水野 耕平 水野 耕平

水野 耕平

スタッフインタビュー

水野 耕平

汐留パートナーズ株式会社
マネージャー

「働くメンバーをサポートしたい」

Q1 汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか

それまで仕事をしていた中で、ソフトウェアのテクニカルサポートやハードの保守といった業種を経験していて、物を使う人のサポートやどういったソフト・ハードがあればより仕事を効率化できるかを考えて実現させることにやりがいを感じていました。便利なソフトが増えてきていますが、ソフトに使われるようなことになってしまうと逆に非効率になってしまうことがあるので、職場環境にいかにうまく当てはめるかが今後求められてくると思います。そういった考えや今までの経験を活かせる会社を探している時に汐留パートナーズの求人を見たことがきっかけです。面接ではとても丁寧に会社の事やこれからどういった方向性で進んでいくのかを説明してもらいました。営業職がなく自社HPで集客を行っていると初めて聞いた時にはとても驚きました。とても挑戦的で若い会社だと感じて、そこで働くメンバーをサポートしたいと思い入社を決めました。

Q2 汐留パートナーズではどのようなお仕事をしていますか

mizuno2-1

入社当初は社内のインフラ系のメンテナンスをメインに仕事をしていました。 当時は2つのビルに2フロアずつ借りているという状況だったので、ネット・電話等の社内インフラの保守にはとても苦労しました。ただ、整備していく中で業者の方との作業で今までになかった知識が身についたと思いますので、とてもいい経験になりました。現在は事務所の引っ越しで広いフロアに移り、設備も徐々に整ってきたことで色々とできることも増えてきました。会社の様々な処理がクラウドソフトに移行しているので、ソフトに関しても今までの知識だけではついていけなくなっていくと思いますので、柔軟に対応するために勉強をしています。 社内のインフラ系の仕事以外にもリフレッシュルームなどの社内設備や社食等の福利厚生を充実させることで、会社のメンバーが気持ちよく働ける環境を作っていくことにも力を入れています。結果が数字にでる仕事ではありませんが、今まで働いてきた会社の経験や他の会社がやっているような新しい試みを取り入れることでよりよい職場環境を作り上げられればいいと思っています。完成したリフレッシュルームをみんなが使っているのを見ると頑張ってよかったなと思える、やりがいのある仕事だと思います。

Q3 汐留パートナーズの魅力は何ですか

新しいこと、変化することに対してとても柔軟なところだと思います。 先程の質問にも書いてあった社内設備や福利厚生は、様々な会社で新しい試みがされていると思います。 新しいことをやりたくても本当にそれが正解なのか不安を感じますが、会社が後押しをしてくれるので、自信をもって仕事をすることが出来ます。会社がアイデアを絶対に聞いてくれるというのは他の会社にないことだと思います。だからこそ実現させるためには、何が必要なのか、自分は何をしなければいけないのかを考えることにとてもやりがいを感じています。若いメンバーが多く社内はとても明るい雰囲気ですが、騒がしいということはなくリラックスして仕事ができる環境だと思います。様々な福利厚生がありますので、気になる方は是非面接で聞いていただければと思います。

一日のスケジュール

9:00 朝礼
10:00 社内打ち合わせ
会社で進めているクラウド会計ソフトの現状の導入率・ソフトの使用感やそれに対する要望をメーカーに伝えるか等を打ち合わせ。
12:00 社内打ち合わせ
新しく設置する社内設備について、大まかなイメージと施工完了までのタスクを管理部内で打ち合わせ。
13:00 昼食
14:00 打合せ準備
社内インターネット・電話等のインフラ設備が整っているか、新たに用意した場合等のパターンを事前に準備
15:00 インフラ工事打合せ
施工を段取りする業者とこちらの予定と要望を伝え、実現可能かどうか?できない場合などの代替え案を打ち合わせ。
17:00 調査
ホームページがダウンすることが多くなってきたので、メーカーに契約プランのアップグレードも含め調査
19:00 帰宅