インタビュー:会計税務部S内野・自分の成長と共に会社も成長していく 2020/03/16

今回は、2018年にJoinされた筋肉が素敵な内野さんにインタビューを行いました!

 

 

 

なぜ税理士を目指そうと思ったのですか?


 

自分の性格に合う国家資格のうち働きながらでも取得しやすいものを探したら税理士でした。

また、経営者のサポートという位置もやりがいを感じました。

 

 

汐留パートナーズを選んだ理由はなんですか?


 

所長次第で職場の雰囲気の当たり外れがある小規模な会計事務所や人数の少ないところは性格が合わない人がいても逃げ場がないので嫌でした。

汐留パートナーズは説明会の時に代表の研吾さんと直接お話ししてその人となりが分かり安心しましたし、法人も社員も若く、新進気鋭の税理士法人である点にとても惹かれました。

 

 

現在どのようなお仕事をされていますか?


 

主に会計帳簿の作成申告書の作成の補助をしています。

週に一回は担当先のオフィスでの記帳や先方の会計処理の相談等を受けています。

 

 

汐留パートナーズの良いところはどこですか?


 

税理士のイメージで固い人が多いかと思っていましたが、一緒に朝まで飲み歩いたりチームでスパルタンレースに参加したりと業務外も一生懸命な方が多くて楽しいです。

あと個人的にはフレックスなのも嬉しいです!

 

 

 

将来会社でどのようなことを成し遂げ、どんな人材になっていたいですか?


 

会社内では今後の新たな道府県での事務所の立ち上げに携わっていきたいです。

個人では中小企業が必要とする会計税務や労務にすべて対応できる一人ワンストップ税理士になりたいです。

 

 

なにかメッセージなどあればお願いします。


 

汐留パートナーズは現在、新たな業務や施策などを試行錯誤しながら進めています

顧問先や社員が年々増えているので自分の成長と共に会社も大きくなるリアルな実感を得ながら働くことができる税理士法人は他には余りないと思います。