PKFインターナショナル

PKFとは?

汐留パートナーズ株式会社、汐留パートナーズ税理士法人、汐留パートナーズ行政書士法人は、グローバルな視点から会計・ビジネスのアドバイザリーを提供する PKFインターナショナルのメンバーファームの一つです。

汐留パートナーズがPKFに加入した理由

クライアントの海外進出が増加すれば、各国の会計事務所やコンサルティング会社と連携して、最先端の現地の情報に基づいた効率的なサポートを提供しなくてはなりません。
今後、中長期的には内需は減ってきて、日本企業は海外で外貨を稼がなければならない時代がやってきます。



海外進出の仕事が増えて、外国の会計事務所やコンサルティング会社と連携しながらクライアントのサポートをしていく時代になるので、その流れに寄り添うためにも、早い段階で国際的な会計ネットワークに加盟する必要があります。

また、PKFに今回加盟した一番の理由は、PKFの理念に共感したためです。PKFはメンバーファームを“Family(家族)“と考えていますが、汐留パートナーズも『従業員と家族の幸せを大切にする』という経営理念を掲げています。共に仕事をするメンバーとその家族までを“広義の家族”と考えていて、関わる人を幸せにするという理念が共通していました。同じような理念を持つPKFだから、メンバーになりたいと思いました。

PKFの活動内容

PKFは定期的にカンファレンスを行っています。
2018年のアジアパシフィックの会議はホーチミン(ベトナム)、世界会議はケープタウン(南アフリカ共和国)、2019年のアジアパシフィックの会議は杭州(中国)、世界会議はローマ(イタリア)とグローバルです。



汐留パートナーズからも毎回数名のメンバーが参加し、世界の会計・ビジネス・テクノロジー等に関する重要なテーマについて学び、また、世界中のビジネスマンと交流しネットワークを形成しています。

PKFから得られる良い影響

PKFから得られる新たな情報、私たちの成長に大きな影響を与えています。例えば1つご紹介いたします。
皆さんは、日本語の「生きがい」という概念が「Ikigai」として世界中の人々から注目を浴びているのをご存知でしょうか。



「Ikigai」の英語での意味としては「The Japanese secret to a long and happy life.(日本人だけの長く幸せな人生を送る秘訣)」。
アメリカ版ウィキペディアにも“ikigai”として登録されており、すでにこの日本語は英語化しているような印象も受けます。

「日本人は皆この”Ikigai”を見つけているのか?素晴らしい!」

私たちはPKFのカンファレンスで世界中の会計士達から言われました。
しかしながら、実際は日本人も外国人も同じで、長い時間をかけて試行錯誤しながら「生きがい」というものを探しています。

各国の会計やビジネスのプロフェッショナル、言わば頭脳集団が、実はこんな人間的な哲学なことを考えながら日々過ごしているのだということに大変感銘を受けました。
今後もPKFとともに汐留パートナーズは成長を続けてまいります。