出口 拓矢 出口 拓矢

出口 拓矢

スタッフインタビュー

出口 拓矢

汐留パートナーズ税理士法人 会計税務第1事業部
アシスタントマネージャー

「仕事を創造する力を身につけていきたい」

Q1 なぜ税理士を目指そうと思ったのですか

学生時代から友人がこの業界を目指しており、一緒に目指そうと誘われたのがきっかけでした。業界について調べてみると、企業の社長と直接対話できる・税金という生活していく上で切り離せない分野に強くなれる・定年がない等、働くうえで多くのメリットを感じました。また親族内に会社の経営者がおり、将来的に自身で手助けをしていきたいと思い税理士を志望することとなりました。

Q2 汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか

deguchi1

会計事務所の合同説明会に参加したのがきっかけでした。当時の会社規模は20~30人程の小さな事務所でしたが、社員の平均年齢が若く、何事にも挑戦するというベンチャーな気質を感じ、これから自分もその一員として仕事がしたいと思い入社を決意しました。今では社員が100名を超える事務所となりましたが、ベンチャー気質な社風は変わらず、本気でやりたいことがあればやらせていただける環境は整っており、新しいことはすぐ取り入れ、世の中の変化にすぐに対応できる事務所だと思います。

Q3 汐留パートナーズではどのようなお仕事をしていますか

現在は会計税務第1事業部に所属しており、クライアントからの相談や申告書の作成はもちろんのこと、入社当時から希望していた資産税に関する業務にも携わらせていただいております。汐留パートナーズ内における資産税グループは最近新設された部署であり、時代のニーズを読み取りターゲット層の選定や、事業計画の作成等、普通の事務所であれば代表が決定するようなことにも取り組ませていただいております。

Q4 汐留パートナーズで今後成し遂げたいことは何ですか

会計税務の中でも特に資産税に関して力を入れていきたいと思います。資産税の業務内容はBtoC寄りの業務が多いため、これまで以上にユーザーの目線に立って仕事を受注できるよう流れを構築していきたいと思います。
また、資産税グループの立ち上げ時の一員として、これまで培ってきたノウハウを結集して、資産税グループをより大きく、社内で一目置かれるような部署にするため、仕事を創造する力を身につけていきたいと考えています。

一日のスケジュール

8:45 出社
始業の10分前には必ず出社するようにし、前日退社後に受信したメールの確認等をします。
9:00 朝礼
毎週月曜日は全社員で経営理念の唱和を行います。毎回気合入ります!
9:30 会計データのチェック
沖縄事務所で入力していただいた会計データのチェックをします。 担当者は基本的に入力作業はしませんので、一人で数十社担当を持つことが可能です。
13:00 昼食
天気の良い日はカフェでお昼をいただきます。午後からの業務に珈琲はかかせません。
14:00 申告書の作成
知識を総動員して申告書を作成します。税額計算でミスは許されないため、上司と蜜に連携を取りつつ進めていきます。
16:00 社内ミーティング
以前から興味のあった案件に関し社内でミーティングを行います。 やりたいことをやらせていただける環境なので、モチベーションになります。
19:00 退社
様々な部活動に所属しているため退社後はメンバーと一緒に部活動をしています。今日はメンバーと知略を競います!