スタッフインタビュー

王 佩君

汐留パートナーズ行政書士法人 法務事業部
シニアスタッフ
「日本に来たい外国人の助けになれば」
Q1 なぜ日本支出支援をされているのですか
小さな時から、日本のアニメやドラマが祖国のTVで放送されていたので、日本に対して、憧れがあり、日本で働きたいと思っていました。その中で自分が外国人として、日本に居られるにはビザが必要で、そのビザの取得には、外国人では分からないことが多く、日本に来たい外国人の助けになればと思い、コンサルというお仕事をさせて頂きたいと思いました。
Q2 汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか
私の才能を活かしたいと思っている中で、汐留パートナーズの求人に出会いました。まずは、語学力が活かせると考え、志望させて頂きました。当時のHPを拝見して、汐留パートナーズはグループとして、傘下に税理士法人、法律事務所、労務士法人、行政書士法人、司法書士法人などいくつの部門がありまして、外国人のビザ申請支援はもちろん、会社設立、会計税務、人事労務、法律関連の一連のサービスを提供していることが分かりまして、すごいなと思いまして、是非この会社で働きたいという気持ちが強かったです。
Q3 汐留パートナーズではどのようなお仕事をしていますか
主に会社設立、変更登記のコンサルと外国人ビザのコンサルと書類作成、会社設立後の支援を実施しています。
Q4 汐留パートナーズの魅力は何ですか
ワンストップでビジネスサービスを提供できるとこが一番の魅力だと思います。仕事中に分からないことがあれば、同じ部門の人じゃなくても、聞けば必ず丁寧にご回答をいただきます。また仕事が終われば、定時に帰ることができるし、無駄に残業することがなくて、働きやすい会社だととても実感しています。
Q5 汐留パートナーズで今後成し遂げたいことは何ですか
幅広い知識を身に着けて、どんな案件でも対応できるように、後輩や上司に信頼される人間になりたいです。
汐留パートナーズの法務事業部に所属していますが、対応案件の規模や希望により、時々会計税務部、人事労務部や法律部の方に連携し、違う部門の方に質問したり、勉強になる機会が多いです。多くの知識や経験を吸収し、教えられたことをただそのままこなすだけでなく、自分で考え、新しい仕事、難しい仕事にチャレンジして参りたいと思います。
一日のスケジュール
9:00 出勤。退社後に受信したメール、Wechat、Lineの確認、返信。
基本は上記三つのルートでお客さん対応しています。もちろん電話対応も
10:00 新規お客さんの面談対応
お客さんに会社設立に関するご希望を聞きながら提案を行います!
一日中面談3件ある場合もあれば、ない場合もある
11:30 面談後、お客さんから頂いた会計税務、人事労務に関する質問を関連部署の方に確認、お客さんにお礼の連絡
12:00 見込案件対応、新規案件対応、受注案件の書類作成、チェック
見込案件は常に5件くらいキープし、なるべく受注できるように営業頑張ります。
新規案件は平均一日2件~3件くらい
13:00 お昼休憩
会社は銀座にあるので、周りにおいしいお店いっぱい
14:00 見込案件対応、新規案件対応、受注案件の書類作成、チェック
15:00 社内研修
社内講師が月に一回を研修行います。違う分野の新しい知識を身に着け、
案件の受注率に繋がるには不可欠な勉強。
16:00 対応完了案件の書類のチェック、整理、郵送
17:00 見込案件対応、新規案件対応、受注案件の書類作成、チェック
18:00 基本は定時帰宅。お疲れ様です。