汐留パートナーズでは海外のお客様にもサービスを提供しているので、語学力を身に付け、外国のお客様ともコミュニケーションを取れるグローバルな社労士を目指していきたいです。

三つ目は、汐留パートナーズには沖縄にも事務所があるので、私自身も沖縄出身という事もあり、沖縄のお客様にももっと当社を選んで頂き、地元沖縄の労務環境の改善に寄与していきたいと考えています。